ニッセン クレジット サービス。 ニッセン・クレジットサービスとは

ニッセン・クレジットサービス株式会社 / 【京都】WEB施策の企画・運用 / 32452461_62:マイナビ転職エージェントサーチ

ニッセン クレジット サービス

ニッセン・クレジットサービス株式会社 Nissen Credit Service Co. , Ltd. 市場情報 非上場 本社所在地 〒601-8412 西九条院町26番地 設立 2000年10月 その他金融業 事業内容 金銭貸付業、クレジットカード業、生命保険の募集に関する業務および損害保険代理業、情報提供サービス業、上記に関連するコンサルティング業など 代表者 代表取締役会長 柳瀬重人 代表取締役社長 竹本理行 資本金 40億5,000万円 売上高 77億1400万円(2018年12月31日時点) 営業利益 7億8700万円(2018年12月31日時点) 経常利益 8億0600万円(2018年12月31日時点) 純利益 6億2800万円(2018年12月31日時点) 純資産 86億円(2018年12月31日時点) 総資産 486億4900万円(2018年12月31日時点) 従業員数 260名 主要株主 50% 50% 外部リンク テンプレートを表示 ニッセン・クレジットサービス(: Nissen Credit Service Co. , Ltd. )は、において事業を行っている株式会社である。 概要 [編集 ] 2000年10月、通信販売大手のニッセンを擁すると、日本でもクレジット事業を行っていたGE()の2社が出資し、 ニッセン・ジー・イー・クレジットとして設立された。 2016年12月、がGEの持株譲渡を受け、2017年6月、商号を ニッセン・クレジットサービスに変更した。 有効会員数は300万人。 クレジットカード [編集 ] 提携カード [編集 ]• マジカルクラブTカードJCB 2014年4月に発行を開始。 国際ブランドであるを付帯している提携カード。 利用額に応じが付与される。 マジカルクラブカード 2014年3月で新規発行を終了。 国際ブランドを付帯していない為、ニッセンでのショッピングしか利用出来ない。 利用額に応じマジカルポイントが付与された。 マジカルクラブカードJCB 2014年3月で新規発行を終了。 マジカルクラブカードにJCBブランドを付帯した提携カード。 利用額に応じマジカルポイントが付与された。 加盟・登録状況 [編集 ] 登録番号• 包括信用購入あっせん業者登録番号: 近畿 包 第20号• 貸金業者登録番号: 近畿財務局長 4 第00732号• 日本貸金業協会会員: 第002848号• 社団法人日本クレジット協会会員: 第123970000号 加盟協会• 社団法人• 加盟認定個人情報保護団体• 社団法人日本クレジット協会 加盟先個人信用情報機関• 株式会社 脚注 [編集 ] [].

次の

【注意】0120829615はしつこいニッセン・クレジットです!

ニッセン クレジット サービス

TIS株式会社 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、ニッセン・クレジットサービス株式会社(本社:京都府京都市 代表取締役社長:竹本 理行 以下:ニッセン・クレジットサービス)のクレジットカード業務を支える新基幹システムを構築したことを発表します。 本プロジェクトでは、TISのコンポーネント型ソフトウェア「CreditCube クレジットキューブ 」を活用し、ニッセン・クレジットサービスの協力のもと、標準コンポーネントに個社対応部分を追加していく方法で、要件定義開始から14ヵ月の短納期でシステム構築し、新基幹システムへの移行を支援しました。 また、新基幹システムはクレジットカード会社として準拠が必要なPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)にも対応しており、「PCI DSS準拠」も実現しています。 ニッセン・クレジットサービスの新基幹システムは、2019年3月より本稼働を開始しています。 TISは、今後もニッセン・クレジットサービスの事業戦略・施策に応じたシステムを提供していきます。 また、新基幹システムへの移行やPCI DSS準拠に課題を持つ、クレジットカード会社や今後のクレジットカード業務への参入を検討している事業者向けにも「CreditCube」を活用した低コストかつ短納期での新システム構築を支援していきます。 背景 ニッセン・クレジットサービスでは利用していたASP型のクレジット基幹システムのサービス終了に伴い、次期システムの検討を開始しました。 納期・コスト・品質・実績の観点で検討を進める中で、以下の理由から新基幹システムの構築にTISによる「CreditCube」を活用した構築を選定しました。 TISと「CreditCube」の選定理由• クレジット基幹業務に必要な新システムを要件定義工程の開始から14か月間(2019年3月末までに)の短納期でリリースできること• PCI DSSに準拠したシステムが構築できること• 「CreditCube」は国内で既に3社の導入実績があり各社ともに安定稼働していること 短納期プロジェクトの成功要因 明確な基本方針に基づくプロジェクト推進 短納期での実現に向けて、「カスタマイズ範囲に対して選択と集中」と「システムに合わせた業務プロセス構築」という明確な基本方針を、TISとニッセン・クレジットサービスの両社で合意しました。 その後、機能重複のない他の要件の開発を行うという順序とすることで、開発作業を並走し、遅延発生リスクを低減しました。 これにより要件定義時のマスタースケジュールの変更がなくプロジェクトを推進できた点も成功要因の一つとなりました。 「CreditCube」について 「CreditCube」は、標準コンポーネントに個社対応部分を追加していくことで、低コスト・短納期での機能追加が可能なコンポーネント型のソフトウェアです。 ニッセン・クレジットサービス株式会社について ニッセン・クレジットサービスは、ニッセンが通信販売で培ったマーケティングやコールセンターなどのビジネス・ノウハウと、リテールバンキングの分野で先進的な商品・サービスを提供してきた新生銀行グループの幅広い経験が融合した合弁企業です。 ニッセン通販のお客様を中心に、これまで300万人以上の会員様に様々な商品やサービスを提供してまいりました。 詳細は以下をご参照ください。 TIS株式会社について TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。 詳細は以下をご参照ください。 TISインテックグループについて TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。 最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。 過去のニュース• 更新日時:2020年4月9日 11時13分.

次の

Q&A

ニッセン クレジット サービス

当社は、通信販売のニッセンと新生銀行との合同事業会社で、個人のお客様にフォーカスした金融サービス業を展開しています。 さらに2014年にはTポイント機能を装備し、常に時代のニーズに対応してきました。 当社は「マジカルクラブTカードJCB」をより便利に、そして、より楽しくポイントをためて、さまざまな場面でお客様に有効に使っていただけるように、今後も成長していきたいと考えています。 お客様のニーズに合わせた革新的で利便性の高い商品やサービスの提供に努めると同時に、コンプライアンスを最重要視し、良き企業市民として成長し続けることを企業目標としています。 正社員へステップアップした方もたくさんいます。 個人ノルマはなく、チーム一丸となって数字目標の達成を目指しています。 また部門間の垣根は低く、他部門との交流もあり、とてもフラットな環境です。 仕事内容 督促回収業務を行うコレクションセンター所属となり、主に回収に関するコールセンター業務を担当します。 【具体的には】 基本的な業務知識、コールセンター業務を習得いただいた後、メンバーとして回収業務にも携わっていただきます。 その後はご自身の実務経験、習得度に応じて、チームマネジメントを担当いただきます。 達成したときにはチームで達成感を共有できます。 【部門構成】 初期督促チーム、長期債権チーム、特殊債権チーム、事務チーム 上記4チームに分かれて業務を行っていますが、今回は「初期督促チーム」メンバーの募集です。 【転職ナビ】は業界最大級の転職求人サイトです。 中途採用の正社員求人や契約社員など、多様な雇用形態の求人検索ができます。 無料電話サポートサービス「転職ナコウド」では、お仕事探し・キャリア相談・履歴書や職務経歴書の書き方・面接対策など、転職に関するお悩みを担当者が一緒に考え、内定獲得まで全力でお手伝いします。 加えて、転職が成功したら「祝い金」をプレゼント。 新たな生活のスタートにお役立てください!.

次の