豪ドル 見通し 10年後。 オーストラリアドル為替レートこの先の見通しは?

2020年ニュージーランドドル(NZドル)円の為替見通しを10年チャートで予想

豪ドル 見通し 10年後

出所:リフィニティブ・データよりマネックス証券が作成 要するに、 豪ドルは過去5年の平均値を10%以上も上回ってくると、いつ下落に転換してもおかしくない、「割高」警戒域に入ってきたわけだ。 ちなみに、足元の5年MAは80円程度。 これを1割上回るなら、大雑把にいえば90円になる。 以上を参考にすると、 豪ドルは90円を上回るまでは、長期的な下落トレンドへの転換の可能性が低いといえそうだ。 さて、今度は豪ドルを購買力平価との関係で見てみよう。 購買力平価とは、物価で計算した為替の適正水準という考え方であり、大前提は「一物一価」。 たとえば、このパンを日本で買ったら100円、同じパンを米国で買ったら1米ドルなら、パン=100円=1米ドルなので、パンの購買力平価は1米ドル=100円となる。 当然だが、パンとは違う物価で計算すると、購買力平価も変わってくる。 さて、 豪ドルは、2000年以降、おおむね日豪の生産者物価で計算した購買力平価を下限に、一方消費者物価で計算した購買力平価を上限としたレンジ内で推移してきた(図表3参照)。 足元でそれは、48円、98円程度。 出所:リフィニティブ・データよりマネックス証券が作成 以上の 購買力平価を参考にすると、豪ドルはこの先数年間、上がっても100円を上回る可能性は少なく、一方で下がっても50円を割れる可能性は少ないといえそうだ。 以上を総括すると、豪ドルは当面100円に向かう動きとならない限り、本格的な下落トレンドへ転換する可能性は低い。 下落トレンドが本格化した場合、または一時的な下落であっても60円を割れる可能性は極めて低い。 一方で、続伸した場合でも、100円を上回る動きは限定的にとどまりそうだ。 この原稿を執筆している2 020年6月10日現在、1豪ドル=70円台での推移となっているが、以上からするとそれは長期的に上がり過ぎ、下がり過ぎのどちらでもない、為替リスクの観点では「ニュートラル」な状況にあるといえるだろう。 当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。 記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。 過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。 提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。 当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。 内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

次の

【2020年】豪ドル円(オーストラリアドル)の長期見通し・予想がヤバい!今後は価格上昇する!?|今すぐ始めるFX投資

豪ドル 見通し 10年後

豪ドルの金利とスワップを確認 豪ドルは高金利通貨というイメージが強いかもしれませんが、実は南アフリカランドやメキシコペソなどと比べてもすごく高い金利があるわけではありません。 実際に他の通貨と比べたときに金利は高いのか、低いのか、スワップポイントでどの程度リターンを得られるのか見ていきましょう。 豪ドルの金利を比較 グラフの赤い線が豪州の金利です。 豪ドルと言えば高金利通貨というくらい金利が高いイメージがありましたが、最近は低金利傾向が続いています。 2018年以降はついに米ドルよりも金利が低くなり、2019年6月現在の政策金利は過去最低の1. 2019年6月の時点で 1豪ドル=74. 15円付近を推移しています。 スワップポイントは各社差があるものの、1万通貨あたり、1日26円程度得ることができます。 現在の価格、金利が続けば30日間で780円、1年間で9490円のスワップ金利を受け取ることができます。 さらに同じ条件でいくつかの投資枚数のパターンでシミュレーションしてみたいと思います。 投資条件は以下とします。 投資金額:100万円 1年間運用 為替レート・政策金利の変動は考慮しない。 実効レバレッジ 1年後の資産額 年利 ロスカットライン 2万通貨 1. 157円 3万通貨 2. 518円 4万通貨 2. 198円 5万通貨 3. 407円 6万通貨 4. 879円 7万通貨 5. 359円 2万通貨~7万通貨まで投資して上記のようなシミュレーション結果となりますが、5万通貨ではややレバレッジが高くなり、高リスクになります。 100万円での投資なら3~4万通貨で安全に運用していくのがおすすめです。 豪ドル円の価格予想と見通し それでは 今後の豪ドルの価格の見通しについて分析してきたいと思います。 現在は前回の安値2016年6月の72. 50円に近付きつつある重要ポイントに来ています。 ここを下抜けるようであればもう一段安、 反発すれば一旦79~80円付近が上値の重要ラインとなります。 68ドル付近に価格が到達していますので、ここを底として反発するのか、下抜けて一段安となるのか重要なポイントに差し掛かっています。 反発した際の上昇の目途は0. 72ドルです。 Aのトレンドが終わった後にボリンジャーバンドの幅が収縮するスクイーズが見られます。 この後、バンドの幅が大きく広がるエクスパンションが起き、価格は下落しはじめた所です。 スクイーズはトレンド発生の前兆となることが多い現象です。 つまり、短期的な下降トレンドが始まった可能性があります。 ただ、現在は長期予想でも解説した通り、2016年6月の安値を試す局面です。 現在はバンドの角度は平行になっている状態です。 今後は0. 685ドル~0. 70ドル付近を行き来する展開が予想されます。 豪ドルの政策金利予想と見通し 近年は低金利で推移している豪州の政策金利ですが、なぜここまで低金利になったのでしょうか? 今後の金利の予想と共に解説したいと思います。 高金利政策を取る必要がなくなったオーストラリア 豪州が低金利になった理由は結論から言えば「 高金利にする必要がなくなった」からです。 オーストラリア準備銀行(RBA)の金融政策はインフレ・ターゲット政策を採用しています。 利上げはインフレ率を抑えるために行われますが、新興国の場合、高いインフレ率が経済の足枷となるため、利上げをして、インフレを抑制させる政策を取ります。 さらに利下げにより国内の投資活動が活発になりますので、国内経済を活性化させるメリットももあり、 目先は利上げではなく低金利水準で金利据え置きする、または金利引き下げという見方が大きくなっています。 これは5月の政策決定会合の議事録にも利下げが行われることがほのめかされていたため、市場では予想通りの展開となりました。 利下げは2016年8月以来2年10ヵ月ぶりとなります。 今後の政策金利は主に雇用情勢などに改善が見られない場合は追加利下げ、または経済の状況注視しながら金利据え置きかに注目がされています。 オーストラリアの労働市場は 雇用の伸びは強いと評価していますが、賃金の伸び悩みなどが課題になっています。 今後の労働市場を見ながら、利下げによって住宅・設備投資が刺激されれば当面RBAはこれまでの姿勢を崩さずに金利据え置きとなります。 金利予想2:さらに段階的に利下げを行っていく 今回の利下げで労働市場に改善がなく、物価の上昇が期待できない場合は追加で段階的に追加利下げを行っていく可能性があります。 現在の豪州は低インフレが続く中、米中貿易戦争が激化していることで 輸出の伸びが減少している状態です。 国内では住宅価格の下落がインフレ率を下げていますので、これらが今回の利下げで改善されない場合は今後も利下げを実施する可能性があります。 2019年 豪ドルの上昇の見通し 豪ドルの値動きは海外情勢や商品価格が大きく影響します。 現在は下降トレンドを描いていますが、ここでは特に豪ドルの上昇に影響するポイントを挙げていきます。 米中関係の情勢が豪ドルの上昇を左右 2019年の豪ドルの上昇を左右するポイントは追加利下げの可能性と米中関係の行方です。 豪ドルは6月4日にRBAが利下げを決定したこと、米中貿易摩擦が長期化していることから軟調に推移しています。 利下げに関しては市場はRBAに対して追加利下げを期待しているため、豪ドルは上値が重い状態です。 追加利下げは市場がある程度織り込み済みとなっていますので下値は限定的と思われますが、米中関係が悪化した場合は一時的な急落もありますので要注意です。 逆に、利下げにより豪州の経済が上向きとなること、米中関係が改善に向かったとのニュースが入れば修正的な上昇を期待することができます。 豪ドルは79円台まで上昇の余地がある 上昇の一旦の目標値はまずは直近の揉み合いの 75~76円を上抜けること、さらに2019年1月から4月までも揉み合いの下値である77円台後半から200日移動平均線が推移している79円付近となります。 豪ドルの価格変動の特徴 豪ドル相場の価格の動きの特徴は• 資源価格• 中国景気• 取引通貨との金利差 で左右される傾向があります。 資源価格に連動しやすい オーストラリアは資源国ですので資源価格が為替に影響しやすいという特徴があります。 オーストラリアの輸出品目は半分ほどが 鉄鉱石、石炭、アルミニウムをはじめとする鉱産物ですので、資源価格が上昇すると豪景気の上昇につながり、 豪ドルは鉄鉱石価格、石炭価格に連動する傾向があります。 中国の景気に影響されやすい オーストラリアの資源の最大の輸出先は 中国です。 したがって、中国経済が好調になればオーストラリアにとっては好影響になり、中国経済が悪化するとオーストラリア経済も悪化すると言われているほど 中国景気と豪ドルは相関関係にあります。 取引通貨の金利差が価格の上下に影響する 豪ドルは高金利通貨の筆頭銘柄として人気を得てきました。 現在は低金利ですが、未だ高金利通貨のイメージは消えていません。 そして、この豪ドルの高金利通貨としてのイメージが為替レートにも影響を与えています。 オーストラリアの利下げも下降要因となりますが、 米ドルや円、ユーロなど取引通貨が利上げした場合も豪ドルとの金利差が縮まるため、下降要因となります。 したがって豪ドルだけでなく、取引通貨の金利動向も豪ドルの価格に影響を与えます。 豪ドルの下落するリスクと見通し 今後豪ドルが下落する見通しを考えてみました。 どのようなリスクがあるのか、一つづつご紹介をしていきます。 リスク1 米中貿易戦争への懸念 オーストラリアの最大の輸出相手国は中国ですが、現在中国は 米中貿易戦争の真っただ中です。 米中の貿易摩擦が和解に進まないままお互いエスカレートしていけば中国の景気が落ち込んでくるリスクが出てきます。 そうなると豪州から中国への輸出量が落ち込み、豪州経済にも打撃が生じてきます。 今後米国のトランプ大統領の予測不能な発言によっては豪ドル相場に一時的な影響がでる可能性もあり、注意が必要です。 リスク2 RBAの利下げによる下落リスク 豪ドルは金利差狙いで投資をしている投資家が多くいますので、 最近の低金利は豪ドルの投資対象としての魅力は減少しているといえます。 さらに2019年6月の利下げは豪ドルの上値を押さえています。 RBAの追加利下げは市場では半数が織り込み済み、半数は据え置きを予想していますので、 今後追加利下げが行われることがあれば一時的に豪ドル安の局面になるおそれがあります。 リスク3 リスクオフ相場で大幅下落しやすい 豪ドルは騰落率が主要先進国通貨の中でも大きく、 リスクオフ相場では新興国通貨並みの騰落率をする傾向があります。 資源価格との連動性とリスク局面でリスク回避のために売られやすい通貨であるため、ショック相場では大幅下落を起こしやすい通貨です。 ボラティリティは常に高く、豪ドルへの投資では 為替変動リスクには注意が必要です。 予想総括まとめ この記事のまとめ• 豪ドルは金利が高いイメージがあったが低金利傾向が続いている• ボラティリティは常に高く、豪ドルへの投資では為替変動リスクには注意• 豪ドルは100万円での投資なら3~4万通貨で安全に運用していくのがおすすめ 豪ドルは現在、利下げによる低金利政策と米中貿易摩擦の影響で 軟調推移を継続しています。 豪ドルの上昇にはオーストラリア国内の労働市場の改善と米中貿易摩擦の問題が払拭することが目先の課題となります。 米中の関税問題でアメリカのトランプ大統領が過激な発言をすれば一時的に上海市場が荒れる可能性もあり、その場合はボラティリティの高い豪ドルも急落する可能性は十分にありますので、 ポジション量を管理しながら低レバレッジで運用してくとが肝心です。

次の

豪ドルの今後の見通し(2019年、2020年)予想と、FXでのおすすめ戦略【Yuki】

豪ドル 見通し 10年後

先週の振り返り (画像をクリックしてください。 ページに飛べます) 米ドル研究所の方ではレンジ予想の仕掛け の指し値はかかること無く終了。 ここ数週のボラティリティとは異なる 印象で推移。 株価は堅調ですがドル円はじり安と言う感じ で推移した1週間になりました。 来週も株価とコロナ問題が値動き要因かと。 チャートの節目を見ながらチャンスを推し量ります! レンジ予想のオススメですが いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが これがようやく 3冠 という形で私の目標を達成することが出来ました。 やはり ・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし ・動画コンテンツの更新 ・ツィートでのリアルタイムチャート分析 この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ された結果だと思っております。 趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね 混迷続く為替相場。 その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて おります。 あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか? になります。 趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。 国名を名指ししていないものの、中国の関与が疑われています。 きっかけはコロナウィルスの世界的拡散問題 なんですがこれをに端を発して色んな問題に波及している ように思えます。 このサイバー攻撃報道もその1つ。 値動き要因に発展するのか? 注意深く見ておきたい材料になりますね。 コロナウィルスの世界的拡散問題で新たな 世界になりそうな気配に。 経済活動の国との結びつきも新たな展開を見せそうな 気配ですね。 ランキン参加しております。 この分析が為になったよ! と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。 今年も24週が過ぎ24週中18週が投資に なっております.

次の