クレジットカード マイル 比較。 JALとANA、マイルはどっちで貯めるのがお得?

【最新】JALカードのおすすめはどれ?種類を比較【JALマイルが貯めるクレジットカード】

クレジットカード マイル 比較

順位 カード名称 年会費 年会費無料ステータス ショッピング限度額(上限) ポイント還元率(下限) ポイント還元率(上限) ETCカード年会費 家族カード年会費 電子マネー機能 1位 0円 永年無料 100万円 1. 5マイル) - - 4位 0円 永年無料 0. 5マイル) 500万円(自動付帯:500万円) - 7位 11,000円 - 0. 5マイル) 10,000万円(自動付帯:5,000万円) 5,000万円 クレジットカード絞込検索 カードランク 一般カード ゴールドカード プラチナカード 国際ブランド VISA MasterCard JCB AMEX Diners 銀聯(UnionPay) 年会費 親カード 初年度無料 永年無料 追加カード 初年度無料 永年無料 ETCカード 初年度無料 永年無料 ポイント還元率 ポイント還元率/基本 選択しない 0. 0~1. 0%未満 1. 0% 1. 0%超 ポイント還元率/上限 選択しない 0. 0~2. 0%未満 2. 0~5. 0%未満 5. 0%超 マイル還元率 ANAマイル還元率 選択しない 0. 0~0. 3%未満 0. 3% 0. 3%超 JALマイル還元率 選択しない 0. 0~0. 3%未満 0. 3% 0. 3%超 電子マネー iD QUICPay 楽天Edy WAON Suica nanaco PASMO SUGOCA 保険 海外旅行保険利用付帯 海外旅行保険自動付帯 海外旅行保険家族特約 国内旅行保険利用付帯 国内旅行保険自動付帯 ショッピング保険付帯 フリーワード検索 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) 300万円 ポイント還元率(下限) 1. 9日 3. 9 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) 100万円 ポイント還元率(下限) 1. 5日 4. 2 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) - ポイント還元率(下限) 1. 9日 3. 8 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) - ポイント還元率(下限) 0. 8日 4. 4日 4. 1 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) - ポイント還元率(下限) 1. 2日 3. 9 年会費 1,986円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) 300万円 ポイント還元率(下限) 1. 0日 4. 7日 4. 5 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) 50万円 ポイント還元率(下限) 0. 1日 3. 7 年会費 0円 年会費備考 - ショッピング限度額(上限) 200万円 ポイント還元率(下限) 1. 0日 4. 3 クレジットカードとは? クレジットカードとは、商品を購入するとき、サービス料金を支払う時に「後払い」で支払いができる決済用のカードのことを言います。 単純な「後払い」の機能だけでなく、「ポイント付与」「割引」「保険(旅行傷害保険・ショッピング保険)」「レストラン優待」「ホテル優待」「空港ラウンジ」など、様々なサービスが受けられるカードとなっています。 おすすめのクレジットカードとは? クレジットカードを評価する項目としては「ポイント還元率の高さ」「年会費の安さ」「ステイタス性の高さ」「割引やポイント倍増特典の使い勝手」「保険の手厚さ」「レストラン優待やホテル優待のお得度」など様々なものがあります。 これらの要素を評価し、比較して、総合的におすすめのクレジットカードが決まるのです。 一般カードの場合は「お得」なクレジットカードという要素が一番重視されます。

次の

ANA vs JAL!マイルが貯まるクレジットカードを比較

クレジットカード マイル 比較

を貯めたらお得と聞いたけど、JALとANAのマイルどちらを貯めたらいいんだろう?と悩んでいる方に向けてこの記事を書きました。 どちらも大きな航空会社だからこそ、違いをしっかり理解して選びたいですよね。 ただし、ホームページを見てもたくさんの情報があり、かえって悩んでしまうのではないでしょうか。 この記事では、どちらを貯めるべきかマイル初心者でも選べるように、さまざまな観点からJALとANAを比較しています。 読みすすめていけばあなたにピッタリのマイルがどちらかわかりますよ。 さらに、日常生活でマイルを貯めるのに欠かせないについても、おすすめを紹介しています。 マイルの基本から特徴、使いやすさまでしっかりと解説しているので、これからマイルを貯めたい方はぜひ参考にしてください。 JALとANAマイルを比較!これから貯めるならおすすめはどっち? JALマイルとANAマイルはそれぞれよい点があり、使う方の状況やライフスタイルによってどちらがよいか変わってきます。 また、普段利用するサービスや航空会社の路線にもよるので、一概にどちらかをおすすめすることはできません。 ただし、ざっくりとしたタイプ分けはできるので、最初にそれぞれのマイルを貯めるのにおすすめの方を紹介します。 どちらにも当てはまってしまった方は、ぜひこの記事の詳細まで確認して選んでみてください。 【ANAと比較】JALマイルはこんな人におすすめ JALマイルのほうがあっているのは、下記の条件に当てはまる方です。 JALマイルがおすすめの人• マイルを貯めたら航空券に変えたい• ハイシーズンに飛行機に乗りたい• イオンをよく利用する• 手間をかけずにマイルを集めたい JALマイルのほうが特典航空券に交換しやすく、ハイシーズンでも使いやすいのが特徴です。 マイルを航空券のために貯めたいと考えている方にはぴったりでしょう。 また、JALマイルはとくに手続きせずに、クレジットカードで買いものしたらそのまま貯まっていきます。 申込み・交換などの手続きに手間がかかるのが嫌だという方も、JALマイルが向いているでしょう。 【JALと比較】ANAマイルはこんな人におすすめ ANAマイルのほうがおすすめできるのは以下に当てはまる人です。 ANAマイルがおすすめの人• マイルをゆっくり貯めるために有効期限が長いほうがいい• 飛行機に乗らずにマイルを貯めたい• 楽天のサービスをよく使う• マイルは1円単位で使い切りたい ANAマイルは有効期限を伸ばすことができ、 飛行機に乗らなくてもマイルが貯めやすいのが特徴です。 ゆっくりマイルを貯めたいなと思っている方や、フライトはあまり利用しないけれどもマイルを集めたいという方にぴったりですよ。 利用時は1円単位で端数まで割引に使えるので、航空券以外への交換を考えている人も使いやすいでしょう。 ANAマイルは 楽天関係のサービスと相性がよいのも特徴です。 楽天の通販をよく利用する方や楽天ポイントがあったらうれしい方にもおすすめします。 そもそもマイルとは?貯め方や使い方を一から解説 JALやANAの詳細な比較をする前に、そもそもマイルの仕組みをしっかり理解していますか?なんとなくみんな貯めているから気になるという方もいるのではないでしょうか。 最初にマイルの基本をおさらいしましょう。 マイルの基本• マイルってなんだろう• どうやって貯めたらいいんだろう• 貯めると何がもらえるんだろう という疑問に答えますよ。 マイルってなに?仕組みを解説 マイルは航空会社がおこなっているポイントプログラムです。 基本的に飛行機に乗れば乗るほどポイントがもらえる仕組みになっていて、貯まるとさまざまな特典がもらえます。 航空券がもらえるイメージが強いかもしれませんが、特典は幅広く用意されています。 また、飛行機の利用以外でもマイルが貯まるものもありますよ。 通常でも買い物で貯まり、特約店ならさらに多く貯まるため、 飛行機に乗る機会が少ない方でも十分使えます。 このポイントプログラムは各航空会社がそれぞれおこなっているものです。 日本の航空会社ならばANAやJAL、海外の航空会社のものもあります。 それぞれマイルが もらえる場所や使いやすさに差があるので、ライフスタイルに合ったものを選ぶとよいでしょう。 マイルはどうやって貯められるの? マイルを貯めるためには、まず 航空会社のマイレージプログラムに入会しましょう。 これは、ポイントカード会員になるようなものです。 入会するとマイレージカードというマイル用のポイントカードが発行されます。 カードを手に入れたら、下記の3つの方法でマイルが貯められます。 マイルを貯める方法• 飛行機に乗る• 提携しているクレジットカードを使う• 提携サービスを利用する 飛行機に乗る 飛行機に乗れば乗るほどマイルが貯まる仕組みです。 基本的にフライトでもらえるマイルは下記のように計算されます。 ただし、このマイルがそのままもらえるわけではありません。 値段の高いファーストクラスに乗ればさらにマイルをもらえますし、ツアーの格安商品で飛行機に乗ったならば通常よりポイントが少なくなっても納得できますよね。 このように、 条件に合わせてポイントの価値を上限させるのが積算率です。 フライトの区間と、乗った飛行機の状況によってマイルが決まると理解しておきましょう。 基本的に距離の長いフライトで、高い席や繁忙期に利用するほうがマイルは多くもらえます。 提携しているクレジットカードを使う 飛行機に普段は乗らない方も、クレジットカードを買い物などで使えばマイルを貯められます。 マイルと提携しているクレジットカードを使えば、ポイントをマイルでもらえるのです。 使う クレジットカードによって付与率は変わるので、しっかり比較しましょう。 入会キャンペーンでもらえるマイルもカードによります。 さらに、クレジットカードにより特典への交換マイルが下げられるものもあります。 多様な特典があるので、マイルの付与率とともにチェックしておきましょう。 JALマイルとANAマイルをそれぞれ貯めるのにおすすめのクレジットカードは後ほど詳しく紹介します。 提携サービスを利用する 実は身近にもマイルを貯められるチャンスがあります。 航空会社はさまざまなサービスと提携していて、それらを利用するとポイントが貯まるのです。 ホテルなどの旅行関係のサービスに加え、スーパーやコンビニといった日常的に使う場所も特約店になっていることがあります。 日頃の生活でマイルが貯まっていくのはうれしいですね。 JALやANAマイルは何に交換できるの? せっかくマイルの貯め方がわかっても、使いみちがなくては意味がありませんよね。 実は マイルは飛行機関係以外のサービスにも交換できます。 マイルから交換できるものの例を見てみましょう。 JALマイル ANAマイル 入会金・年会費 無料 無料 ポイント有効期限 3年 3年 ただし5年まで伸ばせる 航空券引換最低マイル 国内 6,000マイル 5,000マイル 航空券引換最低マイル 海外 7,500マイル 12,000マイル ポイント交換 WAON、Pontaポイントなど nanaco、楽天ポイントなど それぞれもう少し具体的に説明していきますね。 JALマイルの特徴は? JALマイルを貯めるためのJALマイレージバンクも 入会金・年会費ともに無料です。 マイルは3年間で失効します。 国内の航空券は片道6,000マイル、海外では片道7,500マイルから交換可能です。 また、「どこかにマイル」では行き先はランダムですが、往復6000マイルで航空券が手に入ります。 航空券以外にはPontaポイントやSuicaのチャージに変更することが出来ますよ。 JALマイル ANAマイル 有効期限 3年 3年 ただし5年まで延長可 入会ポイント 一般カード 300マイル 1,000マイル キャンペーンが多め カード更新 1,000マイル JAL搭乗が必要 1,000マイル 特約店 イオン ファミリーマート ENEOSなど セブンイレブン 大手百貨店など 有効期限を伸ばすことができ、クレジットカード更新時に自動でポイントがもらえるなどのメリットがあるため、ANAマイルのほうが貯めやすいと言えます。 また、入会キャンペーンを頻繁にやっているのもANAの特徴です。 それぞれの項目について、もう少し詳しく確認していきましょう。 有効期限を比較 有効期限に関してはANAに軍配が上がります。 JAL、ANAともにマイルの有効期限は3年間です。 ただし、ANAマイルは有効期限を伸ばす裏技が2つあります。 ANAマイルの有効期限を伸ばす裏技• SKYコインに交換する• ショッピング利用のポイントをとっておく SKYコインとは、航空券や旅行商品の支払いに使えるポイントです。 1マイルは基本的に1コインに変換でき、手に入れてからの有効期限は1年間あります。 つまり、 ANAマイルの有効期限が切れそうなときにコインに変えてしまうことで、失効までの期間を1年伸ばせるのです。 さらにANAカードのクレジット利用で貯めたポイントは、マイルに変換せずに持っておくことができます。 ポイントは2年間有効なので、マイルに交換せずにギリギリまで粘りましょう。 ポイントの期限が切れる直前にマイルに変えれば、そこから3年間有効です。 つまり、実質有効期限は5年になります。 ゆっくりポイントを貯めたい方はANAのほうがよいでしょう。 クレジットカードでたまるポイントを比較 クレジットカードの発行でマイルをためやすいのはANAでしょう。 ANAカードのほうが入会キャンペーンが充実しており、もらえるマイル数も多めです。 一般カードでも 入会後に条件を満たせば17,500マイルもらえるなど、期間限定で多くのお得なキャンペーンをやっています。 そのうえ、カードを更新ごとにマイルが貯まるのもANAカードの魅力です。 JALカードの場合は、カード更新後に搭乗しないと更新ボーナスがもらえません。 また、入会キャンペーンでもらえるマイルも10,000マイルを切っていることが多く、ANAに比べると見劣りします。 ポイントを貯められる場所を比較 普段の買いものにクレジットカードを使ってマイルを貯めたいと考えている方は、ボーナスが貯まる場所を比較して決めてもよいでしょう。 ANAカードならば セブンイレブンで追加のマイルが貰えます。 また、ANAマイレージモールから 楽天市場を利用すればこちらも200円ごとに1マイル付与されますよ。 そのほか、マイレージモール経由なら伊勢丹や高島屋といった百貨店のオンラインショッピングもボーナスがあります。 ネットショッピングが多い方はANAのほうが使いやすいでしょう。 近くに イオンがある場合は、JALマイルを貯めるほうが簡単です。 イオンJMBカードを使えば、ショッピング200円ごとに1マイルもらえます。 また、JALカードからにチャージすれば100円1マイル、さらにWAONを使ったときにもマイルが付与されるのです。 ファミリーマートやENEOSなども特約店なので、これらをよく使う人はJALマイルがおすすめです。 その他、JAL、ANAともに多くの特約店を持っています。 クレジットカードでのショッピングが多い人は、自分がよく使うお店が特約店になっていないか確認し、貯めるマイルを決定するとよいでしょう。 貯めるのにかかる手間を比較 マイルを貯めるのに手間がかからないのはJALです。 JALカードの場合はクレジットカードを利用したときに、その分が直接マイルとしてたまります。 一方で、ANAカードは最初にポイントを付与され、後にマイルに変換しなければなりません。 手間をかけずに簡単にポイントを貯めたいと思っている方はJALマイルがよいでしょう。 徹底比較2 マイルを使いやすいのはJAL、ANAどっち? 続いて、貯めたマイルの使いやすさでどちらがよいか比較してみましょう。 マイルの使いやすさについて4項目比較しています。 マイルの使いやすさの比較項目• 航空券の交換しやすさ• 提携している航空会社• ポイントの交換先• ポイントが有効活用できるか 結論からいうと、マイルを航空券に引き換えたいならばJAL、無駄なく使い切りたいならばANAがおすすめです。 具体的に解説していきます。 航空券への交換しやすさを比較 マイルを使って航空券にしたい方は、JALマイルをおすすめします。 とくに海外の特典航空券と交換する場合は、JALのほうがお得です。 今回はエコノミークラスで比較してみます。 なお、JALは片道で特約航空券を使えるのに対し、ANAは往復でしか交換することが出来ません。 そのため、JALの引き換えマイルを2倍すると、どちらがお得かを厳密に比較可能です。 ANAマイル 往復 JALマイル 片道 韓国 15,000 7,500 上海・広州・北京 20,000 10,000 香港 20,000 10,000 グアム ー 10,000 シンガポール 35,000 12,000 ベトナム ハノイ・ホーチミン 35,000 13,000 シドニー 45,000 18,000 パリ 55,000 26,000 ホノルル 40,000 20,000 アメリカ ニューヨーク・シアトル・サンフランシスコなど 50,000 25. 000 バンクーバー 50,000 25,000 アジア、オーストラリアなど複数の地域で、 JALのほうが少ないマイルで交換できることがわかります。 上述したように、片道航空券が取れるので、マイルがそれほど貯まっていなくても航空券に交換できるのもJALマイルの魅力です。 また、ANAの特約航空券は時期によって引き換えに必要なマイルが変わることにも注意しておきましょう。 上記の表は通常期の場合を示しています。 繁忙期に当たる場合はエコノミークラスなら3,000〜8,000マイル上乗せしなければなりません。 この点からも、航空券に引き換えたい場合はJALマイルをおすすめします。 提携航空会社を比較 次に、提携している航空会社を比較してみましょう。 JALは20社に対して、ANAは39社あります。 ANAはスターアライアンスに加盟していることもあり、量だけで見ればANAのほうが選択肢が豊富です。 ただし、それぞれ就航している都市が違います。 よく行く国がある場合はそこの航空会社と提携している方を選んだほうがよいでしょう。 それぞれと提携している航空会社は下記のとおりです。 ANA提携の航空会社• エーゲ航空• エアカナダ• 中国国際航空• エア・インディア• ニュージーランド航空• アシアナ航空• オーストリア航空• アビアンカ航空• アビアンカブラジル航空• ブリュッセル航空• コパ航空• クロアチア航空• エジプト航空• エチオピア航空• エバー航空• LOTポーランド航空• ルフトハンザドイツ航空• スカンジナビア航空• シンセン航空• シンガポール航空• 南アフリカ航空• スイスインターナショナルエアラインズ• TAPポルトガル航空• タイ国際航空• ターキッシュエアラインズ• ユナイテッド航空• 吉祥航空• エア・ドロミティ• マカオ航空• エティハド航空• ユーロウィングス• ガルーダインドネシア航空• ジャーマンウィングス• ジェットエアウェイズ• オリンピック航空• フィリピン航空• ヴァージンアトランティック航空• ベトナム航空• アリタリア航空 特に海外便をよく利用する方は、対象となる航空会社をもとに選ぶようにしましょう。 ポイントの交換先の多さを比較 飛行機にあまり乗らない方の場合、マイルを何に交換できるのかも大きなポイントになるでしょう。 それぞれの交換先として代表的なものを示します。 ANAマイルの交換先• 楽天Edy• Tポイント• 楽天ポイント• Suicaのチャージ• スターバックスカード ポイントの交換先はJALマイルのほうが多いので、気になる提携先が見つかる可能性は高いでしょう。 ただし、こちらも普段よく使うものを選んだ方が困りません。 ポイントが有効活用できるかどうか比較 ポイントを無駄なく使いたい方はANAマイルがよいでしょう。 なお、ANAの場合は1マイル単位でSKYコインに交換できます。 JALマイルの場合はどうしても端数が出てしまうので、無駄なくマイルを使いたい方にはANAをおすすめします。 SKYコインに変えると旅行商品や航空券を割引できるため、1円単位でしっかり使えますよ。 とはいえ、マイルを貯め続けていればまた端数の分も使える日が来るので、そこまで心配する必要もありません。 JALやANAのマイルを貯めるのにオススメのクレジットカードは? JALやANAのマイルを貯めるには、クレジットカードを積極的に利用することをおすすめします。 ショッピングでマイルが貯まる上に、特約店ならばさらにボーナスがあるからです。 ただし、ANAやJALマイルに対応したクレジットカードはたくさんあるため、どれがいいのか悩む方もいるのではないでしょうか。 ここではおすすめのクレジットカードを4つ紹介します。 JALカード 一般 ANAマイルをしっかり貯めていきたい方にはがよいでしょう。 年会費は7,700円 税込 かかりますが、毎年 ボーナスマイルが1,000マイルもらえます。 また、アメリカン・エキスプレス空港ラウンジも利用できるため、年会費を払う価値はあります。 飛行機に乗らない場合でもANAカードマイルプラスを利用すればマイル1. 5倍です。 効率よくマイルを貯めて使いたい方にはイチオシです。 JAL、ANAマイルのまとめ この記事ではJALマイルとANAマイルの特徴を比較してきました。 どちらのマイルにも利点があるので、ライフスタイルや使う航空会社に合わせて選ぶことをおすすめします。 ゆっくりとマイルを貯めていきたい方はANA、飛行機に乗る機会が多くて航空券に交換したい方はJALがよいでしょう。 普段使う航空会社がどちらのマイルに対応しているかも踏まえて、じっくりと検討してみてください。 また、クレジットカードを上手く利用することでマイルはどんどん貯まりやすくなります。 ぜひマイルを貯め始めるタイミングで、カードも発行してみてくださいね。

次の

JALとANA、マイルはどっちで貯めるのがお得?

クレジットカード マイル 比較

マイルを貯めるには、JALマイルならJAL、ANAマイルならANAと、どちらかの航空会社のサービスを集中して利用することが大切です。 といってもJALのマイルかANAのマイルか、どちらを選ぶべきか迷ってしまいますね。 そこで今回は「貯まりやすさ」「使いやすさ」の面から、JALのマイルとANAのマイルのどちらがお得なのか、比較してみます。 いまからマイルを貯めたい人、自分に合ったマイルを知りたい人は参考にしてください。 マイルはフライト、クレジットカード入会・継続、ショッピングの3つの貯め方がある マイルは、搭乗でもらえるフライトマイル、クレジットカードの入会・継続でもらえるボーナスマイル、クレジットカードのショッピング利用でもらえるショッピングマイルがあります。 それぞれのシーンで、マイルの貯まりやすさなどお得度を比べてみます。 区間基本マイルは、その区間搭乗した場合にもらえる基本となるマイル数でJAL、ANAともに同じマイル数が適用されています。 フライトマイルの積算方法に違いはない 区間基本マイルに運賃種別ごとに決まっている積算率をかけ算した数が付与されるマイル数です。 高い運賃で搭乗する人の積算率は高く、特別割引運賃で搭乗する人は低く設定されています。 JALとANAの積算率を国内線、国際線でそれぞれみると、示し合わせたように同じです。 フライトマイルについては、どちらを利用しても付与されるマイル数は変わらないという結果になりました。 就航都市が多く、マイルを貯める機会が多いのはANA 次に就航都市の違いを比較してみます(記事掲載時点)。 国内線では青森県、山形県、和歌山県はJALのみ、富山県、鳥取県、山口県、佐賀県はANAのみが就航しています。 国際線ではロシア、スペイン、ドバイはJALのみ、メキシコ、スイス、トルコにはANAのみが就航しています。 アメリカ便に限定するとボストンはJAL、シアトル、ワシントンDCはANAといったすみ分けがされています。 就航している都市数が多く、貯まる機会が多いという点でANAがお得です。 提携航空会社が多く世界中を飛び回る人におすすめなのはANA 世界を飛び回る人は、ANAやJALだけでなく、海外の航空会社を利用することも多いでしょう。 ANAとJALはそれぞれ別の航空連合と呼ばれる組織に加盟しており、提携する航空会社が海外にたくさんあります。 同じ便を共同運行したり、マイルを相互利用できるようにしたりしています。 JALの提携航空会社はワンワールド加盟会社を中心に18社。 ANAはスターアライアンス加盟会社を中心に38社あります。 世界中を飛び回る人にとって、加盟者数が多いANAのほうが貯まる機会は多くあります。 ボーナスマイルがもらいやすいのはどっち? 航空会社系のクレジットカードをつくると毎年ボーナスマイルがもらえるので、内容を比較してみます。 ANAは飛行機に乗らなくても毎年1,000マイルもらえる ANAカードは搭乗しなくても、入会時、継続時に1,000マイルのボーナスマイルが付与されます。 一方で、JALカードは入会搭乗ボーナスとして1,000マイル、毎年初回の搭乗ボーナスとして1,000マイル付与と、飛行機に乗るとボーナスマイルがもらえる仕組みです。 毎年必ずマイルがもらえるという点で、ボーナスマイルをもらうならANAがお得です。 ただし、ANAのボーナスマイルの場合、家族カード会員は対象外です。 一方、JALカードは、家族カード会員もボーナスマイルの対象となるので、毎年飛行機に乗るならJALがお得になります。 ボーナスマイルの付与条件 ショッピング利用しやすいのはJAL? ANA? 次は、JALカードやANAカードで決済すると貯まるショッピングマイルの使いやすさを比較してみます。 マイルを簡単に貯めやすいのはJAL JALカードはJALのグループ会社がクレジットカードを発行しているため、直接マイルが貯まります。 一方でANAカードは、三井住友カードなど提携先が発行しているため、カード会社のポイントをマイルに移行するという手続きが必要です。 マイルの貯め方に慣れてない人には、JALマイルのほうがわかりやすく、簡単です。 100円=1マイル貯める際のコストは同じ カードを利用すると通常200円=1マイル(もしくは1マイル相当分のポイントが)貯まりますが、追加料金を支払えば100円=1マイルになります。 追加料金はJALカードの場合、毎年3,240円(ショッピングマイル・プレミアム)。 ANA VISAカードはマイルへ移行する年に6,480円が発生します。 貯まったポイントは2年で失効するため、2年ごとに6,480円が必要です。 ただし、ANAカードの場合はクレジットカードのポイントとして持っておくこともできるし、マイルに交換することもできます。 以下の図のように、それぞれ有効期限ぎりぎりまで引っ張れば、クレジットカードポイントの有効期限2年+マイルの有効期限3年で実質5年間保有できます。 直接マイルが貯まるJALは有効期限が3年です。 5年ごとに旅行するなど、長い期間かけてマイルを貯めたい人にとってはANAがお得です。 ちなみに、ANAマイルの応募方式とは、自分でポイントをマイルに変える必要がある仕組みのことです。 応募方式のほかには、自動でマイルに交換する自動移行方式があります。 マイルが使いやすいのはJAL? ANA? 貯めたマイルの使い道で最も人気なのが、特典航空券への交換です。 特典航空券への交換のしやすさと、交換後に余ったマイルの使い道を比較してみます。 JALはハイシーズンでも交換に必要なマイル数の変化が少ない JALは季節による変動はわずかですが、ANAはクリスマス期間、年末年始、春休み期間、ゴールデンウイーク、お盆といったハイシーズンに必要マイル数が急増します。 特典航空券に必要なマイル数を比較すると、季節を問わずお得に交換しやすいのはJALです。 マイルを余すことなく使いやすいのはANA JALマイルは3,000マイルからPontaポイントまたは、三越伊勢丹グループなどで使えるエムアイポイントに交換できます(事前に会員登録が必要)。 2,000マイルであれば、「ディノス」のeクーポンやファミリーマートの買い物券に交換できます。 1,000マイルはほとんど使い道がなく、JMB旅プラスのツアー代金に充当するしかありません。 一方、ANAマイルは1マイル=1ポイントに交換し、オンラインショッピングの「ANAショッピング A-style」での買い物代金に充当できます。 数百円の商品もあるので、最後の1マイルまで使い切れます。 少ないマイルの利用オプションを考えると、1マイルから利用できるANAがお得です。 ANAは幅広くサービスを拡大しビジネスはダイナミックといえます。 たとえば国内線の場合、JALは青森、山形、和歌山などANAが就航していないエリアに参入していますが、全体的にはANAが網羅しているエリアのほうが多いです。 国際線も同様で、特に中国への就航便の多さは際立っています。 飛行機でいろんな場所を旅したい人は、ANAマイルのほうがお得です。 ショッピングマイルについてもANAカードをうまく利用すれば有効期限を実質延ばすことができるので、じっくりマイルが貯められるでしょう。 一方、リターンという点ではJALがお得です。 旅行需要が高まるハイシーズンでは、ANAより少ないマイル数で特典航空券が手に入ります。 6,000マイルで国内便の特典航空券(往復)が手に入るキャンペーン 「どこでもマイル」 を実施しており、より交換しやすくなっています(2017年11月30日時点)。 戦略的に効率よくマイルを貯めたい人はANA、初心者だけど特典航空券を手に入れてみたいという人はJALからはじめてみてはいかがでしょう。 (関連記事: ) ご利用上の注意• 本記事は情報の提供を目的としています。 本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。 本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格. kakaku. html)にご同意いただいたものとします。

次の