おそうじ 本舗 説明 会。 おそうじ本舗でフランチャイズ開業を検討してみた

おそうじ本舗フランチャイズの全貌【検証】利益率とオーナー年収

おそうじ 本舗 説明 会

おそうじ本舗は、一般知名度が高く、ブランドイメージも高いため、おすすめのハウスクリーニングのフランチャイズ本部です。 おそうじ本舗の加盟者は、清掃業の未経験者が約9割を占めています。 そのため、ハウスクリーニングをやったことがないという人にもおすすめです。 とはいえ全くの 未経験からおそうじ本舗への加盟を考えている方のなかには、お客さんからの苦情やクレームが来ないか不安だという方もいるかもしれません。 苦情やクレームが来れば、そのお客さんからのリピートは望めませんし、悪い噂が広がって、他の人からの依頼も来なくなってしまうかもしれません。 そうならないためにも、 加盟前に苦情やクレームを減らすための対策について知っておきましょう。 今回はおそうじ本舗に多い苦情やクレームについて紹介したうえで、その対策についても説明していきます。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 おそうじ本舗に多い4つの苦情やクレーム ハウスクリーニング業界のなかで圧倒的なブランドイメージの高さを誇る おそうじ本舗でも、お客さんから苦情やクレームがつくことは決して珍しいことではありません。 おそうじ本舗では、お客さんからどのような苦情やクレームが来ることが多いのでしょうか? ここでは、おそうじ本舗に多い4つの苦情やクレームについて紹介していきます。 電話をかけても、つながらない• 室内やエアコンに傷をつけられた• 汚れを落としてもらえなかった• 掃除が終わっていないのに、帰ってしまった では、一つ一つ詳しく説明します。 電話をかけても、つながらない おそうじ本舗のお客さんからの苦情やクレームで多いのが、依頼をしようとチラシに記載された電話番号にかけても、なかなか電話に出てもらえないということです。 おそうじ本舗のフランチャイズは、一人でも開業できるのが強みの一つです。 個人での加盟の場合、ほとんどの人が一人で事業をスタートさせています。 一人で開業している場合、ハウスクリーニングの仕事をしている最中に他のお客さんから電話がかかってきても、出るのは困難です。 この部分は、一人でやっている以上、仕方ない点だと言えるでしょう。 室内やエアコンに傷をつけられた ハウスクリーニングに多いトラブルが、室内や浴槽などを傷つけられたというものです。 お客さんがハウスクリーニングを依頼してくるのは多くの場合、自分では落とせない汚れを落としてほしい時です。 こうした汚れを落とすためには、強力な洗剤を使わなければなりません。 掃除する場所や汚れの種類によって、使う洗剤の種類は異なります。 掃除場所や汚れの種類に適さない洗剤を使ってしまうと、強力であるが故に、床や壁を傷つけてしまうこともあるのです。 こうしたトラブルを起こさないためには、ハウスクリーニングの知識の習得が欠かせません。 また、エアコンに傷をつけられたというのも、ハウスクリーニングに多いトラブルです。 エアコンの場合、経年劣化による破損も多くなっています。 長期間使われていたことでガタが来ていたエアコンの部品が、清掃のために分解した際に割れてしまったりすることもあるのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 汚れを落としてもらえなかった ハウスクリーニングの仕事をしていると、お客さんから汚れが落ちていないとクレームが入ることもよくあります。 多くのお客さんは、ハウスクリーニングを頼めばどんな汚れでも落としてもらえると思っています。 しかし 実際には、ハウスクリーニングでも落とせない汚れは存在するのです。 落とせない汚れがあるのは当然だと思っていても、それをお客さんが知らなければ、手抜きをされたと思われてしまいます。 掃除が終わっていないのに、帰ってしまった おそうじ本舗では、頼んだメニューごとに大まかな作業時間が決まっています。 例えば浴室クリーニングは約3時間、エアコンクリーニングは約2時間となっています。 おそうじ本舗の加盟店オーナーのなかには、時間内に掃除を完全に終わらせられずに、時間が来たからとそのまま帰ってしまう人もいるようです。 時間内に終わらなかったのは、加盟店オーナーの責任です。 にも関わらず、時間が来たからと途中で帰ってしまえば、お客さんが怒るのは当然だと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 おそうじ本舗で苦情やクレームを減らすためにすべき3つの対策 ここまで説明してきたように、おそうじ本舗ではお客さんからの苦情やクレームが多くなっています。 もっとも、これはおそうじ本舗に限った話ではありません。 ここまで説明してきた苦情やクレームの内容は、ハウスクリーニング業界全体でよく起こることなのです。 なかには対策のしようがないものもあるため、苦情やクレームを完全に無くすことはできません。 しかし対策することによって、苦情やクレームの数を減らすことは可能です。 ここでは、 おそうじ本舗でお客さんからの苦情やクレームを受けないための3つの対策について説明していきます。 研修でしっかりした知識と技術力を身につける 室内やエアコンなどを傷つけられたというクレームを減らすために重要なのは、言うまでもなくハウスクリーニングの知識と技術力です。 知識と技術力があれば、使う洗剤を間違えて室内やエアコンに傷をつける確率もグッと下がります。 知識と技術力を身につけるうえで大切なのは、開業前に受ける研修での姿勢です。 同じ研修を受けていても、おそうじ本舗の加盟店オーナーの知識と技術力は、人によって大きな差があります。 そしてこの差は、研修が終わった段階ですでについていると言っても過言ではありません。 研修をいい加減に受ければ、それなりの知識と技術力しか身につかないのは当然のことです。 苦情やクレームを減らすためにも、研修の時から、しっかり知識と技術力を身につけられるよう意識しましょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 一軒一軒の仕事に誠心誠意取り組む ハウスクリーニングの仕事をするうえで、 知識や技術力と並んで大切なのが、お客さんに奉仕する気持ちです。 この気持ちがなく、目先の売上だけを追っている人は、しっかりと汚れを落とさずに仕事を終わらせて、次の現場に向かってしまいます。 適当に仕事を終わらせるのは、数をこなすという意味では効率的かもしれませんが、リピーターの獲得にはつながりません。 苦情やクレームを減らすためだけでなく、長期的に安定した売上を上げるためにも、お客さんが満足するような仕事を心がけるといいでしょう。 事前に落としにくい汚れについて説明する 先ほども説明したとおり、汚れのなかには、どうしても落とせないものも存在します。 この点を説明せずに掃除を終わらせてしまうと、お客さんには不満が残ります。 そのため 落としにくい汚れがある時は、事前にお客さんにきちんとその旨を説明しましょう。 事前に説明すれば、その汚れを落とせなくても苦情やクレームにはつながりませんし、少しでも汚れが落ちれば、かえって高評価につながるかもしれません。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ おそうじ本舗も含めたハウスクリーニング業は、お客さんからの苦情やクレームが多い業種です。 おそうじ本舗に多い苦情やクレームは、以下の4つです。 電話をかけても、つながらない• 室内やエアコンに傷をつけられた• 汚れを落としてもらえなかった• 掃除が終わっていないのに、帰ってしまった これらのなかには、加盟店オーナーの努力では解決できないものもあります。 そのため苦情やクレームを完全に無くすことはできませんが、減らすことは可能です。 お客さんからの苦情やクレームを減らすための方法は、以下の3点です。 研修でしっかりした知識と技術力を身につける• 一軒一軒の仕事に誠心誠意取り組む• 事前に落としにくい汚れについて説明する これらの対策をしておけば、苦情やクレームを減らせるだけでなく、お客さんから信頼を勝ち取り、長期的に依頼を受け続けることも可能です。 これからおそうじ本舗に加盟するという方は、これらの対策をぜひ覚えておくといいでしょう。

次の

おそうじ本舗のフランチャイズ説明会に潜入しました

おそうじ 本舗 説明 会

レポート1:おそうじ本舗 2015年9月、テレビでCMを見かける「おそうじ本舗」の事業説明会に行きました。 実際に体験した印象をなるべくそのまま書いていますので、ご参考にしていただければ嬉しいです。 説明会体験!まずはハウスクリーニング界の最大手「おそうじ本舗」から 2015年9月、おそうじ本舗の事業説明会に参加しました。 場所は東京・池袋のランドマーク、サンシャインシティの57階。 (2018年9月現在、本社は六本木のアークヒルズサウスタワーに移転しています) 知っている場所にあると思うと、なんだか安心ですね。 でも、一方で「ここの高いお家賃を支えているのが、加盟者からのロイヤリティか…」と複雑な思いも、ちょっとだけ脳裏をかすめました。 受付から内線で説明会に来たことを告げると、担当の方が来て、挨拶をしてくれました。 説明会は、合同説明会かと思いきや、どうやら個人面談形式のようです。 資料請求時以上の詳細な資料が配られます 応接用のブースに通されると、机の上には説明会の担当者さんの自己紹介と連絡先が印刷されたA4の紙があり、その横には参加者の名前入りウェルカムメッセージ付きのフォルダに入った資料が用意されていました。 さらに、フォルダを入れて持ち帰るための封筒も付いています。 この行き届いた準備と配慮も、やはり大手と言う感じ。 フォルダには「本日の説明会の流れ」が書かれていました。 以下の通りです。 第一部 会社案内(所要時間:約10分)• 第二部 おそうじ本舗事業説明(所要時間:約60分)• 第三部 サポート・収支・開業資金について(所要時間:約20分)• 第四部 質疑応答(所要時間:約10分)• 事前に説明会の流れや所要時間の配分が分かるので、心の準備ができて良いですね。 資料の中身も、以下の通り、たっぷりです。 パンフレット「FC(フランチャイズ事業)にご案内」• おそうじ本舗の出店案内のA4二つ折りのリーフレット• 「開業までの流れ」の表• 開業時に配るというお客様向けのチラシ• 開業資金の計画書• 事業計画書(1? 2年目)• まずは第一部の「会社案内」フランチャイズ本部の会社概要に関する説明です。 TV-CMで見かける「おそうじ本舗」以外にも6つのFC本部を運営しているのですね、知りませんでした。 フランチャイズに関するノウハウが蓄積されている、というところでしょうか。 FCは、個人での自営業ではなかなか作り出せない「信用」と「実績」、言い換えると「ブランド」「看板」を本部から借りてくることだという意味のことを説明されました。 なるほど、確かに知らない名前のお掃除屋さんよりは、芸能人が出てくるTV-CMでバンバン名前を売っているおそうじ本舗さんに依頼をしたくなるお客さまも多いのでしょう。 事業説明はたっぷり1時間! 続いて第二部の「おそうじ本舗事業説明」。 先に感想を言うと、集中した状態で1時間説明を受けていると、かなり疲れます! でも時間を掛けるだけあって、ハウスクリーニング業界全体の市場規模や動向などの知識は、かなりしっかりと身につけることができます。 説明は、ノートパソコンを使ってのパワーポイントのプレゼンテーションと動画の再生のあと、要所要所で担当者の方が口頭で補ってくれる…という流れでした。 動画の再生中には、担当者の方は席を外します。 動画の終わるタイミングで担当者の方が戻って来るので、待たされたりという時間のロスはありません。 市場の可能性で参加者の期待感をあおる! 事業説明の内容としては、まず、ハウスクリーニングは今後も伸びていく市場であることを、他の市場の規模と比較しながらの説明と、なぜ伸びるのかという市場の背景に関して、分かりやすい説明がありました。 他の2社と同じく「ハウスクリーニング業界は2020年までには8,000億円の市場になっている」という予測で、出店の期待感を盛り上げています。 ここで何度か「始めるのにはタイミングが大事」「タイミングを逃すと、参入したところでお客様が全部取られていて、この需要の拡大に乗ることが出来ない」という言葉が繰り返されました。 また「投資するなら今!」という表現も。 パンフレットの表紙にも「今がチャンス!」と書かれているので、出店希望者を「今すぐ決心しましょう」と説得するのが、おそうじ本舗の説明会のスタイルなのかもしれません。 事業内容の説明で「ハウスクリーニング業って何?」に答える 説明会に来る人の中には「なんとなく他の業種より安く済みそうだから」レベルの知識量で来る人も多いのでしょう。 ハウスクリーニング業務とは何か、フランチャイズとは何か、という、基礎の基礎を、きっちりと教えてくれます。 在宅中の一般家庭の清掃、退去後の清掃、事務所清掃などの違いや、エアコンクリーニングやバス・トイレ清掃などのスポット清掃の、それぞれの業務内容、メリット・デメリットなどを説明していただきました。 やはり大手の担当者さんは、営業専任の方なので、説明がとにかく上手でわかりやすい! そして「始めればすぐ儲かりそう…」という夢を描かせてくれます。 この時点でかなり「おそうじ本舗さんに決めてしまおうかな…」と心が決まりかけました。 第三部 サポート・収支・開業資金について 質問タイムはまだでしたが、ここで事前に気になっていた、開業資金の中の 「システム導入費15万円」という項目について質問しました。 まずは加盟者にはiPad miniに、専用アプリをインストールした状態で配布されるそうです。 そのアプリを通じて、e-ラーニングによる新技術の講習や、本部からの顧客紹介が行われるとか。 本部に入った依頼をアプリを通じて掲示して、それを見たフランチャイジーが、早いモノ順で「やらせてください!」と申し込む仕組みだそうです。 なんとなく、タクシーの配車みたいですね。 清掃先で、落ちにくいシミやヨゴレがあったときに画像を本部に送るとアドバイスがもらえたり・・・という使い方もできるそうです。 こういう徹底したシステムとネットワークは、大手に強みがあるなぁと、つくづく感じ入りました。 収支や開業資金の話題で頭が冷える 収支の説明にうつり、実際にどういう時間割で仕事を入れればいくら儲かるという話になりましたが、この辺りは「実際にそんなにすぐ仕事が来るわけない」という、ちょっと非現実的な数字でのお話。 思った通りを口にしましたが「たしかに開業後すぐにこれほどの数字にはならないけれど、後は頑張る人と頑張らない人の違い」という、やんわりとした答えが返ってきました。 つぎに事業資金の話にうつったのですが、ここで 「自社ローンでも開業資金が貸せる」という事を聞かせてもらい、それまでの前のめりの気持ちが少し収まりました。 自分の場合、開業資金に充当できる予算は用意できていたのですが、 予算がまだ用意できていない人には、借金を勧めてまで、加盟金を支払わせてフランチャイジーにするのだろうか…と思ってしまったからです。 それまで「おそうじ本舗さんにお願いしようかな?」と決まりかけていた気持ちが、ここで少し萎えたのです。 いきなり加盟申込書が渡される!締め切りは5日後 最後の第四部「質疑応答」の時間になって、出店を考えている地域を伝えると、 「支店同士が顧客を奪い合わないで済むように支店を配置しているので、その地域に出せる店舗はあと残り一つ」と言う答えが返ってきました。 「早くしないと、その地域の出店枠が埋まってしまう」とも。 もう少し考える時間が欲しいという意志を伝えると、いきなり 「フランチャイズチェーン加盟申込書」が渡されました。 なんと、申し込み募集締め切りとして、説明会の5日後の日付が書かれています。 申込書には、返信用封筒、加盟審査の受け方・流れという説明書、そして中書企業庁発行の「平成20年度 フランチャイズ契約の留意点」のパンフレット(のコピー)が添えられており、準備万端、あとはハンコを押すだけという状態。 正直、人生の大事な決断である独立開業の行方を託すフランチャイズ本部選びの期間として、たったの5日はないなぁという感想です。 加盟する一個人にとっては、安からぬお金を動かす機会でもあります。 もっと考える時間が欲しいところです。 人によっては「自分の開業したい場所が、あと数日で決心しないと他の誰かに取られてしまう!」と、結論を急ぎすぎてしまうのではないでしょうか。 結局、5日間の期限内に決心することができず、お返事を保留してしまいましたが、その後「ご検討ください」という内容のお手紙が届きました。 総評:押しが強いので、本当に加盟を決心してから参加するのがオススメ この説明会のレポートは、当サイトの管理人の個人的な目と考えというフィルターを通したものです。 その前提で見ていただけると嬉しいのですが、私の感じた「おそうじ本舗」さんの説明会の評価は以下の通りです。 ハウスクリーニングのやり方から市場の強みまで、資料や口頭でわかりやすく説明してくれるのが嬉しかったです。 研修・営業のサポートも大手だからこそできるシステムも導入しており、とても魅力的に感じました。 営業が強い 開業資金にかんして「自社ローンでも可能です」と言われて、"借金を勧めるのか…"と気持ちが少し萎えました。 出店したいエリアについて質問すると、「そのエリアに出せる店舗は残り1つ」との回答が。 返事を後日にする旨を伝えると、締め切りを短めに設定された申込書をもらいます。 「今契約しないと!」と焦らされている気分になり、押しが少し強引に感じました。 説明会に参加してから決心するというより、決心が出来てから説明会に参加するくらいがベストでしょう。 おそうじ本舗の会社概要• 運営会社:HITOWAライフパートナー株式会社(旧社名:長谷川興産株式会社)• 所在地:東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズ サウスタワー• 問い合わせTEL:0120-600-609(フリーダイヤル).

次の

おそうじ本舗でフランチャイズ開業を検討してみた

おそうじ 本舗 説明 会

おそうじ本舗?お掃除本舗?という全国的にハウスクリーニングを展開する会社があるのですが、先日そこで利用してみました。 お風呂クリーニング当日 その週末に早速来てもらい、お風呂のカビ掃除を頼みました。 当日、50代~のおじさんが1人で、やってきました。 高圧洗浄機など機材を台車を載せ、お風呂場に通しました。 作業時間は、1時間~1時間半ぐらい。 その間、ずっと狭い風呂場で見ているのも、気まずいので、私はリビングでテレビを見たりぼーっとしてました。 掃除、終わりましたー!ところが・・・ どれどれ?確かにキレイになってるじゃん! ところが、よく見ると、床にキズが付いていました。 あれ!?このキズ付けましたか? 私:「このキズ、なかったと思うんですが・・・」 おそうじ本舗の人:「いや、私もキズ付けてないです。 」 私:「いやいや!w 家族もそんなキズなかったと言ってますよ。 付けました?」 おそうじ本舗の人:「本当にキズつけてないので、劣化してたんじゃないですか?」 私:「・・・は?もう本社に文句言うので、帰ってください。 」 話にならないので、おそうじ本舗の本社に問合せた。 私:「作業前に、養生してないんですか?」 本社:「養生してないですが、キズつかないはずです。 」 私:「作業前に、双方でキズの有無など確認しないんですか?」 本社:「双方でしてないですが、作業者は確認してます。 」 私:「だとすると、そちらが絶対キズ付けてない!とは言えないですよね?」 本社:「当社は、なにもできないです。 すいません。 」 という回答で、もう二度と使わないという結論に至りました。 浴室のキズを付けておきながら、「会社に全く非がない!」と言い切り、アフターフォローもゼロ。 絶対に非がないなら理解できるけど、そうでないのに、客が悪い!客を嘘つき扱い!! マジ無責任な会社だなと思いました。 調べてみると、SNS上でも結構、酷い目にあった人が多い様ですね。 ヤッパリ評判悪い会社でした。 店長の頭と態度が悪すぎ。 電話をかけると必ず店長が出た。 一言一言に嫌味とアホさを感じたが 「希望の日はいつですか?」 と聞かれた際に「4月1日と、2日と、14日と、21日と…」と言っていくと 聞き終わった後にあざ笑いながら「いや4月1日と2日はもう埋まってます!埋まってるんですよ、もう埋まってます。 3月20日から4月の5日まではもう埋まってます」と何度も何度も言われました。 こっちはそこらへんは埋まってるかも知れないと思い、わざわざ14日や21日と先のことを言ったのに、なぜそこを無視して「うちは盛況なんですよ」とアピールし嘲笑ってくるんでしょうか? 結局14日なら空いてると言われたんですが、態度がうざすぎて結局頼みませんでした。 他にもあげたらキリがないですが、「ちょっと待ってくださいね」と言った後にペンでも用意したんでしょうがいきなり「はい、どうぞ」と言われ意味不明すぎて黙ってしまいました。 どうやら住所などを言ってくださいということだったようですが、いきなり「はい、どうぞ」と言われて住所等を教えるやつがどこにいるんでしょうか。 普段クレームなんて全くかかない自分でもさすがに客をバカにする態度がすごすぎると思ったし、こんなバカにエアコンの掃除を頼むのも嫌だと思いました。 よくこんなアホが電話番してるし、店長してるなぁと思いました。 おそうじ本舗ってこんなレベルか、と思ったのでもう二度と頼みません。 有名な「おそうじ本舗」やウェブで広告しているような会社はお高い。 フランチャイズの本部が取りすぎているのだろう。 それよりは個人や零細企業が集まっているcurama. jpで見つけた家事代行の方が断然安い。 フランチャイズも実体は個人。 サービスの質に大した違いはあるまい。 おそうじ本舗のTVCM費用代を、客から高いお金巻き上げてるようなもの。 バカバカしくない!? 知名度アップに貢献しているようなものです! 結局おそうじ本舗というのは、フランチャイズなので、ただの受け皿で、実際作業するのは、個人の清掃業をされている方々なのです。 その方が、ただおそうじ本舗の制服を着ているだけなのです。 そう考えると、下記サイト「くらしのマーケット」のようなマッチングのサイトがあったり、 他にも、「あなたのマイスター」というマッチングサイトもあります。 結局、ダイレクトで、清掃会社に依頼した方が、プライスも断然お得ですし、賢いやり方です。 なんだか心配・・・って思う人もいると思います。 でも、結局のところ、おそうじ本舗で予約すると、上記マッチングサイトにいる個人店がおそうじ本舗の制服を着用して、あなたの家に訪問するだけです。 一緒のサービスを受けるのに、わざわざ高いお金出すんですか? わたしは、懲りたので、おそうじ本舗は使いません。 高いお金を払っても、アフターフォローはありません。 お風呂のキズも修理してくれませんでした。 だったら、直接個人に依頼した方が賢明です。 以上、これが知名度高いおそうじ本舗の実態でした。 こういうビジネスモデル展開しているのは、ほかの業界でも結構ありますので、 「テレビでやっているから安心、手厚い、問題ない!」など思い込まないでください。 しっかり、 自分でネット、SNSで評判やクチコミをチェックする癖をつけ、後悔のない人生を歩みましょう!.

次の