熱海 の 捜査 官。 熱海の捜査官の最終回全く意味が分かりませんでした(..;)星崎さんは亡くなったん...

熱海の捜査官|テレ朝動画

熱海 の 捜査 官

当時から、ふみちゃんは同い年とは思えないくらい肝が据わっている人だったし、染谷くんも2歳年上とは思えないくらい大人っぽかったんです」とコメント。 一方、二階堂と染谷も山﨑について、 「『熱海』の後に映画『オオカミ少女と黒王子』(2016年)で久しぶりにご一緒しましたんが、いい意味でずっと変わらないムードメーカーであり、気遣いのある人。 同い年だからこそ刺激的な部分もすごくあります」(二階堂) 「賢人くんとはCMでも共演しましたが今回改めて、少年から青年に、そして成人男性になられていて『あぁ…!』と。 そんな彼女にとって、「『熱海の捜査官』は初めての連続ドラマ撮影」。 今でも「当時頂いた三木監督の言葉は大事にしている」という。 その言葉とは、 「現場のモニターは確認するな」。 「当時はまだ15歳。 無意識なところで自意識過剰な部分があったと思うんです。 だから、三木監督もそうアドバイスしてくださったのか、と。 それ以来、自分のお芝居はモニターでチェックしないです。 三木監督にはかなり鍛えていただき、学びがたくさんありました」と振り返る。 そんな彼女が今回演じるのは、雨夜の同級生で時効事件の謎を握る朝霞鈴音。 「三木監督がおっしゃることをやれば、絶対に面白くなる!今回も監督の演出を受け、役について再認識した部分もありました」という二階堂が三木監督と二人三脚で磨き上げた芝居に注目だ。 そんな染谷をもってしても、三木監督は「ここまで徹底される監督ってなかなか出会わないといいますか…。 こちらもそれに応えなきゃいけないというプレッシャーがあった」監督だったという。 そんな三木監督から今回染谷に与えられた役名は、『熱海』と同じ「味澤宙夫」。 雨夜から時効事件を予言される同級生と、9年前とは全然違う役どころにもかかわらずだ。

次の

熱海の捜査官の謎考察 架空の南熱海市の真実 キャラクター名や神話から推理する

熱海 の 捜査 官

ドラマの舞台、実在しない架空の都市「南熱海市」こそドラマの根幹に関わる壮大なネタバレ? どこか浮世離れした感のある「熱海の捜査官」の舞台となった架空の都市、「南熱海市」。 そこに住む人々も実に一癖も二癖もある人物たちでしたよね。 「熱海の捜査官」の数多ある謎に迫るために最も必要なのはまず、この 「南熱海市」が一体何なのであるのか?一体南熱海市とはどこなのか?ということを解き明かすという事です。 そこを押さえておかなければその後の謎解きに参加する資格さえ得られないといってもいいでしょう。 まずこの「南熱海市」ですが、前述したように「架空の市」です。 実際には南熱海市などという都市は世界中のどこにも実在しません 静岡県熱海市は存在しますが…。 実在しない架空の都市を舞台とした映画やドラマというのは多く存在しています。 なので架空の都市「南熱海市」を舞台として進行するドラマのストーリーにわたし自身も最初は何の違和感も感じてはいませんでした。 しかしどこにも存在しない「南熱海市」をドラマの舞台にした事自体が、このドラマにとっては実はとても大きな意味があったのです。 この設定自体がドラマの根幹にかかわる大きなネタバレ、ヒントでもあったという事なのです。 南熱海市は設定上の架空の都市ではなく、この世のどこにも存在しない場所なのである!! 「南熱海市」を舞台とした「熱海の捜査官」、薄皮に包まれたような「南熱海市」のそこに住む市民を含めた異様さ、違和感の答え、それは… 南熱海市がこの世のものではない ということです。 ドラマの設定上の架空の都市ではなく、実際にこの世のどこにも存在していない場所、それが南熱海市だという事なのです。 この南熱海市については、架空の都市を舞台としてドラマが進行するというドラマとしてよくあるパターンの一つだとわたしは思いこんでいたのですが、この「熱海の捜査官」に関しては全く違っていたというわけですね。 このドラマ自体がこの世の物語ではないからこそのこの世のどこにも存在しない「南熱海市」がドラマの舞台だったというわけです。 うーん、「熱海の捜査官」恐るべし。 三木聡恐るべし、ですね。 熱海の捜査官第1話の道路看板と謎の老人・蛇川方庵のセリフで示唆される南熱海市の真実 南熱海市がこの世のどこでもない場所であるならば、一体南熱海とはどこなのか?? 禅問答のようになってしまいましたが 苦笑 、その答えも実は第1話「広域捜査官 星崎剣三」で既に重大なヒントがいっぱい出ていました。 初見からここに注目していた人は本当に凄いと思います。 わたしは通しで一度見た後の二度目で「ああ、こういう事だったんか」と気づいたクチですから 爆汗 まずは第1話の最初のシーン、スクールバス消失の場面。 この壮大な物語の全ての幕開けとなるシーンです。 二人が黒い自動車に乗って南熱海市を走っている場面で道路の脇にこんな看板があります。 後で見返してみると、まさに「やられた!! 」って感じでしたね。

次の

熱海の捜査官(ネタバレ)…知っていてあえて留まっている人は誰?...

熱海 の 捜査 官

『熱海の捜査官』と『時効警察』の違い 『時効警察』のノリが好きで、そんな気分で『熱海の捜査官』を見始めたのですが、これがちょっとなんというか、もう少し複雑で奥の深いミステリー仕立てになっていて面白いんですよね。 つまり、『熱海の捜査官』は、これはこれでとても面白いので、超おすすめです!私は最後まで一気に見てしまいました(全8話)。 ですぐに観れます。 最初は、どうしても『時効警察』のキャラとかぶって見えていたのですが、さすが役者さん!濃ゆくも別キャラをしっかりと演じられています。 『時効警察』では、オダギリジョーのパートナーは麻生久美子とのコンビでしたが、『熱海の捜査官』でのパートナーは栗山千明ですから、ここはもう決定的に違う点ですね。 初めはどうしても麻生久美子と栗山千明を比べてしまいましたが、、途中からは栗山千明のキャラがこの作品にはしっくりくるようになりました。 とまぁ、要素的に違いはいろいろあれど、やはり『時効警察』が好きな人には、『熱海の捜査官』も観ることをぜひともおすすめします。 ホント、おもしろいので、見て損はさせません(笑)! 『時効警察』も『熱海の捜査官』も、今すぐに見れるのはココ! > キャストを見てみよう 『熱海の捜査官』にはかなり多くのキャストが出演しています。 ではザッと見ていきましょう。 星崎剣三(オダギリジョー):主人公の広域捜査庁 北島紗英(栗山千明):星崎の相棒の広域捜査官。 坂善正道(田中哲司):本庁の切れ者鑑識官。 拾坂修武(松重豊):南熱海警察署の署長 桂東光子(ふせえり):警察署の女性警察官。 犬塚発見(少路勇介):真面目な署員。 甘利雅彦(団時朗):南熱海市市長。 レミーの父 亀岡渡(村松利史):市長秘書 藁久保清一(光生):土木課長 朱印頭(松尾スズキ):南熱海興行の組長 鮫島猛(緋田康人):南熱海興行の専務 宇喜多幸光(津村鷹志):校長 敷島澪(藤谷文子):永遠の森学園の美人教師 阿久根淑子(宮田早苗):寮長 新宮寺有朋(山中聡):永遠の森学園の送迎バス運転手 東雲麻衣(三吉彩花):行方不明の後、唯一発見された女子生徒 椹木みこ(山田彩):行方不明の女子生徒の1人で、レプス陶芸クラブのメンバー 月代美波(佐倉絵麻):行方不明の女子生徒の1人で新興宗教の教祖 萌黄泉(岡野真也):行方不明の女子生徒の1人臨死体験がある 四十万新也(山﨑賢人):行方不明の女子生徒たちとの関連性を持つ男子生徒。 実は市長の愛人の子で、レミーの腹違いの兄 甘利レミー(二階堂ふみ):市長の娘 味澤宙夫(染谷将太):四十万の友人 平坂歩(萩原聖人):環境保護団体NPO「空と海と虹の会」代表。 元天才脳外科医 相模徳三郎(岩松了):星崎と北島が滞在する旅館「熱海南海荘」の主人。 桂東の兄 洲崎道代(広田レオナ):レプス陶芸クラブのオーナー 占部日美子(銀粉蝶):分杭ビル(通称アタ中)の5階に住む不思議な力を持つ女性 伊藤奈々子(小島聖):レストラン「ボリューム」のウェイトレス 蛇川方庵(小野栄一):バス消失事件の時に道路に倒れていた老人。 南熱海天然劇場で怪しげなマジックショーをしている チュッパチャップスさん(新屋英子):いつも白と黒のチュッパチャップスをなめている 樫村茂(山崎一):南熱海総合病院の医師で東雲の主治医 徳留幸介(森下能幸):新聞記者 松尾正夫(外波山文明):元天才数学者 萩尾さやか(KIKI):南熱海診療所の女医。 徳永研究室で、平坂(風宮)と一緒に研究していた 山崎賢人の若かりし姿! とある山奥の学園が首都なる舞台なので、必然的に学生が多く登場する点も『時効警察』とは異なるところです。 そして、この学園の中でも主要な学生、四十万新也(しじま しんや)として、若かりし15歳の山崎賢人が出演しています。 まだまだあどけない感じで、男から見てもとても可愛い。 知的な美少年といった感じです。 どうやらまともな役として初めてのドラマ出演のようで、演技も初々しい(笑)。 ファンは必見ですね。 東雲くんがカワイイ! 個人的に注目していたのが、東雲くんです。 東雲麻衣(しののめ まい)という学園のキーを握る主要な生徒なのですが、三吉彩花が演じています。 現在もドラマや映画などで活躍中の彼女ですが、当時14歳の三吉彩花の超絶美少女っぷりは男子必見でしょう!頬がふっくらしたあどけなさが残る感じが、とてもカワイイ! ざっくりとストーリーと見どころを解説 南熱海市内で女子学生4人を乗せたスクールバス行方不明となる事件が起きた。 その事件から3日後、意識不明状態で唯一発見されたのが東雲麻衣(三吉彩花)。 しかし、発見後も意識は戻らないままだったが、3年後に突如東雲の意識が戻った。 そこで広域捜査官の星崎(オダギリジョー)と北島(栗山千明)が赴任してくるところからこの物語は始まる。 星崎と北島は、南熱海警察署の警察官である拾坂修武(松重豊)と桂東光子(ふせえり)、犬塚発見(少路勇介)と協力して、事件解決に挑む。 その後、失踪したバスが海中から発見され、謎のカセットテープや意識を戻した東雲麻衣、彼女が在籍する永遠の森学園の先生や生徒、送迎バスの運転手、寮母から市長や市の職員、境保護団体NPO「空と海と虹の会」、地元ヤクザ、秘密の陶芸クラブなど、さまざまな市民が折り混ざり、いわばデビッド・リンチのツインピークス的な展開を見せる。 果たして、消えた3人の少女は見つかり、だれの犯行か判明するのか…。 といったストーリーなのですが、続いて見どころについて少し解説してみたいと思います。 意味深な見どころ解説 それぞれが何かを少しずつ秘密を持っていて、何かを語る反面、何かを隠しています。 「だいたい分かりましたよ」という言葉が、しばしば星崎の口から発しますが、意外と分かっていなかったりする点も、ストーリーを混乱させているようにも。 謎めいた登場人物、一人二役の奇妙な役回り、意外な人間関係。 そして、ときに時空を超える感じ。 パラレルワールドに引き込まれるような、浮遊感が表すものは。 そして圧倒的に何かが欠落した感じがするのは…。 それは、南熱海市が〇〇と〇〇が共存している地だから? 気になるロケ地 さて、何箇所か気になるロケ地が出てきますね。 ここでは気になるロケ地を5つほど紹介したいと思います。 永遠の森学園 大倉山記念館。 意外にも神奈川県横浜市にあります。 神奈川県横浜市港北区大倉山2丁目。 レストラン VOLUME みんなで食事をする橋のそばのレストランですが、これは横浜の有名なバー「StarDust」です。 神奈川県横浜市神奈川区千若町2丁目。 星崎と北島が泊まっている旅館「南海荘」 これは小田原にある割烹旅館の「山月」です。 神奈川県小田原市板橋。 アタ中にある分坑ビル これは湯河原にある真鶴トンネル福浦側換気所で、本当はビルではありません。 神奈川県足柄下郡湯河原町福浦。 永遠の森学園寮 熱海市にあるペンション「プリンス」。 いまも営業しているペンションで、宿泊できますよ。 静岡県熱海市泉。 最終回から振り返る考察【ネタバレ注意!】 後半になると(特にラスト2話)、物語はかなり急激に収束していきます。 そして、ラストの2段落ち。 この意味、わかりましたか? 本当に事件は解決したのか?ラインを超える、セカンドステージの意味は…。 言われてみれば、登場人物の名前にも特徴ありますよね。 車のナンバーにも意味が? そこここに伏線が散りばめられているように思えます。 そうです、いましたね。 そこここに。 〇〇しちゃった人たちが。 ところで、もとこさんの正体は? 事件が進展したり、行き詰まったりすると、決まって星崎が電話をかけ助っ人を頼むのがもとこさんです。 もとこさんのことを「すごくできる先輩」だと、北島さんが旅館の主人に言っていました。 でも、北島さんが境保護団体NPO「空と海と虹の会」で命を狙われそうになったとき、星崎がもとこさんと同じ目に会ってほしくないと激昂して言っていましたね。 となると、もとこさんって…。 そういえば、もとこさんの声って一度も聞こえませんね。 星崎は本当にもとこさんと話をしていたのでしょうか? でも、犯人と目星をつけた人物の画像をパソコンに送ってきたりもしてましたね。 うーん、謎ですが。 それは星崎が…だから? もう一度、キャストについて 『時効警察はじめました』というシリーズにして3作目が、2019年10月11日から12月6日まで放送されました。 このドラマの最終回に、山崎賢人、二階堂ふみ、染谷将太、松重豊といった『熱海の捜査官』のメンバーが登場しました。 これにはニヤリとしました。 ファンにとっては嬉しい演出でしたよね。 『熱海の捜査官』についてのまとめ いやー、なかなか一筋縄ではいかないドラマです。 デビッド・リンチ臭がプンプンしています(笑)。 何度も見て楽しめるドラマですね。 作品の雰囲気に浸るという意味でも、十分に楽しめますね。 まだ見ていない人はもちろん、既に見た人も、もう一度見直してみませんか? ここならすぐに『熱海の捜査官』が見れます。 > きっと新たな発見が見つかると思いますよ。

次の