宅急便 受け取り拒否。 佐川急便の荷物を受け取り拒否することができる?その3つの方法とは?

受け取り場所変更

宅急便 受け取り拒否

商品代引き注文の受取拒否はネットショップの大きなリスクの一つ 商品代引き注文の受取拒否はネットショップにとって大きなリスクの一つです。 商品の受取拒否をされた場合にも、ショップ側からすでに発送はしていますので、当然のことながら、送料は発生しています。 さらに、受取拒否で返送された場合には、返送分の送料も発生してしまいます。 また、返送時の送料は、ネットショップが契約している運送料ではなく正規料金で請求されます。 (発送時には運送会社と送料を個別契約をしていて、正規料金よりも安い値段で発送しているケースが多いです。 ) さらに、代金引換の場合には、手数料も発生します。 (代引きの手数料は発送時に発生してしまいます。 ) 受取拒否をされると送料と代引き手数料で、最低でも1,500円以上の損失 そうなると、代金引換で受取拒否をされた場合には、送料と代引き手数料で最低でも1,500円ほどの出費となります。 送り先や大きさによっては、2,500円以上の出費となります。 商品が返送されてきた場合に、そのまま再販できる商品であれば良いですが、食品であったり、アパレルなどでも季節ものだと商品自体も破棄せざるをえない場合もあり、その場合には商品の原価も損失となります。 正直なところ、発送物の内容によっては、返送にかかる送料よりも商品原価の方が安い場合には、返送せずに運送会社で廃棄してもらった方が安くつくこともあるのですが、運送会社では廃棄という対応はしてもらえません。 ネットショップは利益率が低いケースが多いので、この損失を回収するためには、数万円の売上が必要となるケースもあります。 個人的には万引きみたいなものだと思っています。 商品代引きの受取拒否の発生確率は0. 5~2%くらい? どれくらいの割合で発生するのかということは、ショップで取り扱っている商品、客層などによって違ってくると思います。 私の運営しているショップでは、100件~200件に1回くらいというイメージです。 商品代引きの受取拒否は、注文時には欲しいと思ったけど、やっぱりいらないというケースが多いのですが、他のお店でもっと安く売ってたのでそちらで注文したからいらないというケースもあります。 それくらいなら仕方ないと思われるかもしれませんが、受取拒否の場合にはコストだけでなく、運送会社への連絡対応や購入者への確認などの労力も発生しますので、非常に腹立たしいです。 クレジットカードなどの前払いの場合で受取拒否されても発送費用を請求できる ちなみに商品代引き以外の場合のクレジット決済や銀行振込などの前払いで商品を受取拒否された場合には、往復送料を請求して、返金することができます。 実際には、前払いで受取拒否というのはほとんど発生しません。 購入者の方の急な事情で受け取れなかったというケースが多いです。 後払いの場合にも同様のリスクがある 最近は、ほとんどのネットショップが後払いの専門業者を使っていると思いますが、後払いも商品の到着確認ができないと支払いをされないので、商品代引きの受取拒否された場合には送料の請求などをすることはできませんので、同様のリスクがあります。 受取拒否の対策はあるのか? では、受取拒否の対策はあるのでしょうか。 受取拒否については、発送前の段階での対策と受取拒否後の対策があります。 受取拒否注文の発生を防ぐことは難しいのが実情 受け取り拒否をどうやって回避するかということですが、なかなか難しいのが実情です。 発送前にメールや電話などで連絡確認をすれば発生確率が低くなりますが、発生する確率的にそこまで労力をかけるとマイナスの影響の方が大きいです。 (受注生産品や高額商品などを取り扱っているショップでは、有効な方法だと思います。 ) また、商品代引き、後払い型の決済をやめるということも一つの方法ですが、決済手段は購入者がネットショップを選ぶ基準にしている場合もあるので、売上低下を考えると厳しいです。 ただ、最近は後払いでの支払いが増えているので、商品代引きはやめて、後払いだけにするというのは一考の余地があると思います。 ゆうパックなら返送時の送料は不要なのでリスクは少し小さくなる 被害を最小限にする方法の一つとして、商品代引きの場合には、ゆうパックを使うという方法もあります。 ゆうパックの場合には、受取拒否をされた場合には、返送時の送料は取られません。 このことから運送会社を使い分けているネットショップもおられるようです。 そもそも、損害を相手に請求できるのか? また、受取拒否後に、発生した送料の請求ができるのかという点ですが、受取拒否をするような人が相手ですので、なかなか難しく、法的に対処するのも費用的に難しいのが実情です。 警察などに訴えても、損害額が2,000円~3,000円くらいですので、なかなか力を入れてもらうことはできません。 内容証明を送るという方法もありますが、内容証明を送っても支払ってくれるとは限りませんので、手間とコストが無駄になる可能性があります。 対応によってはネット上で悪評を書かれるケースも 考えられます。 ちなみに悪意なく、相手側の事情で受け取れなかった場合には、多くの方は申し訳ないという気持ちで対応をいただけます。 その場合には、送料は請求せずに商品の再発送するということで良いのではないかと思います。 ネットショップ上に受取拒否の際の対応については明記しておく方がよい 実際に対応はできなくとも、発生時に備えて、サイト上や、発送メールに、受取拒否時の対応というのを記載するようにはしましょう。 記載をしておけば、そちらを根拠にかかった費用などの請求は可能です。 「商品代引き 受取拒否 請求」などで検索しますと、実際にネットショップが受取拒否時の対応としてお客さま向けに作成したページがたくさんHitしてきます。 いくつかのサイトを参考にして、運営しているネットショップに即した内容を作成しておきましょう。 このページにも文面例を記載しておきます。 代金引換注文の受取拒否に関する警告文例 代金引換決済の受取拒否について ほとんどの善良なお客様には関係のないことですが、一部のお客さまによる商品の受取拒否による損害が発生しております。 商品の受取拒否は、「配送料・代金引換手数料・返品事務手数料」を請求させて頂きます。 受取拒否をされますと、送料・代金引換手数料に加え、梱包資材費、人件費などが、店舗の損害となってしまいます。 その為、当店では正当な理由無く、代金引換受取拒否、保管期限切れなどの事由により、返送されてきた場合には、 往復配送料及び、代金引換手数料、返品事務手数料として、2,500円を一律で請求させていただいております。 なお、ご連絡が取れない場合、当店が悪質と判断した場合には法的措置を取らさせていただくこともあります。 2019年3月追記:商品代引きは廃止しても売上への影響は軽微になりつつあるかも この記事を書いたのは2015年ごろだったかと思います。 そのころには商品代引きは一定の売上がありました。 現状、商品代引きを利用するお客様は減少しています。 年配の方はまだまだ商品代引きを利用したいという要望がありますが、若い人はほとんどいません。 また、決済手数料も一番高くつく(クレジットなら手数料は不要、後払いの場合で200円ほど、商品代引きは324円)ことも敬遠される要因の一つだと思います。 また、以前は商品の発送は、小さなものはメール便、それ以外は宅急便という選択肢しかありませんでしたが、最近ではメール便以上、宅急便以下の発送方法も増えています。 宅急便、宅配便、ゆうぱっく以外では商品代引きを使うことができませんので、商品のサイズによってはそもそも商品代引きが利用できないということもありますし、決済手数料が安く、コンビニなどで支払いのできる後払いの利用が浸透してきたということも要因としてあります。 後払いには受け取り拒否というリスクは残っていますが、後払いの場合には、決済会社による事前審査が入りますので、商品代引きよりはリスクが小さいです。 結果的に、商品代引きの注文に占める受け取り拒否の割合が増えています。 現在、私が運営しているネットショップでは特別な場合を除いて、商品代引きでの発送を廃止しましたが、売上にはあまり影響していません。 取り扱い商品、客層によりますが、受け取り拒否で悩まされている方は、一考の余地があると思います。

次の

宅急便の受け取り拒否について 至急回答お願いします

宅急便 受け取り拒否

ヤマト運輸の宅急便、日本郵便のゆうパック・ゆうメール・ポスパケット、佐川急便の飛脚宅配便の着払いを利用して送られてきた荷物の受け取りを拒否する方法と料金(送料)を支払う人についてです。 ヤフオクやメルカリといったネットオークションやフリマアプリで購入者が送料込みと思って買ったのに着払いで送られて来たというトラブルが頻繁に発生しています。 もし購入者が着払いで送る旨の説明を見落としていたならちゃんと着払いの料金を支払なければいけませんが、どこにも着払いで送る旨の説明が書かれていないのであれば受け取りを拒否することをオススメします。 着払いの受け取りを拒否する方法 ヤマト運輸の宅急便、日本郵便のゆうパック・ゆうメール・ポスパケット、佐川急便の飛脚宅配便、どの送り方であっても着払いで送られた荷物は受け取る人が料金を支払わなければならないため、チャイムが鳴らされ玄関口まで配達を担当しているドライバーさんが来ます。 受け取りを拒否する方法には、 家まで来たドライバーさんに受け取りを拒否する旨を伝える方法とヤマト運輸・日本郵便・佐川急便に電話して受け取りを拒否する旨を伝える方法の2つがあります。 その際にキャンセル料(受け取りを拒否した料金)を請求されることはなく、荷物の受け取りを拒否した人には何のペナルティも課せられません。 ヤマト運輸・日本郵便・佐川急便どこの会社の送り方であっても着払いで送られた荷物の受け取りを拒否する際に掛かる料金は無料となっています。 しかし1週間に100回以上の受け取り拒否など、悪意のある行為を繰り返した場合にはネットオークション・フリマアプリ・配送を担当するヤマト運輸・日本郵便から訴えられ警察沙汰になる可能性がありますのでご注意ください。 普通に受け取り拒否する分には何の問題はありませんが、ヤフオクやメルカリには評価というものがあるため、受け取りを拒否したことにより出品者とトラブルになり、悪い評価が付いてしまうことは覚悟するしかありません。 拒否ポン 受け取りを拒否した荷物の行方 着払いで送られた荷物の受け取りを拒否した場合にその荷物はどこに行くのかというと、着払いで送った人のところまで返送されます。 もし差出人の住所が間違っていた場合はどこにも返送することが出来ないので、ヤマト運輸の営業所・郵便局・佐川急便の営業所に10日ほど保管され、保管期間を過ぎるとその荷物は破棄されます。 ヤマト運輸の宅急便、日本郵便のゆうパック、佐川急便の飛脚宅配便には追跡番号が付いているため、各社の追跡システムを利用するかにあるおみくじ追跡を使うことで、着払いの受け取りを拒否された荷物が今どこにあるのか知ることが出来ます。 受け取りを拒否された荷物の料金 着払いで送られた荷物の受け取りを拒否した場合は着払いで送った人のところまで返送されるのですが、 返送されたときに荷物を送った人に着払いの料金が請求されます。 ヤマト運輸・日本郵便・佐川急便どこの会社でも返送されたときに配達を担当したドライバーさんから請求されます。 請求される料金は日本郵便のゆうパックの場合は片道の料金+40円といったように、往復分の料金ではなく片道分の料金に少し加算された料金となっています。 受け取り拒否して返送完了した過去の実際の追跡結果 郵便局のゆうパックとヤマト運輸の宅急便で発送された荷物の受け取りが拒否され返送完了した過去の実際の追跡結果は以下の通りです。 関連: 当サイトで人気の送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 370円 日本郵便 810円〜 日本郵便 930円〜 ヤマト運輸 180円〜 日本郵便 198円 日本郵便 送料が安い送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 63円 日本郵便 84円〜 日本郵便 120円〜 日本郵便 180円 日本郵便 198円 日本郵便 用途別の一番安い送り方 【小型】 【大型】 【追跡】 【着払】 【速達】 【補償】 【複数】 【日時】 近くのコンビニから送る 送り方を探す コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。 本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。 着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。 本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。 大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。

次の

宅急便コンパクトで【着払い】できるゾ!料金&発送方法は?お得な…

宅急便 受け取り拒否

このページの目次• 不要な郵便の受取拒否の方法と絶対にやってはいけないこと 郵便が届いたものの差出人も不明の場合もあったりしますよね。 その際の郵便の受取の拒否はできるのでしょうか? 結論から言いますと、 未開封なら拒否ができます。 こうすることで、受取拒否された郵便は郵便局から差出人に戻されることになります。 初めに説明しました通り受取拒否をしたい場合には、届いた郵便の開封は絶対にやってはいけません。 未開封の場合のみ適応されるので、そこは注意してください。 郵便の受取拒否の方法の詳細説明 ところで、この郵便物の受取拒否ですが、 わざわざ配達されてきた郵便物を、受取の拒否をしてもいいのでしょうか? 実は、 受取拒否の禁止に関する法律というものはありません。 ですから受取拒否そのものは違法となってはいないのです。 これは、意外に知られていないことなのですが、 郵便物を「受け取るか」「受け取らないか」については、特に規定はないのです。 そのため、受け取るか受け取らないかは 「受け取る側の意志に任されている」 ものと解釈されています。 なので、「特別送達」と言われる物以外の郵便は受取拒否をすることができます。 ただ、受取拒否をしたい場合、 郵便物を配達員にそのまま口頭で渡すだけでは受け入れてくれません。 あらかじめ作っておいた紙を渡せば、係員がその紙を郵便に貼り付けて送り返してくれます。 料金は発生しませんので、この方法がベストですね。 ところで、この受取拒否ですが、先程口頭で渡すだけでは受け入れをしないと説明しました。 それは、後日、 「言った」「言ってない」 などのトラブルを避けて証拠を残すためだということです。 スポンサーリンク 郵便の受取拒否の追加説明及びはがきの場合は? 先ほど、郵便局へ持っていくか配達員の方に紙を書いて渡す、という方法を書かせていただきました。 そうでなくても、はがきを含む郵便物に 紙を貼ってポストへ投函することもできます。 この場合でも、封書の場合は未開封であることが前提になります。 (はがきの場合も同様に、宛名書きの面に紙を貼ってポストへ投函してください。 ) そして注意点ですが、紙に名前を書く場合は フルネームで書かなければなりません。 そうすれば受取拒否をすることができ、郵便物は相手の元に帰っていくことになります。 もちろん、返送料金などは一切かかりませんのでご安心ください。 こうして受取拒否の仕方がわかっていると、ゴミも増えませんし、相手に受け取りたくないことが伝わるので覚えておかれるといいでしょう。 以下は日本郵便のホームページに掲載されている原文です。 受け取りたくない、迷惑な郵便物の対処法を説明しています。 参考になさってください。 架空請求、いたずら等、迷惑な郵便物を届けてほしくないのですが、どうすればよいのでしょうか? 迷惑な郵便物等が届けられた場合、受け取りを拒絶することができます。 郵便物等に下記事項を記載したメモ、付せんを貼り付け、 配達担当者にお渡しいただくか、 郵便窓口にお持ちいただくか、 郵便ポストに投函していただければ差出人さまへ返還します。 ・当社が配達した郵便物等でないものは、上記の方法により受け取りを拒絶していただくことはできません。 ・これらの配送物については、その配送物の運送サービスを行った事業者さまにご連絡ください 配送物の表面に連絡先が記載されているものもあります。 当ブログの読者の方より貴重な体験をお寄せいただきました。 参考にさせていただきます。 (下部のコメント欄に原文がございます) 郵便局によるのか地域によるのかは定かではありませんが、 僕の場合はた~ま~に来る迷惑DM 競馬 は赤のサインペンでハガキや封筒の表(宛先の近く)に直接 受取拒否と書いて名前などは書かず、シャチハタを押しています。 郵便局員に直接聞いたのですが、 別に正式な形式というものはなく、はっきりわかるように『受取拒否』または『受取拒絶』と文字とフルネームでの署名か捺印があれば、直接書いても、紙に書いて貼っても、スタンプでもシールでも構わないらしいです。 ストーカーからの郵便物を配達前に郵便局側で返送可能か? 特定の差出人からの郵便物を、事前に配達のお断りができるのだろうか? 例えば、 ストーカーと思われる差出人から、郵便物がたびたび送られてくるような場合に、 配達せずに郵便局側で返送をお願いできるのでしょうか。 結論を言いますと、 郵便局は、特定の差出人の郵便物だけを配達せず差出人に返送することはしません。 では、別の返送の手段として、 「転居先不明」が考えられます。 こちらは、配達先が不在で、転居先も分からなければ配達はできず、 差出人に返送されるものです。 つまり、事情を説明した上で、うその「転居先不明」の申し入れをして、 届いた郵便物の返送を郵便局にお願いができるのでしょうか? 結論から言いますと、それは無理なようです。 もし、差出人から、 「受取人は実際に居るのに、勝手に返送されたが、これどう言う事か?」 と申し出があった場合に、郵便局側としても対応に困るからです。 また、仮に、うその「転居先不明」の申し入れが可能としても、 すべての郵便物が配達されないことになってしまいます。 なので、受け取りたくない郵便物はその都度、受取拒否の対応をすることになります。 受取拒否の場合はなぜ封を開けたらいけないのか スポンサーリンク 受取拒否の場合はなぜ封を開けたらいけないのか?、 その疑問にお答えしましょう。 そもそも、 「配達されてきた郵便がいるものか、いらないものかは封を開けてみないとわからない!」 という人もいるかもしれません。 でも、受取拒否したい場合は絶対に開けてはいけません。 なぜなら、郵便物が届けられ、それを開けた時点で切手の代金が使われたことになるのです。 郵便の受け取りを拒否できない「特別送達」とは ところで郵便物で注意したいものに「特別送達」というものがあります。 また、拒否しないほうがいい郵便物があったりします。 それは、裁判所からの郵便物などで 法律的に保護されている郵便物です。 つまり裁判所からの郵便物等は返却できない場合があるのです。 この場合は素直に受け取らなければなりません。 もし、裁判所からの重要な証明書類などを受取拒否をしてしまった場合は、裁判が起きた時に負けてしまうことがあるので注意してください。 特に、「重要」と書かれた郵便物は捨てない方がいいかもしれません。 ですから郵便物には、 「受け取らなくてはならないもの」 「受け取っておいたほうがいいもの」 があると言うことを日頃から十分認識しておきましょう。 特別送達とは、 日本において、民事訴訟法第103条から第106条まで及び第109条に規定する方法により裁判所などから訴訟関係人などに送達すべき書類を送達し、 その送達の事実を証明する、郵便物の特殊取扱。 特送(とくそう)と略されることもある。 郵便法第44条及び第49条に基づいて日本郵便株式会社が実施する。 民事訴訟法の規定では「郵便による送達」という。 wikipediaより 郵便局によるのか地域によるのかは定かではありませんが、僕の場合はた~ま~に来る迷惑DM 競馬 は赤のサインペンでハガキや封筒の表(宛先の近く)に直接受取拒否と書いて名前などは書かず、シャチハタを押しています。 先日は郵便局側の手違いで戻ってきて不愉快な思いをしましたが、それ以外は全部返送されています。 戻ってきた郵便物も配達員に引取りに来てもらい、改めて受取拒否で返送しました。 郵便局員に直接聞いたのですが、別に正式な形式というものはなく、はっきりわかるように『受取拒否』または『受取拒絶』と文字とフルネームでの署名か捺印があれば、直接書いても、紙に書いて貼っても、スタンプでもシールでも構わないらしいです。 あまりお勧めできませんが、たまに透明のビニールの封筒できた場合は、開封したのがバレなければ大丈夫です 笑 その場合はバレないように綺麗に封を戻す必要がありますが。 僕は画像をブログに残すためにたまに開封してから返送しています 笑 あとクロネコメール便の時は営業所に電話して引取りに来てもらってます。 もちろん未開封であることが条件です。 何度もすみません。 パソコンが急に再起動してしまったため、よく確認せず、コメントしてしまいました。 先ほどのコメント。 ・付箋などを貼るよりも手間がかからない ・郵便物仕分けの時などに剥がれ落ちる心配がない ・捺印については、苗字なので本人が受け取ったのか確認のしようがない(家族が返送したのかも?と思わせる) などがあります。 頻繁に来る場合はAmazonや楽天市場で売られているような受取拒否スタンプを購入するか、パソコンで自作シールを作成する手もあります。 宅配便等の場合は送り主を確認した上で、サインや捺印をする前に受け取りを拒否すればいいです。 ヤフオク!などで勝手に「不良品だ、交換しろ!」とか怪しい業者の不審物などに有効です。 ストーカーからの郵便物は証拠として保管しておくのがいいかと思います。 ある程度まとまったら警察に証拠物として提出する。 画像にも収めておくといいです。 あと裏ワザと言うほどでもないですが、悪徳業者からの迷惑DMの場合、開封したあとでも、中身をチラシとか適当な紙に包み、または家にある封筒に入れて切手を貼らずに送り返せばいいです。 その時自分の住所や名前は書いてはいけません。 するとどうなるかというと、相手に送料が請求されるだけです 笑。 できれば自分の住んでいる街以外からポストに投函すると特定がされずに済みます 笑。 まず訴えられることはないと思います。

次の