フラノ クマリン 類。 考えてる? 飲み合わせ「グレープフルーツと薬との相性」

クマリン類|健康食品・サプリメントの泉

フラノ クマリン 類

こんにちは!現役作業療法士(リハビリの専門家)のみやっち()です 今は、70歳以上の2人に1人が血圧の薬を服用していると言われています。 一部の血圧の薬を服用している時にグレープフルーツを食べてしまうと、 めまいや頭痛などの副作用が増悪する場合があります。 まずはグレープフルーツが血圧の薬の副作用を悪化させる理由を分かりやすく解説します。 まず血圧と一言で言っても発生機序が異なる為、使われる血圧の薬も変わってきます。 例えば• 血管の筋肉の興奮• ホルモンの異常• 体内水分量の増加 これらによって血圧は上昇します。 これらの状態に合わせて血圧の薬は処方されます。 その中の一種である「カルシウム拮抗薬」は、血管の筋肉の興奮を抑えて血圧を下げるのが特徴です。 この カルシウム拮抗薬がグレープフルーツとの相性が悪い血圧の薬になります。 その作用機序を簡単に説明すると、血管の周りには平滑筋と呼ばれる内臓専門の筋肉が存在しています。 この平滑筋の動力源となっているのが、カルシウムイオンという物質です。 血圧の薬であるカルシウム拮抗薬は、カルシウムイオンの平滑筋への取り込みを防ぐ事で、血圧を下げます。 しかし、グレープフルーツ(ジュース含む)をカルシウム拮抗薬と同じタイミングで摂取すると、グレープフルーツに含まれる「 フラノクマリン類」と呼ばれる物質が薬の代謝を阻害してしまいます。 代謝が阻害されるという事は、必要な部分に移動できずに体内に留まってしまうわけです。 それにより薬の作用が長く体内に残ってしまい、副作用が強く現れてしまうというわけです。 具体的には、 血圧が下がりすぎて頭痛やめまいなどの副作用が強く現れる可能性が出てきます。 こういった理由により、血圧の薬とグレープフルーツの同時摂取は副作用が強くなる恐れがある為、禁忌と言われているのです! グレープフルーツ以外で副作用のリスクがある果物• 夏みかん• ブンタン• サワーオレンジ• スウィーティ• タンジェリン• 八朔 時間を置いてもグレープフルーツの作用は持続 では、同時摂取でなければ、問題ないのか? と思いがちですが、なんと グレープフルーツの効力は3~4日ほど持続します! 血圧の薬は毎日飲む必要がありますから、服用中はやはりグレープフルーツは食べない方が良いという結論に至ります。 うっかり食べてしまわないように注意が必要です。 グレープフルーツジュースには特に要注意! グレープフルーツそのもだけでなく、ジュースも同様の副作用増悪効果があるとの報告もあります。 しかも血圧に影響を及ぼす成分は、 果汁よりも果皮に多く含まれています(1000倍以上)。 その為、果皮の成分が含まれているグレープフルーツジュースや酎ハイなどは特に注意が必要です。 グレープフルーツとの同時摂取で副作用のリスクがある血圧の薬 副作用のリスクが高まるという事で、 グレープフルーツとの同時摂取を避けるべき血圧の薬としてカルシウム拮抗薬を挙げました。 ここでは、カルシウム拮抗薬に分類される薬の名前を紹介します。 自身で服用している薬の名前がある場合は要注意です!• カルブロック• アテラック• コニール• アダラート• ワソラン ですが、カルシウム拮抗薬の中でも「アムロジン」、「ノルバスク」、「ヘルベッサー・R」という薬はグレープフルーツの影響はないようです。 血圧の薬に限った事ではないですが、薬との食べ合わせは医師や薬剤師から説明があるので、その指示に従いながら服用する事が大切ですね。 レモンは血圧の薬の副作用を悪化させる事はない では同じ柑橘系であるレモンはどうなのか? レモンには血圧の薬の代謝を阻害する物質は含まれていないので、副作用が増悪する心配はありません。 クエン酸の作用• 疲労回復• 血流改善• ダイエット効果 これらのうち血流改善とダイエット効果は高血圧の予防に効果的です。 また、クエン酸には細胞を劣化させる活性酸素を除去する作用があります。 これにより、老化防止やガン予防などの効果が期待できます。 ポリフェノール レモン独自の成分としては、ポリフェノールの一種である「エリオシトリン」と「ヘスペリジン」があります。 これらは、血栓(血液の塊)やガンの予防効果があります。 しかし、どちらも高血圧の予防効果があるのは事実です。 体調を悪くしてからでは様々な制約ができてしまい、最悪の場合は一生それが続きます。 体に良いと言われている食べ物でも、病気になってしまうと逆効果になってしまう事も少なくありません。 薬の種類によって私達が普段何気なく食べている食品が悪影響を及ぼす事もありますから、自分が飲んでいる薬の効果や禁忌事項を理解しておく事は、自分を守る為にも必要ですね。 こちらの記事もご覧ください。

次の

薬物代謝酵素CYP3A4を阻害する柑橘類①

フラノ クマリン 類

記事の内容• 回答:大丈夫とは限らない 高血圧の治療に使うなどの、薬が効き過ぎてめまい・ふらつきといった低血圧の症状を起こす恐れがあります。 これは、グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン」が、薬の分解を邪魔することで起こります。 つまり、 グレープフルーツに限らず「フラノクマリン」が含まれる柑橘系では、同じ相互作用が起こる恐れがある、ということです。 ただし、同じ「Ca拮抗薬」の中でも『アムロジン(一般名:アムロジピン)』のようにほとんど影響しない薬もあります。 柑橘系の果物をよく飲食する人は、薬や果物の種類について医師・薬剤師に相談することをお勧めします。 そのため「グレープフルーツジュース」に限らず、「フラノクマリン」が豊富に含まれている柑橘系では「Ca拮抗薬」との相互作用が報告されているものがあります2。 9倍、AUCが4. 5倍に上昇 ・・・Cmaxが2. 5倍、AUCが3. 3倍に上昇 『ランデル(一般名:エホニジピン)』・・・・・・Cmaxが1. 5倍、AUCが1. 7倍に上昇 一方で、は、「グレープフルーツジュース」と一緒に飲んでも血圧には影響しないことが報告されています5。 3 Clin pharmacol Ther. 67 3 :201-14, 2000 PMID: 4 ランデル錠 インタビューフォーム 5 Br J Clin Pharmacol. 50 5 :455-63, 2000 PMID: 同じ「Ca拮抗薬」でも影響を受けやすいもの・受けにくいものがあるため、職業上や生活習慣上の事情で柑橘系の飲食が多い場合には、一度薬や果物の種類や摂取量について医師・薬剤師に相談するようにしてください。 薬剤師としてのアドバイス:果実であっても、たくさん食べることはお勧めしない 生の果実をデザートとして少し食べるくらいなら大丈夫か?…という質問をよくされますが、例えば果肉であっても1個まるごと食べるとそこそこの影響を受けます6。 4倍、AUCが1. 3倍に増加 『バイミカード(一般名:ニソルジピン)』:Cmaxが1. 5倍、AUCが1. 3倍に増加 6 薬学雑誌. 122 5 :323-9, 2002 影響を受けやすい「Ca拮抗薬」を服用している間は、ジュースだけでなく、果実をまるごと1個食べるようなことも、避けた方が無難です。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の

クマリン類|健康食品・サプリメントの泉

フラノ クマリン 類

こんにちは!現役作業療法士(リハビリの専門家)のみやっち()です 今は、70歳以上の2人に1人が血圧の薬を服用していると言われています。 一部の血圧の薬を服用している時にグレープフルーツを食べてしまうと、 めまいや頭痛などの副作用が増悪する場合があります。 まずはグレープフルーツが血圧の薬の副作用を悪化させる理由を分かりやすく解説します。 まず血圧と一言で言っても発生機序が異なる為、使われる血圧の薬も変わってきます。 例えば• 血管の筋肉の興奮• ホルモンの異常• 体内水分量の増加 これらによって血圧は上昇します。 これらの状態に合わせて血圧の薬は処方されます。 その中の一種である「カルシウム拮抗薬」は、血管の筋肉の興奮を抑えて血圧を下げるのが特徴です。 この カルシウム拮抗薬がグレープフルーツとの相性が悪い血圧の薬になります。 その作用機序を簡単に説明すると、血管の周りには平滑筋と呼ばれる内臓専門の筋肉が存在しています。 この平滑筋の動力源となっているのが、カルシウムイオンという物質です。 血圧の薬であるカルシウム拮抗薬は、カルシウムイオンの平滑筋への取り込みを防ぐ事で、血圧を下げます。 しかし、グレープフルーツ(ジュース含む)をカルシウム拮抗薬と同じタイミングで摂取すると、グレープフルーツに含まれる「 フラノクマリン類」と呼ばれる物質が薬の代謝を阻害してしまいます。 代謝が阻害されるという事は、必要な部分に移動できずに体内に留まってしまうわけです。 それにより薬の作用が長く体内に残ってしまい、副作用が強く現れてしまうというわけです。 具体的には、 血圧が下がりすぎて頭痛やめまいなどの副作用が強く現れる可能性が出てきます。 こういった理由により、血圧の薬とグレープフルーツの同時摂取は副作用が強くなる恐れがある為、禁忌と言われているのです! グレープフルーツ以外で副作用のリスクがある果物• 夏みかん• ブンタン• サワーオレンジ• スウィーティ• タンジェリン• 八朔 時間を置いてもグレープフルーツの作用は持続 では、同時摂取でなければ、問題ないのか? と思いがちですが、なんと グレープフルーツの効力は3~4日ほど持続します! 血圧の薬は毎日飲む必要がありますから、服用中はやはりグレープフルーツは食べない方が良いという結論に至ります。 うっかり食べてしまわないように注意が必要です。 グレープフルーツジュースには特に要注意! グレープフルーツそのもだけでなく、ジュースも同様の副作用増悪効果があるとの報告もあります。 しかも血圧に影響を及ぼす成分は、 果汁よりも果皮に多く含まれています(1000倍以上)。 その為、果皮の成分が含まれているグレープフルーツジュースや酎ハイなどは特に注意が必要です。 グレープフルーツとの同時摂取で副作用のリスクがある血圧の薬 副作用のリスクが高まるという事で、 グレープフルーツとの同時摂取を避けるべき血圧の薬としてカルシウム拮抗薬を挙げました。 ここでは、カルシウム拮抗薬に分類される薬の名前を紹介します。 自身で服用している薬の名前がある場合は要注意です!• カルブロック• アテラック• コニール• アダラート• ワソラン ですが、カルシウム拮抗薬の中でも「アムロジン」、「ノルバスク」、「ヘルベッサー・R」という薬はグレープフルーツの影響はないようです。 血圧の薬に限った事ではないですが、薬との食べ合わせは医師や薬剤師から説明があるので、その指示に従いながら服用する事が大切ですね。 レモンは血圧の薬の副作用を悪化させる事はない では同じ柑橘系であるレモンはどうなのか? レモンには血圧の薬の代謝を阻害する物質は含まれていないので、副作用が増悪する心配はありません。 クエン酸の作用• 疲労回復• 血流改善• ダイエット効果 これらのうち血流改善とダイエット効果は高血圧の予防に効果的です。 また、クエン酸には細胞を劣化させる活性酸素を除去する作用があります。 これにより、老化防止やガン予防などの効果が期待できます。 ポリフェノール レモン独自の成分としては、ポリフェノールの一種である「エリオシトリン」と「ヘスペリジン」があります。 これらは、血栓(血液の塊)やガンの予防効果があります。 しかし、どちらも高血圧の予防効果があるのは事実です。 体調を悪くしてからでは様々な制約ができてしまい、最悪の場合は一生それが続きます。 体に良いと言われている食べ物でも、病気になってしまうと逆効果になってしまう事も少なくありません。 薬の種類によって私達が普段何気なく食べている食品が悪影響を及ぼす事もありますから、自分が飲んでいる薬の効果や禁忌事項を理解しておく事は、自分を守る為にも必要ですね。 こちらの記事もご覧ください。

次の