山下 達郎 bomber。 GO AHEAD!

山下達郎 BOMBER 歌詞

山下 達郎 bomber

こんなカバーがあったとは。 「Bomber」のリリースは1978年の山下達郎のアルバム「GO AHEAD! 」でのこと。 大阪のディスコで火が付いた達郎初期の代表作で、今でもセトリによく入っている。 とは言っても、当時はまだ知る人ぞ知るというレベルの曲。 西城さんもよく目をつけたものだ。 スタジオアルバムには収められておらず、ライブアルバム『BIG GAME '80 HIDEKI』に収録された。 1980年7月18日に後楽園球場において開催した、第3回コンサート「BIG GAME '80 HIDEKI」を収めたものだ。 歌も演奏もなかなかレベルが高い。 欲を言えばベースにもっと重いグルーブが欲しかったところだ。 しかしこのアルバム、すごい選曲だな。 カバーだらけだ。 Record-1 SIDE A アイズ・オブ・ザ・ワールド ロスト・イン・ハリウッド アイランド・ナイツ オールナイト・ロング 男が女を愛する時 Record-1 SIDE B 待ちくたびれて ロック・ミュージック BOMBER ジュライ・モーニング Record-2 SIDE A ツイスト・ガール HIDEKI DISCO SPECIAL GOOD-BY BLUE TRAIN 俺たちの時代 Record-2 SIDE B エンドレス・サマー ホップ・ステップ・ジャンプ YOUNG MAN Y. アレイ・キャッツ トレビの泉 セイリング ロッド・スチュワートの「セイリング」は、まあ、わかる。 しかし「アイズ・オブ・ザ・ワールド」「ロスト・イン・ハリウッド」「オールナイト・ロング」はレインボー、「ジュライ・モーニング」はユーライアヒープだ。 ファンの人もよくついてきたものだと思うが、ヒット曲のオンパレでなくともライブを成立させる、それだけのアーチストパワーがあったのだろう。 このライブアルバムはレコードでのみリリースされ、CD化はされていない。 「Bomber」を含むいくつかの音源は、1999年にリリースされた「HIDEKI SUPER LIVE BOX」に収められているが、これも入手困難である。 フィジカルではなくダウンロードでいいので再発願いたいと思う。 こちらは達郎氏のライブバージョン。 さすがに本家はグルーブが深い。 <この項 おわり> こちらの記事もどうぞ この項おわり bakoji.

次の

西城秀樹さんが歌う山下達郎の「Bomber」

山下 達郎 bomber

解説 [ ] 前作 『』 に収録されているライブの雰囲気からも分かるように、東京を中心とした山下への音楽的評価は決して低いものではなかった。 当時の山下のレコードセールスはその8割近くが東京周辺におけるものだった、という。 CM音楽等において、匿名性の下で活動する作家・ミュージシャンとしての山下の需要は高かったが、レコード会社の契約ミュージシャンとしての、換言するならば「トータル・キャラクター」としての山下への評価は「技術はあるが(セールスの)数字が期待できない」というものにならざるを得なかった。 山下自身も当時、自分の生きてきたやの世界が新しい段階に入ったことを感じ、このまま行けばおそらく自分のレコードやライブ活動はいずれあきらめざるを得ないだろうと思っていたという。 そのため、多分このアルバムが最後になるだろうという悲観的な予測をしていた。 そんな状態では曲作りもままならず、どうせ最後だからやりたいことをやって終わりにしようと書き下ろした数曲は、それまでのものよりずっと作家性の強い作品で、それは、この先作曲家で生きて行こうという意志の表れでもあったという。 アルバム1枚分の曲を書ける自信がなかったので、その頃作曲家として人に提供していた作品や、カヴァーなども入れることにしたので作家性はさらに強まり、『』 からはがらっと変わって、山下自身言うところの五目味、あるいはバラバラな曲調が混在するアルバムとなった。 そのため評論家やリスナーからは、まとまりがないなどと随分批判されたというが、苦し紛れに始めた作家主義が、以降に連なるアルバム制作方針の萌芽だったともいえるという。 アルバム・カヴァーのイラストとデザインは、それまでの3作と同じ。 予算なし、時間なしで、知己を頼みで3日で書いてもらったイラストは、日本のメディアから酷評されたが、アメリカに持っていくと誰もが素晴らしいと褒めてくれ、日本と海外のカルチャー・ギャップはこんなにも深いのかと思わされたという。 「」「」「」の3曲は、『』 に収録されたほか、「PAPER DOLL」を加えた4曲が『』 に収録された。 本作では、担当ディレクターのも、コーラスやパーカッションの演奏で参加している。 収録曲 [ ] SIDE A [ ]• OVERTURE — 0:48 一人アカペラによるオープニング曲。 主にCMの仕事で実験してきた一人多重の成果を、本作から意識的に多用し始めた。 LOVE CELEBRATION — 4:26 もともとは1978年 1978 春に、プロデュースでリンダ・キャリエール(Linda Carriere) という女性シンガーのアルバムが企画・制作されたが、 の出来が思わしくなく、デモ・レコーディングのみで中止となった。 山下はそのアルバムのために2曲を書き下ろしたが、もったいないのでそのうちの1曲であるこの曲を、本作で使用した。 同年、この曲にはによる「バイブレイション」という日本語の歌詞が付けられ、の歌でシングル・カットされた(アルバム『TOKYO SPECIAL』に収録、は)。 — 4:12 ある日、東芝のディレクターからのアルバムを作るので曲を書いて欲しいと、突然電話が来た。 行ってみると、既に歌詞はすべてできていて、3曲分が渡された。 の詞が2曲、の英語詞が1曲。 その中の1曲がこのだった。 当時、自分用の曲が全然できなかったため、この曲もこのアルバムのレコーディング・リストに加えたところ、この曲のいきさつを全く知らなかったディレクターが「これはいい。 この曲をシングルにしよう」と、あれよあれよという間に、アルバム4作目にして初のシングル曲となった。 この当時、レコード会社は何の関心も示さず、そのためジャケット写真はアメリカで小杉に撮ってもらったスナップが使われた。 4人の緊張感の衝突ともいうべき演奏によって山下自身、素晴らしいテイクに仕上がったと思っている。 エンディング近くのピアノのグリス・ダウンが落ちきって静寂が訪れた時、コントロール・ルームで聴いていた全員がため息をついたという。 ついておいで FOLLOW ME ALONG — 4:48 当時アメリカで流行していた16ビートの世界をやってみたいとの理由で作られた。 ヴァースには、別に作られていたモチーフから持ってきたものが付けられている。 2010年 2010 発売のシングル「」 に2009年 2009 のライブ・ヴァージョンが収録された。 SIDE B [ ]• — 5:58 このアルバムで最初にレコーディンされたこの曲は当時、・ファンクに耽溺していたので、こういった曲調を一度やってみたかったというだけの作品だったという。 本作のレコーディングはそれまでとは違ったライン・アップで行きたいと思い、以前からセッションで目を付けていたと、旧友のに声をかけ、前作『SPACY』 のレコーディング・メンバーだった上原・田中の二人を加えたメンバーで録音された。 次作『』 は、全面的にこのメンバーでレコーディングが行われた。 シングル「」 のB面に収録された。 — 4:23 自分にとっての隠れた人気曲にあたるというこの曲を作ったもともとの動機は、のようなコード・プログレッションで1曲やってみたかった、という安易な発想だったという。 後にシングル「」 のB面に収録された。 PAPER DOLL — 3:27 シングル用にと1978年春にレコーディングされた作品だったが、レコード会社に「売れない」とシングル発売を拒否された。 ギター・ソロも山下自身の演奏だが、が不得手なので、後からペダルを手で動かしている。 楽器のソロ回しがしやすいことから、ライブでよく演奏されている。 — 3:56 のプロデュースによるによる楽曲のカバー。 山下が一人でドラム、ベース、ピアノ、ギターを演奏した上に、が当時最先端だったを加えて完成された。 山下によれば、自分の前のレコーディングだったのバンドのドラマーのセットをそのまま借りて、この曲のドラムをレコーディングしたという。 2000トンの雨 2000t OF RAIN — 3:05 「ペイパー・ドール」と同じ日のセッションで録音された曲。 従ってこれもアルバム『』 以前の作品となる。 『ポッピン・タイム』収録の「スペイス・クラッシュ」はこの曲の歌詞のバリエーションだったが、発表が後先になった。 1975年 1975 に始まった「電リク'75」のエンディング・テーマ()のモチーフからふくらませて作られた曲。 山下によれば、小ぶりのウォール・オブ・サウンドといったところで、この曲も「潮騒」同様、隠れた人気曲だという。 , 1977 P. BVCR-17015 [ ] 『 GO AHEAD! 』 の リリース 2002年2月14日 2002-02-14 録音• CDには各タイトル毎に未発表音源を含む収録にて再度リイシューされた。 本作には未発表音源3曲をボーナス・トラックとして収録。 収録曲 [ ]• OVERTURE (オーヴァーチュア) — 0:47• LOVE CELEBRATION (ラブ・セレブレイション) — 4:25• — 4:14• MONDAY BLUE (マンデイ・ブルー) — 7:12• ついておいで FOLLOW ME ALONG — 4:51• — 5:56• — 4:22• PAPER DOLL (ペイパー・ドール) — 3:28• — 3:55• 2000トンの雨 2000t OF RAIN — 3:09• 潮騒 [英語ヴァージョン -English Version-] (未発表 -Previously Unreleased-) — 4:21 当時、山下が所属していた出版社、では、海外マーケットに売り込む目的で、作品に英語詞を付けるという試みが盛んに行なわれていた。 多くは外国のシンガーによってデモが作られていたが、山下自身が仮歌を入れた「潮騒」の英語ヴァージョンが残っていたことから、収録された。 2000トンの雨 [] (未発表 -Previously Unreleased-) — 3:06 生演奏では再現できない曲のため、1978年 1978 暮れにアルバム発売記念ライブを行った際、ステージで歌うために作られた。 潮騒 [カラオケ -Karaoke-] (未発表 -Previously Unreleased-) — 4:19 本作収録のために英語ヴァージョンをリミックスした際、あわせて作られたカラオケ。 音源が発見できなかったため、最後ののSEは収録されていない。 クレジット [ ]• Electric Guitar Left ,• 山下達郎 :• Electric Guitar Left , Percussion, Bang! 山下達郎 :• Electric Guitar, Bass ,• 山下達郎 :• Electric Guitar, Percussion• 山下達郎 :• Electric Guitar, Arp Odyssey Synthesizer Bass ,• 小杉は、過去に「春城伸彦」の芸名で、GSバンド『ブルー・シャルム』のドラマーとして活動した経験がある。 のと同姓同名だが、同一人物かは不明。

次の

山下達郎 BOMBER 歌詞&動画視聴

山下 達郎 bomber

解説 [ ] 前作 『』 に収録されているライブの雰囲気からも分かるように、東京を中心とした山下への音楽的評価は決して低いものではなかった。 当時の山下のレコードセールスはその8割近くが東京周辺におけるものだった、という。 CM音楽等において、匿名性の下で活動する作家・ミュージシャンとしての山下の需要は高かったが、レコード会社の契約ミュージシャンとしての、換言するならば「トータル・キャラクター」としての山下への評価は「技術はあるが(セールスの)数字が期待できない」というものにならざるを得なかった。 山下自身も当時、自分の生きてきたやの世界が新しい段階に入ったことを感じ、このまま行けばおそらく自分のレコードやライブ活動はいずれあきらめざるを得ないだろうと思っていたという。 そのため、多分このアルバムが最後になるだろうという悲観的な予測をしていた。 そんな状態では曲作りもままならず、どうせ最後だからやりたいことをやって終わりにしようと書き下ろした数曲は、それまでのものよりずっと作家性の強い作品で、それは、この先作曲家で生きて行こうという意志の表れでもあったという。 アルバム1枚分の曲を書ける自信がなかったので、その頃作曲家として人に提供していた作品や、カヴァーなども入れることにしたので作家性はさらに強まり、『』 からはがらっと変わって、山下自身言うところの五目味、あるいはバラバラな曲調が混在するアルバムとなった。 そのため評論家やリスナーからは、まとまりがないなどと随分批判されたというが、苦し紛れに始めた作家主義が、以降に連なるアルバム制作方針の萌芽だったともいえるという。 アルバム・カヴァーのイラストとデザインは、それまでの3作と同じ。 予算なし、時間なしで、知己を頼みで3日で書いてもらったイラストは、日本のメディアから酷評されたが、アメリカに持っていくと誰もが素晴らしいと褒めてくれ、日本と海外のカルチャー・ギャップはこんなにも深いのかと思わされたという。 「」「」「」の3曲は、『』 に収録されたほか、「PAPER DOLL」を加えた4曲が『』 に収録された。 本作では、担当ディレクターのも、コーラスやパーカッションの演奏で参加している。 収録曲 [ ] SIDE A [ ]• OVERTURE — 0:48 一人アカペラによるオープニング曲。 主にCMの仕事で実験してきた一人多重の成果を、本作から意識的に多用し始めた。 LOVE CELEBRATION — 4:26 もともとは1978年 1978 春に、プロデュースでリンダ・キャリエール(Linda Carriere) という女性シンガーのアルバムが企画・制作されたが、 の出来が思わしくなく、デモ・レコーディングのみで中止となった。 山下はそのアルバムのために2曲を書き下ろしたが、もったいないのでそのうちの1曲であるこの曲を、本作で使用した。 同年、この曲にはによる「バイブレイション」という日本語の歌詞が付けられ、の歌でシングル・カットされた(アルバム『TOKYO SPECIAL』に収録、は)。 — 4:12 ある日、東芝のディレクターからのアルバムを作るので曲を書いて欲しいと、突然電話が来た。 行ってみると、既に歌詞はすべてできていて、3曲分が渡された。 の詞が2曲、の英語詞が1曲。 その中の1曲がこのだった。 当時、自分用の曲が全然できなかったため、この曲もこのアルバムのレコーディング・リストに加えたところ、この曲のいきさつを全く知らなかったディレクターが「これはいい。 この曲をシングルにしよう」と、あれよあれよという間に、アルバム4作目にして初のシングル曲となった。 この当時、レコード会社は何の関心も示さず、そのためジャケット写真はアメリカで小杉に撮ってもらったスナップが使われた。 4人の緊張感の衝突ともいうべき演奏によって山下自身、素晴らしいテイクに仕上がったと思っている。 エンディング近くのピアノのグリス・ダウンが落ちきって静寂が訪れた時、コントロール・ルームで聴いていた全員がため息をついたという。 ついておいで FOLLOW ME ALONG — 4:48 当時アメリカで流行していた16ビートの世界をやってみたいとの理由で作られた。 ヴァースには、別に作られていたモチーフから持ってきたものが付けられている。 2010年 2010 発売のシングル「」 に2009年 2009 のライブ・ヴァージョンが収録された。 SIDE B [ ]• — 5:58 このアルバムで最初にレコーディンされたこの曲は当時、・ファンクに耽溺していたので、こういった曲調を一度やってみたかったというだけの作品だったという。 本作のレコーディングはそれまでとは違ったライン・アップで行きたいと思い、以前からセッションで目を付けていたと、旧友のに声をかけ、前作『SPACY』 のレコーディング・メンバーだった上原・田中の二人を加えたメンバーで録音された。 次作『』 は、全面的にこのメンバーでレコーディングが行われた。 シングル「」 のB面に収録された。 — 4:23 自分にとっての隠れた人気曲にあたるというこの曲を作ったもともとの動機は、のようなコード・プログレッションで1曲やってみたかった、という安易な発想だったという。 後にシングル「」 のB面に収録された。 PAPER DOLL — 3:27 シングル用にと1978年春にレコーディングされた作品だったが、レコード会社に「売れない」とシングル発売を拒否された。 ギター・ソロも山下自身の演奏だが、が不得手なので、後からペダルを手で動かしている。 楽器のソロ回しがしやすいことから、ライブでよく演奏されている。 — 3:56 のプロデュースによるによる楽曲のカバー。 山下が一人でドラム、ベース、ピアノ、ギターを演奏した上に、が当時最先端だったを加えて完成された。 山下によれば、自分の前のレコーディングだったのバンドのドラマーのセットをそのまま借りて、この曲のドラムをレコーディングしたという。 2000トンの雨 2000t OF RAIN — 3:05 「ペイパー・ドール」と同じ日のセッションで録音された曲。 従ってこれもアルバム『』 以前の作品となる。 『ポッピン・タイム』収録の「スペイス・クラッシュ」はこの曲の歌詞のバリエーションだったが、発表が後先になった。 1975年 1975 に始まった「電リク'75」のエンディング・テーマ()のモチーフからふくらませて作られた曲。 山下によれば、小ぶりのウォール・オブ・サウンドといったところで、この曲も「潮騒」同様、隠れた人気曲だという。 , 1977 P. BVCR-17015 [ ] 『 GO AHEAD! 』 の リリース 2002年2月14日 2002-02-14 録音• CDには各タイトル毎に未発表音源を含む収録にて再度リイシューされた。 本作には未発表音源3曲をボーナス・トラックとして収録。 収録曲 [ ]• OVERTURE (オーヴァーチュア) — 0:47• LOVE CELEBRATION (ラブ・セレブレイション) — 4:25• — 4:14• MONDAY BLUE (マンデイ・ブルー) — 7:12• ついておいで FOLLOW ME ALONG — 4:51• — 5:56• — 4:22• PAPER DOLL (ペイパー・ドール) — 3:28• — 3:55• 2000トンの雨 2000t OF RAIN — 3:09• 潮騒 [英語ヴァージョン -English Version-] (未発表 -Previously Unreleased-) — 4:21 当時、山下が所属していた出版社、では、海外マーケットに売り込む目的で、作品に英語詞を付けるという試みが盛んに行なわれていた。 多くは外国のシンガーによってデモが作られていたが、山下自身が仮歌を入れた「潮騒」の英語ヴァージョンが残っていたことから、収録された。 2000トンの雨 [] (未発表 -Previously Unreleased-) — 3:06 生演奏では再現できない曲のため、1978年 1978 暮れにアルバム発売記念ライブを行った際、ステージで歌うために作られた。 潮騒 [カラオケ -Karaoke-] (未発表 -Previously Unreleased-) — 4:19 本作収録のために英語ヴァージョンをリミックスした際、あわせて作られたカラオケ。 音源が発見できなかったため、最後ののSEは収録されていない。 クレジット [ ]• Electric Guitar Left ,• 山下達郎 :• Electric Guitar Left , Percussion, Bang! 山下達郎 :• Electric Guitar, Bass ,• 山下達郎 :• Electric Guitar, Percussion• 山下達郎 :• Electric Guitar, Arp Odyssey Synthesizer Bass ,• 小杉は、過去に「春城伸彦」の芸名で、GSバンド『ブルー・シャルム』のドラマーとして活動した経験がある。 のと同姓同名だが、同一人物かは不明。

次の