アダム キュー ビッツ 動脈。 Adamkiewicz動脈障害による脊髄梗塞

KAKEN — Research Projects

アダム キュー ビッツ 動脈

症例:医療関連死海外事例 要点整理• 突然の背中の痛み、足が動かなくなり、入院。 それまでは至って健康、痛風の薬のみ飲んでいた。 入院後、アンギオを行ったが異常なし。 その日の心エコーも異常なし翌日の心エコーでは左心室のダメージありということ。 奥様は、アンギオのあと本人と面会、その時は意識がかろうじてあり、麻痺が進行している。 顔はかなりむくんでいる。 医師は、肺塞栓なども疑っているが、確証はない。 入院してから体温はずっと39度髄液検査も実施したが、結果は陰性だった。 Ai依頼は奥様から• 海外勤務中に急変した。 上海の病院に入院したが、よく分からないうちに死亡してしまった。 突然のことで何が起こったのか分からない。 生前は元気だったのに…• 心エコーや血管造影の検査もしたはず… Ai読影• 脊髄に分布する動脈のひとつで胸部下降動脈から分岐する肋間動脈、腰動脈よりさらに別れ下部胸髄、腰髄に分布する動脈の中で、第9胸椎から第3腰椎までの動脈は特に太く、これらの動脈をアダムキュービッツ動脈もしくは、大前根動脈と呼ばれる。 胸部下行大動脈の血管置換術などにより胸部下行大動脈の遮断を行うとこれらの動脈に血流が乏しくなり対麻痺を起こす。 医療関連死疑い(海外事例)第三者の客観的な評価が必要• 近年、海外勤務中の突然死が多くなっており、Ai情報センターにも5件以上の読影依頼が来ている。 海外の死因究明体制は不十分であり、病死として処理された場合は、日本国内での解剖を行うことは地域により差はあるが犯罪死以外は困難。

次の

[116] 大動脈瘤と解離 ─ 最新情報

アダム キュー ビッツ 動脈

大動脈瘤の術後対麻痺(脊髄虚血)は,両下肢に神経障害を引き起こす重篤な合併症であり,「大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2011年改訂版)」には,術後対麻痺の発生率は平均10%と記載されている。 そこで,術前に脊髄の栄養血管であるAdamkiewicz動脈を分岐する肋間動脈や腰動脈をCTで描出し,手術の際に再建あるいは温存して脊髄の血流を確保することで,術後対麻痺を回避できると考えている。 本研究では,Adamkiewicz動脈の同定とその所見に基づいた大動脈瘤手術は術後対麻痺回避に有効であることが証明されており,この結果を受けて,現在,前述のガイドラインの改訂が進められている。 太さは1mm程度で,前脊髄動脈と合流するところで特徴的なhairpin turnを描き( 図1a),また,形態は個人差が大きいことが知られている。 CTによるAdamkiewicz動脈の診断で最も注意すべきは,静脈も同じようなhairpin turnを描くことであり,症例ごとに形態からその場で判断することは困難である。 大動脈から肋間動脈,Adamkiewicz動脈,前脊髄動脈までの連続性を一筆書きのように描出できれば( 図1b),Adamkiewicz動脈であることを正確に診断できると考える。 5mm)によるAdamkiewicz動脈の描出率を検討したいくつかの報告を見ると,hairpin turnは80〜100%と高率に描出されるが,連続性の証明については50〜60%に低下する。 これは,Adamkiewicz動脈は椎間孔から脊柱管内に入るところで骨と近接し,連続性を追えなくなるためである。 また,スライス厚 1mmでも連続性の証明は50%であり,スライス厚 0. 5mmと1mmでは差がほとんどないことがわかる。 超高精細CTによる描出能 超高精細CT AquilionPrecisionは,スライス厚 0. 25mmを実現しており,従来CT(スライス厚 0. 5mm)の8倍の空間分解能を有する。 Aquilion Precisionを用いることで,Adamkiewicz動脈の連続性を,より明確に把握できるようになることが期待される。 実際の画像( 図2)を見ると,従来CTでは骨と近接する血管を分離するのが難しいが( b,d),Aquilion Precisionでは鑑別が容易である( c,e)。 そこで,当院の24症例を対象に,Adamkiewicz動脈の診断精度について,同じデータをスライス厚 0. 5mmと0. 25mmで再構成して比較した。 その結果,連続性の証明は,スライス厚 0. 5mmは66. 7%,0. 25mmは91. 7%と,0. 25mmの方が有意に診断精度が向上していた 2)。 図4 症例1:大動脈解離術前の動脈の連続性の評価 2.側副血行路の診断における有用性 0. 25mm+FIRSTは,側副血行路の診断にも非常に有用であることがわかってきた。 当院の検討では,側副血行路は脊椎周囲の動脈(後椎体枝,椎体枝など)と胸壁の動脈(胸背動脈,内胸動脈など)を介する 2つの経路があり,そのうちの85%は脊椎周囲にあった 3)。 つまり,ほとんどの側副血行路は骨の近傍を走行していることになる。 症例によっては,脊柱管の周囲をとぐろを巻くような複雑な経路をたどる側副血行路もあり,そのような症例には,やはり0. 25mm+FIRSTが有効であると思われる。 25mm+FIRST( c)にて側副血行路が形成されたAdamkiewicz動脈が描出され,血管の連続性も明確に証明されており,この部分が栄養血管であるという情報を外科医に提供することができた。 その結果,人工血管置換と肋間動脈の再建にて術後の血流が確保され,本症例は術後対麻痺を来すことなく退院できた。 このように,側副血行路が正しく診断できれば,手術方針や術式にも影響を与えることができると思われる。 また,超高精細CT+FIRSTは,血管の連続性の証明と側副血行路の描出が期待できる。 , et al. , J. Thorac. Cardiovasc. Surg. , 151・1, 122〜128, 2016. 2)Yoshioka, K. , et al. , Neuroradiology, 60・1,109〜115, 2018. 3)Yoshioka, K. , et al. , Eur. Cardiothrac. Surg. , 54・1, 19〜25, 2018.

次の

アダムキーヴィッツ動脈

アダム キュー ビッツ 動脈

症例:医療関連死海外事例 要点整理• 突然の背中の痛み、足が動かなくなり、入院。 それまでは至って健康、痛風の薬のみ飲んでいた。 入院後、アンギオを行ったが異常なし。 その日の心エコーも異常なし翌日の心エコーでは左心室のダメージありということ。 奥様は、アンギオのあと本人と面会、その時は意識がかろうじてあり、麻痺が進行している。 顔はかなりむくんでいる。 医師は、肺塞栓なども疑っているが、確証はない。 入院してから体温はずっと39度髄液検査も実施したが、結果は陰性だった。 Ai依頼は奥様から• 海外勤務中に急変した。 上海の病院に入院したが、よく分からないうちに死亡してしまった。 突然のことで何が起こったのか分からない。 生前は元気だったのに…• 心エコーや血管造影の検査もしたはず… Ai読影• 脊髄に分布する動脈のひとつで胸部下降動脈から分岐する肋間動脈、腰動脈よりさらに別れ下部胸髄、腰髄に分布する動脈の中で、第9胸椎から第3腰椎までの動脈は特に太く、これらの動脈をアダムキュービッツ動脈もしくは、大前根動脈と呼ばれる。 胸部下行大動脈の血管置換術などにより胸部下行大動脈の遮断を行うとこれらの動脈に血流が乏しくなり対麻痺を起こす。 医療関連死疑い(海外事例)第三者の客観的な評価が必要• 近年、海外勤務中の突然死が多くなっており、Ai情報センターにも5件以上の読影依頼が来ている。 海外の死因究明体制は不十分であり、病死として処理された場合は、日本国内での解剖を行うことは地域により差はあるが犯罪死以外は困難。

次の