キラ子 婚活。 婚活日記のメリット!今から始める婚活日記の正しい書き方と4つの注意点

綺羅子さんの婚活

キラ子 婚活

でも、仕事終わってからならいいよ~ ……。 ……立てた。 立てたッ! スタート地点ッ! 本当は、別のイルミネーションにしようと思っていたんですけどね。 アクセス的にも、中之島のイルミネーションがいいなとなり。 最寄り駅である淀屋橋駅に集合することになりました。 デート当日! いやー、これもー。 絶対告白OKだわー。 余裕だわー。 僕はそう思っていました。 だって、そうじゃないですか? クリスマスイブに、イルミネーション。 そんなの。 気がある男としか行きませんよね? 野球に例えると。 2位とぶっちぎりの差を付けた状態で。 「ここで勝ったら優勝が決まる」という試合で、最下位のチームとの戦いに望む、 エースの心境でした。 とはいえ。 これは綺麗~。 よかった、喜んでくれたみたいだ…。 告白のタイミングいつ!? しかし…。 告白のタイミングが、 分からない。 そうこうしているうちに。 イルミネーション終わりました。 イルミネーション。 終わりました…。 恋愛において、 ベストな告白のタイミングは3回目のデートと言われています! 特に、クリスマスなんて一年に一度しかありません。 このチャンスを逃したら…。 まいさんの仕事の都合上、なかなか会うことは難しくなりそう。 つまり、 ここで決めなければならない! ……できれば。 できれば イルミネーションの綺麗なところで告白したかったけど! 帰り道。 僕はついに…。 彼女できたか。 じゃあもう婚活戦記終わりだな え? 終わらないよ? たしかに彼女はできたけど、結婚したわけじゃないからね。 これからは。 結婚するまでの道のりを、書いていきたいと思います! そして。 僕は、 マッチングアプリのPairsを使って、彼女を作りました。 同じように…。 Pairsを使って、彼女を作りたい人や…。 使っているけど、なかなか成果が出ない人に対して…。 僕なりのPairs攻略術を、まとめていきます! ですので…。 どうか、これからも。 『婚活戦記』を…。 よろしくお願いしますッッ!! まとめ えー…。 まいさんとの告白バトルが終わって。 早いもので、1ヶ月が経とうとしています。 なんとか、 1ヶ月続きました。 今、まいさんに、なぜか、.

次の

寺コン 東京 『お寺婚活・吉縁会』 お坊さんがサポート

キラ子 婚活

でも、仕事終わってからならいいよ~ ……。 ……立てた。 立てたッ! スタート地点ッ! 本当は、別のイルミネーションにしようと思っていたんですけどね。 アクセス的にも、中之島のイルミネーションがいいなとなり。 最寄り駅である淀屋橋駅に集合することになりました。 デート当日! いやー、これもー。 絶対告白OKだわー。 余裕だわー。 僕はそう思っていました。 だって、そうじゃないですか? クリスマスイブに、イルミネーション。 そんなの。 気がある男としか行きませんよね? 野球に例えると。 2位とぶっちぎりの差を付けた状態で。 「ここで勝ったら優勝が決まる」という試合で、最下位のチームとの戦いに望む、 エースの心境でした。 とはいえ。 これは綺麗~。 よかった、喜んでくれたみたいだ…。 告白のタイミングいつ!? しかし…。 告白のタイミングが、 分からない。 そうこうしているうちに。 イルミネーション終わりました。 イルミネーション。 終わりました…。 恋愛において、 ベストな告白のタイミングは3回目のデートと言われています! 特に、クリスマスなんて一年に一度しかありません。 このチャンスを逃したら…。 まいさんの仕事の都合上、なかなか会うことは難しくなりそう。 つまり、 ここで決めなければならない! ……できれば。 できれば イルミネーションの綺麗なところで告白したかったけど! 帰り道。 僕はついに…。 彼女できたか。 じゃあもう婚活戦記終わりだな え? 終わらないよ? たしかに彼女はできたけど、結婚したわけじゃないからね。 これからは。 結婚するまでの道のりを、書いていきたいと思います! そして。 僕は、 マッチングアプリのPairsを使って、彼女を作りました。 同じように…。 Pairsを使って、彼女を作りたい人や…。 使っているけど、なかなか成果が出ない人に対して…。 僕なりのPairs攻略術を、まとめていきます! ですので…。 どうか、これからも。 『婚活戦記』を…。 よろしくお願いしますッッ!! まとめ えー…。 まいさんとの告白バトルが終わって。 早いもので、1ヶ月が経とうとしています。 なんとか、 1ヶ月続きました。 今、まいさんに、なぜか、.

次の

婚活教育コーチになって自分らしさを取り戻そう|日本婚活教育協会 by 結婚の学校

キラ子 婚活

あなたはどんな時に、 私らしくないな 違和感を感じるな、 本来の自分に戻りたいな というふうに感じますか? 大阪府在住 50代 女性コーチ 良いお母さんにならなくてはとか、母はこうあるべきとか考えてしまい、急に他の ママさんと比べたり人目が気になったりしました。 そのことで行動や発言がギク シャクして、私らしくありませんでした。 いい母を演じることが生きがいでした。 上手く行った日は気分が良く、行かない日 は酷く落ち込みました。 長いトンネルの中に居るようでした。 兵庫県在住 30代 女性コーチ• 自分の本心ではなく、 周りが求める姿で生きている時に、周りから求められ充実感がある一方で、一人になった時には、 本当の私ではないと感じることがありました。 みんなの笑顔が嬉しいからこそ、演じている自分も嫌いではないのですが、いつまでこの自分を続ければよいのか不安になることがありました。 ウソをつかないといけない時、そうま でして付き合わないといけない相手が いる時は、プライベートでも仕事でも、 非常に疲れます。 酸欠を感じるくら い、耳鳴りもします。 自分らしくない…って気付くのは、疲 れてからなんです。 埼玉県在住 40代 女性コーチ 結婚した時に、ケンカばかりで、子供を持つ持たないで意見が相違となり、自分の 思う未来を進めないと思ったことが、私らしくないと違和感を感じた時でした。 私はその当時、 自分が自分じゃないみたいだよ、と相手に伝えていまし た。 だから、自分らしくない、私らしくないというワードを聞いただけで、その当時の 事がよぎります。 大阪府在住 30代 女性コーチ• 自分らしくない違和感を感じる自分は、 必要のないモノを抱えたまま、自分の器 がいっぱいいっぱいになって、溢れて抱 えきれないのに、要らないモノを手放す 事を知らなかったから... だと実感してま す。 手放すことを恐れて抱えたままでい ると、新しい自分の気付きも入ってこな いんだと思いました。 「 違う自分に生まれ変わりたい」と思って た事は、余計なモノを手放す事で叶うん ですね。 東京都在住 50代 女性コーチ 目的がないと進む方向が分からなくて、私はおかしくなります。 行き先が分からないのに、じっとしていることも出来ず、 隙間を埋める様に、動き回ります。 自分の考えが分からないから、選択することもできず、人に合わせる、色々な人の誘われるままに、動き回る、そしてもっと自分が分からなくなり、自分の軸がなくなる、悪循環です。 兵庫県在住 30代 女性コーチ 自分らしくない時代はあったと思います。 でも、何が自分らしいのか? 『自分らしい自分』がそもそもどんな自分なのか、分かっていないのでもどかしく、常に、 今ここにいる自分に対して漠然とした違和感や不快感を感じていたような記憶があります。 埼玉県在住 40代 女性コーチ• 前の旦那との生活の時。 自分をわかって くれる人だと思って結婚して、でも いつ の間にか私をすごく否定してくる存在に なって。 なんだか違和感を感じる 本来 の自分に戻りたい と、明確に 思っていた わけではありませんが、何でこんな事に なってしまったんだろ う、といつも淋し く思っていました。 兵庫県在住 50代 女性コーチ 専業主婦になったことで何をするにも夫の許可を取る必要があり、自由を失いまし た(女友達との旅行、就職、実家への帰省など)。 それまで自分の判断で、自分の お金で、なんでも自由にできる人生とのギャップにショックを受けたものです。 こ の時代を暗黒の時代と呼んでいます。 専業主婦とは人生を夫の力で生きるものなの で、「このままだと自分一人の力では生きていけなくなる」という激しい危機感を おぼえ、さっさと社会復帰しました。 本来の自分に戻ったのはこの時かと思いま す。 結婚生活のうまいやり方はもっとあったのかもしれませんが、そもそも専業主 婦というのはそういうものなので、人の力で生きて楽をしようとすると自由はなく なるものだと思います。 自立しなければ自由も獲得できないし、自由がなければ心 の安定もない。 ということで自分らしくいられるのはとにかく「自分の力 で」、「自由であること」かなと思います。 京都府在住 50代 女性コーチ 自分の意としていないことをしている、言っていると気づいた時や、自分の意思を 確認することなく、無意識で「 人からどう思われるか?」「人からどう見られたら 自分が満足か?」などを基準にして行動している時。 また、その結果、いつもパン パンに気を張って苦しい時は凄く違和感を感じてます。 自分の感情(喜怒哀楽)を出せていない、小さなことでも出すのが怖い時。 本当の自分の気持ちがわからなくなった時は本来の自分に早く戻りたいと 願ってま す。 大阪府在住 30代 女性コーチ• 子供の幼稚園時代は、年上の人が苦手 で、幼稚園のママ友が年上ばかりでし た。 意見交換の時に思った事を言えな かったり、一緒に子どもを遊ばせていて も、注意する場面が違っても言えずに、 適当に合わせて 当たり障りなく過ごす自 分が違和感で、とてつもなく疲れる日々 でした。 学生時代は一人暮らしだった ので、その時の、今風で言うとマウント に苦しみましした。 他から聞く言葉に、 自分が出せなくなっていました。 本来の 自分に戻りたい、と思う時は、その時の 友達の関係性を無くす時でした。 婚活教育コーチを受講し始めてから主人とその話をよくし ていますが、話題が広がって、思った以上にわたしがコー チをすることに協力的で、主人への感謝の気持ちも増して いますし、働いていた頃、子どもがいなかった頃にちょっ と戻ったような感じで楽しいで す。 それから、結婚の学校を開催する中で過去の経験を話すと きには、わたしも共感して一緒にザワザワしてしまいま す。 このコーチの講座を通してずいぶん自分に向き合う機会が 増えて、生徒さんと向き合いながらとても共感してしまい ます。 改めて結婚の学校って、素晴らしいなぁと感じてい ます。 こんな風に心が揺れ動くことは決して不快ではなくて、揺 れてわかったこと、気づいたこと、思い出したことをまた 自分の胸に置いて、自分自身が成長というか、進化?した ような気持ちです。 婚活教育コーチになってから、 すごく自分と向き合うよう になりました。 育成講座中からそれははじまっていて、自 分に湧いてくる気持ちや起きる出来事に向き合う姿勢も感 じる事も今までとは違いました。 今までに気付けなかった 自分の中にある感情とか、ブレーキに気づいた時、外せた のはいいけど、コロコロと気持ちが変わってしまったよう にも見えたようです。 でも、実際に自分を良く知り、もっ と良くしたいし幸せになりたいって思うからこそ結婚の学 校の内容をみんなも受けたいと思うわけだし、私自身もそ う思ったら、本気で変わりたいと思い、今の私がありま す。 ブレーキを外す前と外した後の自分は、外したあとの自分 の方が大好きです。 自分をもっと大切にしてあげたくもな りました。 印象的だったのが、婚活教育コーチ養成講座での同期たち の自己開示で、あの時は感情が揺さぶられました。 それ は、家族のメンタル不全を愛情を持って支えて生きる姿 や、親との確執によって苦しみ続ける姿で、複数のメン バーが開示してくれました。 自己開示できる人はそれだけ で進歩前進している人だと思います。 また、苦しんだ人 は、いい先生になれると思いました。 また、このような自己開示をほとんど初対面のメンバーに できるのは、あの 婚活教育コーチ養成講座の不思議な力だ と思います。 同じ志をもつ同志だからか、共感し合える パーソナリティが集まったからなのか、よりよい自分に向 上させようとする力を佐藤先生に引き出されたからなの か。 そのいずれもあると思いました。 みんなの本気度も伝 わって、なかなか熱い時間でした! 婚活教育コーチになってからの自分の変化としては、 人前で話す事が苦でなくなった。 中学時代、生徒会とかやっていたにも関わらず、高校、大学〜社会人になって人前で話す事に過度な緊張を伴っていましたが、 それがなくなりました。 育成講座・コンサルを受ける中で、自分がやりたい事、目標・目的が明確になり、生徒が1人本校に入った事で、 生徒さんの人生を左右する局面に立ち会える事のやりがいと責任を感じました。 今は、なんとしても生徒に寄り添い、人生を楽しんでもらえるような、そんな伴走者でありたいと心から思うようになりました。 今ある内容を真の意味で伝えられるようになりたい、と思うと同時にやりがいを感じています。 こういう事がやりたかったんだなぁ、と心底感じています。 仕事が楽しい!追求していきたい!こう思える事も幸せだし、自分の子供に働く事って楽しそうというメッセージも伝わったらいいなと思います。 人とコミュニケーションの取り方ですかね。 家族、特に両 親との関係性の改善が大きかったと思います。 両親と和解 してから、心の防寒着って名付けたんですけど… ずっと暖 かいものに包まれているんです。 優しくて暖かくて安心安 全なんだって感じるもの。 オーラの外にバリアができた感 覚… 両親との関係性が良くて、 幼い頃から認めてもらえて いる子どもは外出する時これを着て出かけていたのかと気 がついた時、泣きまし た。 そういう事だったのか…と… あの時堂々と自分の事を話し ていたあの子も、あの時自信持って振る舞ってたあの子 も、みーんなこれを着てたんだ。 私は知らなかったから、 怖くて恐ろしくていつも怯えてた…って事に… これが私の 一番の変化ですね。 この事を生徒さんにも伝えていきたい。 伝えなきゃならな い事はこれなんだと確信しています。 娘が精神の病で10年間家におります。 ようやく状態は良く なってはきたものの、毎日毎日生きるのが辛くなる瞬間が あり、励まさねばなりません。 コーチになってから、 コーチのコンテンツを使って娘専属のコンサルができるよ うになりました。 はい、まさにコンサルです。 小1時間も話 すと落ち着いてきます。 そして、ですね、少し前に娘に結 婚の学校の内容を聴いて貰いました。 世間を知らない純粋培養の娘、物凄く感動してくれました。 ベネフィット然 り、一番響いたのはコンフォートゾーンだったようです。 これからも多分社会に出るのはかなり難しいだろうと思わ れる娘ですが、だからこそ毎日自分探しをしています。 両親の恩に報いるよう、社会的活動がしたい、生産性のあ る自分になりたい、変わりたい、と思っている彼女にドス トライクで響いたようです。 どんな人でも、どんな状況に ある人でも変わりたい、素敵な自分になりたいと思ってい るという事がわかりました。 素晴らしいコンテンツだと実 感しました。 娘からも、ママ、自信を持ってやったらいい よ、と言って貰えて嬉しいやら何やら。 頑張らねば、と思 えたのでした。 やはりこれも佐藤先生に感謝感謝、なので す。

次の