仮想通貨 リスク。 仮想通貨Lisk(リスク)とは?〜取引できる取引所と将来性について|仮想通貨の将来への可能性〜初心者から稼ぐ投資方法

仮想通貨は怪しいもの??コインチェックの多額流出事件から考える投資のリスク

仮想通貨 リスク

ほかの仮想通貨とは異なるリスク(LSK)の特徴や仕組み、今後の将来性などについて、わかりやすく解説していきます。 分散型アプリケーションとは、中央の管理者が存在しなくても自律的に動くアプリケーションのことです。 リスク(LSK)は、ほかの仮想通貨とは異なる特徴をいくつも持っていますので、わかりやすく解説していきます。 そこで使われる仮想通貨が「リスク(LSK)」というわけです。 リスク(LSK)は、アップデートに関するロードマップに沿って、フェーズを積み上げてきました。 機能的な面での柔軟性が高く、開発の自由度が大きいということも、リスク(LSK)が支持を集める要因になっています。 その結果、リスク(LSK)が公開されてから2年少々のあいだに、リスク(LSK)の価値は大きく上がりました。 それぞれ詳しくご紹介します。 リスク(LSK)は、イーサリアム(ETH)などと同様、分散型アプリケーションプラットフォームとして機能します。 そのため、チェーンにつながれたブロックの中に、取引記録だけでなく契約情報も記録することが可能です。 契約の内容とそれを実行するための条件をあらかじめプログラムしておけば、条件が整ったタイミングで自動的に契約が実行されるのです。 この「スマートコントラクト」の機能を使えば、各種の契約をよりシンプルに行うことができます。 例えば、不動産売買などの高額取引では、買い手の代金支払いと売り手の権利譲渡が公正に行われる必要があります。 これまでは不動産業者などの善意の第三者が仲介していました。 しかし、スマートコントラクトを使えば、仲介者なしに安全・公正な契約を自動的に行うことができます。 不具合や欠点を修正し、機能を強化し、使い勝手を良くしていけば、それだけ多くの人々が使うようになるからです。 リスク(LSK)では、スマートコントラクトを記述する言語として、JavaScriptを採用しています。 JavaScriptはすでにウェブの世界ではメジャーな言語であり、扱えるエンジニアは世界中に数多く存在します。 そのためエンジニアにとっては開発しやすい環境となっています。 ブロックチェーンは、いくつかの取引情報をひとまとめにしたブロックを、鎖のようにつなげた形状をしています。 ハードフォークの場合を除けば、ブロックチェーンが枝分かれするということは基本的にありません。 しかし、リスク(LSK)では、メインとなるチェーンのほかに、サイドチェーンと呼ばれる枝を伸ばすことができるようになると言われています。 この仕様は、アプリケーションの処理能力やトラブルからの復帰に役立ちます。 リスク(LSK)では、ブロックにプログラムを組み込むことができますが、チェーンが1本しかない場合、必要なプログラムをすべてそのチェーン上に並べていかなければなりません。 そのため動作が重くなり、処理能力が落ちてしまいます。 そこで複数のサイドチェーンそれぞれにプログラムを組み込み、別々に動作させれば、処理能力は格段にアップします。 万が一、何らかのトラブルが起こったとしても、サイドチェーンを操作することで元の状態に容易に復帰することが可能です。 また、サイドチェーンなら、新たな機能を実装したり、改善を施したりする際に、メインチェーンに手をつけずに行えるというメリットもあります。 これは、暗号化されたブロックの情報を解析し、最も早く解答を得た者が取引を承認して報酬を得るしくみです。 リスク(LSK)では承認作業において、「DPoS(Delegated Proof of Stake)」というしくみを採用しています。 DPoSは、リスク(LSK)の保有量に応じて投票権が与えられ、投票によって承認者を決めておくという方法をとります。 あらかじめ決められた承認者が、決められた順番に沿ってブロックを承認していきます。 承認者には、取引手数料に加えて、新規に発行されるリスク(LSK)が報酬として与えられます。 この作業を、マイニングに対して「フォージング(鋳造)」と呼びます。 2018年10月時点での発行枚数は約1億2,600万枚ですが、今後もフォージングによって新規通貨が発行されていきます。 その数は1ブロック生成ごとに5LSKとなっています。 ただし300万ブロックごとに1LSKずつ減っていき、最終的には1LSKになることが決められています。 これは、裏を返せば、今後の開発次第で大きな伸びが期待できるということです。 スマートコントラクト、サイドチェーンなどの機能に加え、開発しやすいJava Script環境ということもあって、本来の実力を発揮するのはこれからという見方もできます。

次の

ビットコイン・仮想通貨を稼ぐ方法!リスク・リターン別5選を徹底解説!

仮想通貨 リスク

そうだよ。 リスクはイーサリアムのようなプラットフォームの名称だよ LISK リスク の概要 名称 Lisk リスク 通貨単位 LSK LISK リリース日 2016年5月 発行上限 なし 取引承認システム DPoS 開発 Lisk Foundation LISKの通貨単位はLSKと記載します。 発行上限は無し。 2016年5月24日にリリースされ、開発はマックスコーディック氏とオリバーベドウズ氏が「Lisk Foundation」 リスク財団 という会社を共同設立して研究・開発を行っています。 またLiskの最大の特徴は大きく区分すると3つあります。 その一つが 「サイドチェーン」を使っていること、もう一つがプログラミング言語に 「Javascript」を使用していること、最後にビットコインではマイニング 採掘 にあたる取引認証作業をLISKでは 「フォージング」を採用しているということです。 「サイドチェーン」を使っている• プログラミング言語が「Javascript」• マイニングにあたる「フォージング」 LISKも基本的には他の仮想通貨やイーサリアムと同じようにブロックチェーン上に情報を記載しますが、 メインのブロックチェーンとは別に 「サイドチェーン」という別のブロックチェーンを無数に用意し、そのサイドチェーンに情報を記載していきます。 これにより、 危機管理能力がアップし、さらに 処理速度の向上が見込めます。 危機管理能力のUP サイドチェーンを使うことによって、ブロックチェーン上に何か問題が起こった場合でも一部のサイドチェーンを修正もしくは、最悪は削除することによって、メインチェーンを守ることができます。 The DAO事件を教訓に 暗号通貨市場で大きなハッキング被害を出してしまった「The DAO事件」ではイーサリアムは、自らのメインチェーンを切り離して別のものにするというハードフォークを余儀なくされました。 このためイーサリアムは、イーサリアムとイーサリアムクラシックにという二つの仮想通貨に分裂してしまいました。 LISKでは、もしこのような大規模なハッキングなどが起こってしまっても、メインチェーンの修正もしくは、最悪サイドチェーンの一部を切り離すだけで問題を解決できます。 そういった面では危機管理能力が優れているといえます。 処理能力の向上 またLISKでは複数のサイドチェーンを使うことにより、メインチェーンの負荷を極限まで減らすことができるので、情報処理能力も飛躍的にアップします。 ブロックチェーンのブロックを一つ生成するのにビットコインでは10分必要とされていますが、 LISKでは 約10秒で一つのブロックを生成できます。 ビットコインの送金などを行った方はお分かりになっていると思いますが、送金を行ってビットコインでは着金まで最低でも10分は必要としますが、LISKなら10秒で完了してしまうというイメージです。 もちろん同じ属性とされているイーサリアムよりも数段速い処理スピードになっています。 LISKはJavascriptを採用 LISKではアプリケーション言語を 「Javascript」というものを使っています。 Javascriptはプログラマーやエンジニアの標準言語的な位置にあたります。 仮想通貨のほとんどが、特殊なプログラミング言語を使っているので、エンジニアが簡単に参入できないような閉鎖的な開発状況になっています。 その点 LISKではJavascriptを使ってより多くのプログラマーやエンジニアがLISKのプロジェクトに参加できるようになっています。 一般の方からするとあまり馴染みのないものですが、Javascriptを使っていることは、LISKが大きく成長する上で強みになります。 マイクロソフトとパートナーシップ またLISKは Microsoft マイクロソフト とパートナーシップを結んだことが大きな話題を呼びました。 さらにLiskプロジェクトの開発にはイーサリアムのコアメンバーも参加しているので、マイクロソフトとイーサリアムさらに、世界中のJavascriptを使える優秀なエンジニアやプログラマーが開発に参加できるという特別な特権を持っています。 LISKのマイニング「フォージング」と半減期 ビットコインでは取引を認証する作業をマイニング 採掘 と呼びますがLISKでは取引認証作業を 「フォージング 鋳造 」と呼びます。 リスクでは「DPoS(Delegated Proof of Stake)」というアルゴリズムを使用しており、 DAppsの開発者が取引の承認者を選び、その承認者のみが承認を行える権利を得るという仕組みになっています。 またLiskの承認はブロックではなくラウンド制を取り入れています。 1ラウンドの中には101のブロックが存在し、1ラウンドを承認するたびに101名の参加者に報酬が発生する仕組みが取られています。 ポイントLISKではビットコインのマイニングとは異なる取引認証システムを取り入れ、それを フォージングと呼ぶ LISKの半減期 フォージングにも半減期というものがありますが、マイニングのように報酬が半分になるわけではありません。 半減期は1年に1回 5月に あり、1LISKづつ減っていきます。 国内おすすめ!• 海外おすすめ! ETHとLSKのチャート関係性 ここではイーサリアム ETH とリスク Lisk の関係性をチャートで重ね合わせてみています。 時期は、2017年3月頃~2017年9月末になります。 上記は、EthereumとLiskのチャートを重ねたものですが、2017年の8月末までほとんどイーサリアムとリスクは同じ値動きをしています。 LISKはイーサリアムのスマートコントラクトの技術を採用しているので、イーサリアムの価格が上がれば、つられてLISKの価格も上がる傾向にあるといえます。 しかし、8月末にLiskだけがETHの相場を無視して急騰しています。 これは、Liskのコアアップデートの発表を前に期待が高まったための高騰と言われています。 そのアップデートが 「LISKコアアップデート1. 0」です。 LISKのアップデート Liskの現在予定されているアップデートは、大きく三つで構成されています。 Lisk自体のモデルチェンジともいってもいい 「コアアップデート1. 0」と、Liskの リブラディング、さらに SDKの配布となっています。 0」へのアップデートは12月に延期となっています。 Lisk core 1. 0 リスクコア1. 0 開発者やLISKの保有者の中では、今までのLISKは準備段階とされています。 LISKが本格始動するのは、このコアアップデート1. 0からだという認識があり、Lisk CORE 1. 0の期待度の高さがLISKの相場価格にも反映されているのが分かります。 コアアップデート1. 0では、LISKの最大の特徴でもある サイドチェーンの強化と、LISK自体の大規模化を実現する予定となっています。 LISKのリブランディング リブランディングではLISKが誰でも気軽に使えるように、インターフェースの開発・研究をベルリンの最も優れた企業と共同で行っていくと発表されました。 またLISKのWebサイトや、ロゴ、デザイン、さらに「LISK」といったネーミングそのものまでも変更予定とのことです。 LISKという名前が変わる可能性が非常に高いということですね。 さらに動画ではLISKのブランディングに関してもヒューマン・マーケティング・エージェンシーと共同でブランディング活動を行う予定と語られています。 現在本格的なLISKのリブランディングは2018年予定となっています。 SDKの配布 SDKとは 「Software Development Kit」のことで、ソフトウェア開発に使うツールのことです。 追記 SDKは「Sidechain Development Kit」 サイドチェーン・デベロップメント・キット の略称です。 このSDKを配布することによって、より多くのプログラマーやエンジニアがLISKのサイドチェーン上で様々な開発に携わることが可能となります。 SDKの配布は現在は2017年12月に予定されているので、コアアップデート1. 0と同じ時期です。 2017年の12月はLISKにとって好材料が揃うので値段の動向にも要注視です。 LISKの今後の将来性について インドの取引所でリスクが上場 インドの仮想通貨取引所 「BitBay」でLISKが上場し話題を呼びました。 インドではIT化が先進国より一歩秀でています。 優秀なエンジニアがたくさんいるので、インドで認められると、LISKの価値が一気に上がることも考えられます。 またこのインドの取引所「BitBay」はメジャーな仮想通貨しか取り扱っていないので、インドでLISKが取り扱われたのがLISKの名前を世界に広めるきっかけにもなりました。 BitBayではリスク以外には、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、モネロ、ダッシュ、ゲームクレジットなどが取り扱われています。 日本の取引所では取り扱っていないゲームクレジットが上場している所も興味深いですね。 LISK上では将来ICOが行える!? LISKでは将来、サイドチェーン上でICOが行えるような構想があります。 日本では世界に先駆けて「」が発表されていますが、LISKからもICOが行えるとなると、世界中から注目が集まることは必須になると思われます。 現在は、このLISKのサイドチェーン上でICOを行うプロジェクトは保留中のようですが、LISKのアップデートが順調に進み、多くのエンジニアがプロジェクトに参加するとICOのプロジェクトも一気に進むかもしれません。 LISKは非中央集権型を目指している LISKでは現在は、Lisk Foundationが中心となって開発を進めていますが、マックス・コーデック氏の会見で「あらゆるものが非中央集権型化されて欲しいと願っている」と述べていました。 ビットコインを含むブロックチェーン技術は、非中央集権型という基本概念を持っています。 この概念が本当に素晴らしいもので、一番だということはまだ今のところは誰にも分かりませんがLISKが未来の一つを担っていることに変わりはないと思います。 今後のLISKの価格について LISKの価格は今まで、イーサリアムと同じ値動きをしていました。 しかし、コアアップデート1. 0の発表から明らかイーサリアムとは違った相場の動きをしてます。 LISKだけが持つオリジナルの輝きを持ち始めているのが分かるので、いつの日かイーサリアムを抜きLiskがプラットフォームの基盤となるときが来るかもしれません。 少なくとも、これからは好材料のニュースがたくさんあるので、右肩上がりに価格が上がる可能性があります。 今のイーサリアムのように1LSKが何万円になる時がくるかもしれません。 そうなった時は、そういえばLISKも何百円の時代があったなぁ その頃にはLISKという名前も変わっていると思われるのでLISKって呼んでたなぁ と懐かしむ声が近い将来に聞こえてきそうです! LISK リスク が買える取引所.

次の

仮想通貨リスク(LSK)とは?ロードマップから今後の将来性を解説|Lisk Japan寄稿

仮想通貨 リスク

Contents 目次• コインチェック(coincheck)の仮想通貨巨額流出事件 去る、2018年1月26日の昼頃に以下のようなツイートがありました。 【NEMについて】 現在、NEMの入金、出金、売買を停止しております。 ご迷惑、ご心配をおかけしておりまして申し訳ございません。 原因や詳細など、判明次第早急にお知らせ致しますため、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 — Coincheck コインチェック coincheckjp 実は私もちょうど一年前の2017年2月初旬から仮想通貨の取引をはじめました。 コインチェックという取引所は非常に使いやすく、スマホやタブレット用のアプリも存在。 取引画面もわかりやすく重宝すると思い、私も登録しています。 このツイートを見て、私は「まあ、何かの不具合かな…」程度で思っていました。 しかし、その数時間後に多額の仮想通貨が不正に引き出されたとのネットニュースをみることになります。 仮想通貨、ネムの流出事件です。 それから、この記事を書いている日まで毎日のようにニュースに取り上げられていますね。 (個人的にはそれほど騒がれていない印象ですが…)正直、私はそこまで動じませんでした。 理由は後で説明します。 この騒動で、お笑い芸人さんが多くの財産を失ったなどのニュースも取り上げられましたね。 そして、仮想通貨自体を否定する意見も散見されます。 私が、今回のコインチェックの騒動を受けて一番、違和感というか理解に苦しむことです。 「なぜ、仮想通貨を知りもせず怪しいというのか」 「なぜ、財産を失うリスクを管理していなかったか」 この2点が気になりました。 そこで、私なりの考えをこれから説明していきます。 仮想通貨は怪しい? 仮想通貨の種類はビットコインや今回の事件で話題に上がったネムなど数え切れないほど存在しています。 それぞれに、どういう目的でつくられたかの背景はしっかりとあります。 (一部、詐欺まがいの仮想通貨は別として) 例えば、ネムであれば金銭的な自由や分散化、平等などを目的に始まった仮想通貨プロジェクトです。 「なんのこっちゃ?」 って感じの方もいるでしょう。 簡潔に言えばネムに積極的に参加(保有)する人には、他の利用者が送金などに使った手数料を報酬として支払うこと。 ビットコインの場合は「誰が誰にいくら送った」といった取引の記録を一番早く処理した人に手数料などが報酬として与えられます。 処理する人なるには多額の費用でコンピューターを購入したり、コンピューターを動かすための電気代もかかります。 要は、資金がないと無理と言うことです。 実際、大組織が多額の資金を使って行なっています。 一部の人に報酬が渡りやすいということも意味しています。 両者を比べるとネムは多く保有する人に報酬が支払われる仕組みですので、「平等」や「分散化」と言う理念には一致しますね。 余談が長くなりましたが、結局、仮想通貨には 「しっかりとした理念や目的、目指すべきもの」があると言うことです。 だから…仮想通貨は 「怪しいものではない」と言えるのです。 それを理解していない人があまりにも多いように感じています。 重ねて断っておくと「草コイン」なんて呼ばれるよくわからないような仮想通貨には怪しいものもあるようですが…。 今回のコインチェックによる巨額流出事件は仮想通貨「ネム」の仕組みが攻撃されたのではなく、コインチェックという仮想通貨を扱う取引所のセキュリティ面のもろさが原因。 ネムの仕組みが破壊されて誰かが自分のものにしようとしたら、コインチェックのみならず他の取引所でも問題になります。 もちろん、国内だけではなく世界の保有者が被害を受けることになるのでね。 だから、くどいようですが 「仮想通貨自体に問題があるのではない」ということだと私は考えています。 怪しいものならば将来性もないですが、現実として、ネムに使われている技術を様々なシステムに導入しようとしている企業もあるくらいですので。 こういった仮想通貨が誕生する背景をさほど考えずに「怪しい」と言ってしまうのは非常に浅はかではないでしょうか。 と私は思っています。 投資にはリスクがある 仮想通貨に限らず、いわゆる「投資」と呼ばれるものには必ずリスクがあります。 真っ先に思い浮かぶのは「損をするリスク」ではないでしょうか。 1万円の株を買っても値下がりすれば損をします。 1万円の価値を超える保証はどこにもないのです。 これは、仮想通貨でも一緒。 しかし、ボラティリティ(価格の変動)が株、円やドルといった法定通貨よりもあるので、少額の投資で多く設けを出せる性質もあります。 事実、ビットコインは今でこそ下がり調子ですが去年の同時期に比べれば10倍ほどの価格になっています。 ものによっては数百倍、数千倍になった仮想通貨も…。 このような期待感から「仮想通貨は熱い! 」と考えて保有者が増えたのでしょう。 それは別に構わないのです。 大いに結構。 ですが、 「リスクを考えよう」ということです。 保有している仮想通貨が何十倍に跳ね上がったら保存の方法も考えないといけないのです。 今回、コインチェック の多額流出がおきて財産がなくなった人は保管方法が甘かったと思いましょう。 取引所(今回ならコインチェック )に全ての資産を預けているからダメなんです。 ハッキングリスクは取引所に預けている場合が一番高いと言われているんです。 私は取引所に入金して儲けが出たらコツコツと「ウォレット」と呼ばれるものに入れておきました。 コインチェックに預けていた資産は少額。 だから、事件を知っても驚かなかったのです。 「こんな事もあるだろうな」って感じです。 リスクを自分なりに考えていたのです。 ちなみに、私が使っているのは「Bread」と呼ばれるものです。 スマホ用アプリもありますよ。 ウォレットについては有名ブロガーのイケダハヤトさんのブログで詳しく説明されていますので読んでみてください。 その他、仮想通貨に関してたくさん解説していますよ。 参考になります。 で、私が言いたいことは 「取引所に預けっぱなしにしない」ということ。 預けっぱなしにして、儲けた分を上積みしていけば、さらに儲けが出るという欲なのかはわかりません。 取引所に預けっぱなしにしている保有者も結構いるのではないでしょうか?先に例に出した芸人さんなんかはその象徴的な例ですよ。 きっと。 取引所に預けっぱなしにして入れば、今回のような自体も避けられません。 そして、取引所が閉鎖(管理会社の倒産)になれば預けていた資産は消えるのです。 仮想通貨を知ってリスクを管理する 今回、私が言いたいことは仮想通貨に対しての正しい知識を身につけ、投機(儲けを出す)目的ならばリスクも勉強しようということです。 それを軽くみては痛い目にあうわけです。 気をつけましょう。 あ、仮想通貨ならもおすすめですね。 見やすいブログでわかりやすくまとめています。 みんなすごいな…。

次の