源泉所得税 納付書 書き方。 e

源泉所得税の納付額が0円の場合の記入例と提出方法

源泉所得税 納付書 書き方

目次・読みたい個所へジャンプ• 平成が印字された申告書や納付書は、どう記入する? 新元号が決まったのが、つい3か月前ということもあり、公的な書類についてはリニューアルのまっ最中。 税務書類についても、例外ではありません。 例えば、などは、今日7月2日になって、国税庁のホームページに改訂版がアップされました(告示は6月28日)。 そこで国税庁は、「平成」の印字がされた申告書や納付書を使う場合は、 平成表記でも差し支えない旨を公表しています。 納税者の皆様方からご提出いただく書類は、例えば平成31年6月1日と平成表記の日付でご提出いただいても有効なものとして取り扱う より みなさんのお手元にある申告書などが、まだ「平成バージョン」の場合には ・令和1年は「平成31年」 ・令和2年は「平成32年」 と記載して、提出するとよいでしょう。 ちなみに、 「令和」が印字された納付書は10月以降順次発送の予定。 だから、今、みなさんのお手元にある納付書は、すべて「平成」の文字が印字されたものだと思います。 そして源泉所得税の納付書には「年度」を書く欄もありますね。 さあ、どう書けば良いのでしょう? 書く時のポイント3つ ポイントは3つです。

次の

源泉所得税の納付書への記入方法

源泉所得税 納付書 書き方

国税庁ホームページ「」の「」より一部抜粋。 原稿料や講演料、デザイナーへの報酬を支払った場合などに、報酬から天引きした源泉所得税を納付するための用紙です。 このほかにも、上記2つほど使用頻度は多くありませんが、海外在住の人に対して支払った講演料や不動産の賃料から天引きした源泉所得税を納付するための、「非居住者・外国法人の所得についての所得税徴収高計算書」があります。 所得税徴収高計算書の入手方法 所得税徴収高計算書は、全国どこの税務署窓口でも入手することができます。 源泉所得税は納税地を管轄する税務署に対して納めることになりますので、所得税徴収高計算書も税務署単位で発行が行われます。 税務署窓口で入手する際には、どの税務署の分が必要なのかをしっかりと伝えましょう(計算書には税務署名が印字されているので、管轄の税務署が印字されたものを使用する必要があります)。 また、郵送での請求も可能です。 その場合には、どの種類の所得税徴収高計算書が必要なのかということや、どの税務署の分が何枚必要なのかということを明記した紙と、返信用封筒を入れて郵送します。 こちらも、どの税務署に郵送しても大丈夫です。 一つの税務署に送っても、複数の税務署の分を取り寄せることが可能です。 所得税徴収高計算書の書き方 所得税徴収高計算書の書き方自体はそれほど複雑ではありません。 ただし、いくら給与やその他の支払から天引きしたのかということはしっかりと集計して、記載すべき金額を間違えないようにしましょう。 例えば、給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書は、下記のように記載します。 支払年月日:実際に給与・退職金を支払った年月日を記載する• 人員:給与・退職金を支払った従業員数を記載する• 整理番号:税務署から通知される整理番号を正しく記載する• 納期等の区分:給与、退職金を支払った年月を記載する• 本税:「税額」の項の合計を計算して記載する• 合計額:各源泉所得税の合計額を記載する• 徴収義務者:納税地と名称(個人事業主の場合は氏名)を記載する.

次の

所得税徴収高計算書の書き方について

源泉所得税 納付書 書き方

源泉所得税の納付書で、年末調整還付の金額のほうが多い場合は、次の手順で手続きを行ってください。 まず、年末調整後の納付所得税額と相殺し、納付税額0円の納付書を税務署に提出• 還付しきれなかった金額を、その次の納付所得税額から相殺。 2月末までに納付所得税額から相殺しきれない場合は、「還付請求書」を作成して税務署に還付申請し、税務署から還付を受けることができます。 () 給与の支払者は、源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の合計額が年調年税額よりも多い場合には、その差額の税額を役員又は使用人の各人ごとに還付しますが、その方法は、次のとおりです。 1 年末調整を行った月分(通常は12月分。 納期の特例の承認を受けている場合には、その年7月から12月までの分)として納付する「給与、退職所得及び弁護士、司法書士、税理士等に支払われた報酬・料金に対する源泉徴収税額」のうちから差し引き、過納となった人に還付します。 2 年末調整を行った月分の徴収税額だけでは還付しきれないときは、その後に納付する「給与、退職所得及び弁護士、司法書士、税理士等に支払われた報酬・料金に対する源泉徴収税額」から差し引き順次還付しますが、次の場合には、「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」を作成し、必要書類を添付して給与の支払者の所轄税務署長に提出し、税務署から還付を受けます。 イ 解散、廃業などにより給与の支払者でなくなったため、還付することができなくなった場合 ロ 徴収して納付する税額がなくなったため、過納額の還付ができなくなった場合 ハ 納付する源泉徴収税額に比べて過納額が多額であるため、還付することとなった日の翌月から2か月を経過しても還付しきれないと見込まれる場合 では、詳しく手順をみていきましょう。 年末調整後の納付所得税額と相殺(納付税額0円) 納付税額0円の納付書を作成して税務署へ提出する 納期の特例を出している会社ですと、納税し過ぎていた所得税「37,892円」が半年以上納税し過ぎの状態になってしまいますので、もっと早いタイミングで税務署から振込還付してもらうための申請をすることができます。 () 給与等の支払者が、年末調整により生じた過納額を給与等の受給者に還付する場合で、給与等の支払者に次に掲げる事由が生じたときに、その過納額について、給与等の受給者が給与等の支払者の所轄税務署から還付を受けるために行う手続です。 (1)解散、休業等の事由により給与等の支払者でなくなったこと、又は徴収すべき税額がなくなったことにより、その過納額の全部又は一部を還付することができなくなった場合。 (2)過納額を還付すべきこととなった日の属する月の翌月1日から起算して2月を経過してもなお還付すべき過納額が残っている場合。 (注)過納額を還付すべきこととなった日の現況において、翌月1日から起算して2月を経過する日までの間に給与等の支払者において過納額の全額を還付することが困難であると認められるときは、当該2月を経過する日前においてもこの手続を行うことができます。 また、できるだけお金をかけないで年末調整を自分で調べながらやってみたいという方は、Bizerの「ToDoリスト」機能を使用すると便利ですよ。 ToDoリストの手順に従って手続きを行い、わからないところは専門家に、その都度、何度でも相談できるので時間がかかっても節約して年末調整を行うこともできると思います。 ただ、年末調整の給与支払報告書や法定調書合計表などは複雑なため、専門家におまかせしてみるのも良いかもしれませんね。 複雑な年末調整を専門家に依頼して本業に集中したい 年末調整に関する書類作成(源泉徴収票、給与支払報告書、法定調書合計表、報酬の支払調書)を専門家に代行依頼することができます。 特に給与支払報告書や法定調書合計表などは、書き方がわかりづらく難しいため、専門家に丸投げしてみても良いかもしれませんね。 Bizerのユーザー様であれば、16,500円(税抜)から依頼することができます。 詳しくは、「」まで.

次の