シャトレーゼ 高知 万 々 店。 和菓子 | シャトレーゼ

山梨と郊外にこだわり次は海外へ、シャトレーゼ「逆転の発想法」|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

シャトレーゼ 高知 万 々 店

> 季節• > おはぎ• > どら焼き• > 最中• > 大福• > 饅頭• > 団子• > 洋風和菓子• > かすてら• > ようかん• > 糖質カット• > その他和菓子 和菓子>季節• 和菓子>おはぎ• 和菓子>どら焼き• 和菓子>最中• 和菓子>大福• 和菓子>饅頭• 和菓子>団子• 和菓子>洋風和菓子• 和菓子>かすてら• 和菓子>ようかん• 和菓子>糖質カット• 和菓子>その他和菓子•

次の

シャトレーゼ 浜松原島店のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

シャトレーゼ 高知 万 々 店

現在の会社は(22年)4月に(旧)シャトレーゼから食品事業を分社したものである。 なお、(旧)シャトレーゼは化し、としてシャトレーゼの全株式を保有している。 会社の特徴として、各地にある自社工場からを通さずに直接店舗へ送るシステムを、旧シャトレーゼ時代のより実施している。 基本的には山梨県内にある工場から自社トラックで輸送しているが、およびなど、山梨県から遠く離れた地域に関しては、それぞれに工場を設置し、そこから輸送する体形を取っている。 日本国外店舗については、製造拠点のある地域はそこから店舗へ輸送しているが、製造拠点のない地域に関しては、日本の製造工場にて製造した商品をの上、にて送っている。 なお日本国内店舗は、自前のおよび直営店以外での販売は行っておらず、長らく大手からの出店依頼も断っていた。 しかし近年では他社との協力がすすんでいる。 やなどのコンビニエンスストア向けに自社商品の卸を始めており、やなどのショッピングセンター内での出店を加速している。 沿革 [ ]• (平成22年)4月 - シャトレーゼから分社化し、設立。 (平成24年)10月 - に日本国外第1号店を出店。 (平成27年)4月 - にアジア第1号店を出店。 事業内容 [ ] 製品 [ ] 主に以下の製品を製造・販売している(一部商品のみ記載)。 洋菓子 [ ]• など 和菓子 [ ]• など 飲料 [ ]• - 一部店舗では販売していない。 など その他 [ ] シャトレーゼでは通常商品に加え、以下の商品も開発・製造し販売している。 原料に「牛乳」「鶏卵」「小麦粉」を使用していない対応のケーキ• などに対応するため、糖質を低減したケーキやアイスクリーム 工場 [ ] 現在(三代目)の直営店舗(西大津店) 店舗デザインは初代はとを基調に「シャトレーゼ」表記と3人の子供をあしらったデザイン、二代目は「Chateraise」表記となり風のとを基調としたもの、現在使用されている三代目は表記はそのままにとなっている。 また、店舗の造りも初代はオープン的な造りであったが、現在は一般的なクローズ形態の店舗となっている。 旧形態の店舗も順次改装を行い、新しいタイプのデザインに置き換わっている。 日本 [ ] シャトレーゼ 地方 支店がある都道府県 北海道 、、、、の各振興局に出店 東北 、、(かつては、に出店。 は出店実績なし) 関東 、、、、、、、 北陸・甲信越地方 、、、、、 東海地方 、、、 近畿地方 、、、、、、 中国地方 、、、、 四国地方 (かつては、に出店。 は出店実績なし) 九州地方 、、、、、、 沖縄地方 出店実績含めなし YATSUDOKI 2019年9月より開始した都心型の新業態。 店名は「おやつ時」と、や末広がりを意味する「八」を掛け合わせたもの。 9月14日に東京都に1号店となる「YATSUDOKI銀座七丁目」が開店。 11月22日には「YATSUDOKI銀座2」 、12月16日には「YATSUDOKI青山表参道」がそれぞれ営業を開始した。 日本国外 [ ] 2020年時点で海外8カ国・地域に店舗を展開している。 シャトレーゼ直営 2017年12月時点では以下の通り。 国・地域名 進出年月日 1号店 進出都市 2015年4月1日 ジュロンイースト店内 シンガポール 2015年11月1日 付近の北平西路 、、 2016年3月26日 複合商業施設「」 、 2016年9月14日 三成洞 ソウル市、、 2016年11月20日 「Mirdif 35」 ドバイ 2017年1月13日 の関連店舗 香港 2017年7月14日 伊勢丹バンコク店 2017年11月24日 ショッピングモール「スナヤンシティ」 かつては以下の国・地域に出店を行っていた。 国・地域名 進出年月日 1号店 進出都市 備考 2015年12月1日 上海市、 香港・台湾除く メートル・ポール運営 にある完全子会社のメートル・ポールが製造および運営を行なっている。 に1号店を開業しており 、かつては同州にも出店していた。 なお、運営がシャトレーゼ直営ではないことから、シャトレーゼの公式サイトには記載されていない。 できごと [ ] ここでは分社化前の(旧)シャトレーゼ(現・シャトレーゼホールディングス)の食品事業についても記述する。 金属片混入 [ ] 、が・ノルドミルヒ社から仕入れた から金属片が見つかり、このバターをシャトレーゼが仕入れていたことが発覚した。 このバターを使用したレーズンサンドを食べた客の一人が口を切る怪我をしたことからこのバターを使用したとみられる20品目約84万個の回収を行なった。 この回収は最終的に25品目190万個にまで拡大し、シャトレーゼは回収だけで2億円の損害を被り、さらにこれが原因により一時的に売り上げが低迷した。 シャトレーゼはよつ葉乳業に対して6億円の損害を求めへ提訴を行なったが、に和解が成立し、よつ葉乳業はシャトレーゼに対して億単位の賠償を支払ったと報道されている。 水道水白濁 [ ] からにかけて豊富工場の洗浄用水道水が白濁しているのを発見、この日同工場で製造された28商品11万5千個をすべて破棄するとともに、同年にこの水道水の管理者であるに対し損害賠償を要求する文書を提出した。 これに対し中央市は「白濁を予見するのは不可能」とし損害賠償の支払いを拒否したためシャトレーゼは水道水の使用を断念。 本社工場を含め貯水槽を設置し白州工場から地下水をくみ上げタンクローリーで両工場へ運搬する方法に変更した。 不正アクセス [ ] 、同社のインターネットサーバーが不正アクセスされ、約21万人分の会員情報が流出した可能性があることを発表した。 27日にサーバー内にあるを攻撃する不正アクセスが発生し、28日にその痕跡を発見、調査を開始するとともに28日夜より公式サイトが情報流出によるお詫びに置き換わり、通信販売の受付を一時停止している。 なお、直営店の営業およびサーバーが独立しているの通信販売は通常通り行われていた。 10月13日よりオンラインショップを再開し全面復旧。 脚注 [ ] []• 2014年11月6日放送• (2012年10月5日、関西版)• (2015年4月、)• 東京バーゲンマニア 株式会社. 2019年9月5日. 2020年1月7日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社シャトレーゼ, 2019年11月19日 , 2020年1月7日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社シャトレーゼ, 2019年12月11日 , 2020年1月18日閲覧。 (日本経済新聞プレスリリース速報)• 当時の名称。 動物由来の塩分が含まれることから、正規表示要求により現在は「食塩不使用バター」と表記。 「中央市、賠償請求応じず 水道水白濁問題 「予見は不可能」 シャトレーゼに伝える」(2007年5月9日、)• 「菓子製造のシャトレーゼ、主力2工場の生産に使う水を天然水に全面切り替え」(2007年5月17日、)• 「シャトレーゼ:会員情報流出か…最大20万人以上」(2015年7月30日、毎日新聞)• 「シャトレーゼにSQLインジェクション攻撃、情報流出の疑い」(2015年7月30日、ITmedia) 関連項目 [ ]• - に本社を置く菓子製造販売会社。 九州進出時に競合していたが、2015年にシャトレーゼホールディングス傘下入りし関連会社となっている。 - 1号機のスポンサーを務める他、として茶菓を提供している。 - シャトレーゼと契約を結び、一部のヤマダ電機LABI店内でシャトレーゼの店舗を運営している。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

死角はあるか?コスパ最強の洋菓子店シャトレーゼ快進撃の秘密

シャトレーゼ 高知 万 々 店

プロフィール:長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ) 兵庫県出身。 同志社大学法学部卒業。 業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。 ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。 共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)、『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ、行列研究所名儀)など。 スイーツショップ受難の時代を跳ね返す、シャトレーゼのビジネスモデル 1本60円(税別)のアイスバー「チョコバッキー」をはじめ、 高品質のスイーツを信じがたいほどの安さで提供するチェーンが、「 シャトレーゼ」である。 シャトレーゼ外観 そうした顧客からの高評価もあり、シャトレーゼは好調な業績を続けていて、成長性が高い。 海外を含めた店舗数は、3月期の決算推移を見ると、2015年の461店から19年は578店へと、 過去4年で100店を上回る増加となっている。 また、持株会社シャトレーゼホールディングス(本社・山梨県甲府市)の連結売上高も、15年の540億400万円から、 19年は662億3,400万円へと2割以上伸びている。 近年のスイーツ店は、個人経営の店や不二家、銀座コージーコーナーなどの老舗チェーンが不振と言われ、コンビニなどに顧客を取られているとされるが、 シャトレーゼには無縁の快進撃ぶりである。 今年9月には、都心型の新ブランド「 Yatsudoki( ヤツドキ)」 1号店を銀座にオープンし、郊外ばかりでなく東京をはじめとする都市部への侵攻を開始した。 シャトレーゼのスイーツショップ受難の時代を跳ね返す、ビジネスモデルを追った。 ヤツドキ外観 シャトレーゼが低価格で高品質の商品を販売できる大きな理由は、農場、工場、店舗が一体となった「 ファームファクトリー」という独自のビジネスモデルにある。 中間に商社や問屋を通さないから、その分の費用が発生せず、市場の商品よりも安く売ることができるのである。 要は契約農場から素材を直接仕入れ、自社工場でお菓子をつくる。 お菓子は全国の直売店に、専用便で配送している。 生産から物流、 販売までコントロールする、ファームファクトリーのシステムこそが「おいしいものを、お値打ちで」という同社の理念を支えている。 これは、アパレルになぞらえれば、ユニクロ、ギャップ、ワークマンなどと同様な製販が垂直統合された、 製造小売業のスイーツ版だ。 しかし、シャトレーゼは当初から製造小売業を目指していたわけではなく、当初は量販店、つまり スーパーマーケットに商品を卸して売っていた。 ところが1984年に本社工場が竣工して、これから本格稼働という時に、従来からあった 主力工場が火事で焼失してしまった。 懸命に建て直しをはかっている間に、他のメーカーの商品が代わりにスーパーの棚を埋めてしまった。 そこでやむなく85年、甲府市内に 工場直売店を出店するのだが、 見事にピンチをチャンスに変えた。 けがの功名と言えよう。 値段は卸売価格そのままとしたので、市場よりも 2割~3割安く売った。 だから人気が爆発した。

次の