男性 プロテイン おすすめ。 女性向けプロテインの人気おすすめランキング12選|ダイエットから筋肉増強まで!効果的な摂取法も

プロテインおすすめランキング2019

男性 プロテイン おすすめ

Contents• プロテインの種類 プロテインには、原料や加工方法によって、いくつかの種類があります。 それぞれのプロテインには、メリット・デメリットがあるため、その特徴を最初に紹介します。 ホエイプロテイン Whey(ホエイ)は日本語で「乳清」といい、牛乳から乳脂肪分などを除いた水溶液を指します。 身近なものでいうと、ヨーグルトの上澄みにできる液体がホエイです。 ホエイプロテインは、 身体への吸収速度が速く、運動後の栄養摂取に最も適しています。 液体に溶けやすく、味も淡泊なため、おいしさもプロテインの中では一番です。 そのため、現在市場で売られているプロテインのほとんどは、ホエイプロテインです。 「プロテインの王様」なんて呼ばれ方もします。 身近なものでいうと、ホットミルクを放置した時の上澄みにできる薄い膜がカゼインです。 カゼインプロテインは、 身体への吸収速度が遅く、就寝前など絶食時間が続く時の栄養摂取に最も適しています。 しかし、液体への溶けが悪いので粉っぽく、味はあまりおいしくありません。 そのため、ボディビルダーやアスリートなど、本格志向でトレーニングしている人以外には、あまり人気がないプロテインです。 ソイプロテイン Soy(ソイ)は日本語で「大豆」です。 その名のとおり、ソイプロテインは牛乳ではなく大豆から作られています。 カゼインプロテインと同じく、 身体への吸収速度が遅く、就寝前など絶食時間が続く時の栄養摂取に最も適しています。 また、ソイプロテインには、美容に効果があるイソフラボンも含まれています。 そのため、 女性のダイエット用プロテインとして、一番人気があります。 ただし、動物性ではなく植物性のタンパク質なので、必須アミノ酸量は少なめです。 筋肉増量を目指している人には、あまりおすすめできません。 その他のプロテイン プロテインは、ホエイ、カゼイン、ソイの3種類が一般的です。 しかし海外では、他の食品を原料としたプロテインも人気があります。 それぞれ、 いくつかメリットがありますが、日本では手に入りにくく、値段も高いです。 そのため、あまりおすすめしません。 種類 原料 エッグプロテイン 卵 ヘンププロテイン 麻 ライスプロテイン 玄米 フィッシュプロテイン 魚 ピープロテイン エンドウ豆 プロテインの精製方法 プロテインは原料だけでなく、精製方法によっても性質が変わります。 代表的なホエイプロテインの精製方法には、次の4つがあります。 最大のメリットは、製造コストが安いことによる、値段の安さでしょう。 国内で売られているほとんどのホエイプロテインは、このWPC製法です。 牛乳をフィルターで膜処理する方法と、電荷で化学的に精製するイオン交換法があります。 最大のメリットは、脂肪や乳糖などの不要な成分が、ほぼ入っていないことでしょう。 乳糖不耐症の人でもお腹を下すことなく、安心してプロテインを飲むことができます。 しかし、精製の過程で、脂肪や乳糖と同時に、カルシウムなどの有益なミネラルも、一緒に分離されてしまいます。 また、WPC製法よりも製造コストがかかるため、値段が高い特徴があります。 最大のメリットは、 脂肪や乳糖などを除きながら、ミネラルを残すことができることでしょう。 WPI製法の亜種、上位互換ともいえます。 しかしその分、WPI製法よりもさらに製造コストがかかるため、値段が高い特徴があります。 ペプチドはプロテインとアミノ酸の中間的な存在で、吸収性の高さは圧倒的にNo. 1です。 しかし、CFM製法よりさらに製造コストがかかるため、値段が非常に高い特徴があります。 ボディビルダーやプロアスリートなど、超上級者向けの最高級プロテインといえるでしょう。 プロテインおすすめランキングの対象 ホエイプロテイン このランキングは、プロテインによって筋肉をつけたい人向けに作成しています。 そのため、 最も筋肉の合成力が高い「ホエイプロテイン」だけがランキングの対象です。 ダイエットに向いている「ソイプロテイン」のおすすめランキングは、下から確認できます。 WPCプロテイン このランキングは、トレーニングやダイエットをしている一般人向けに作成しています。 そのため、 最もリーズナブルで一般的な「WPCプロテイン」だけがランキング対象です。 トレーニング上級者向けの「WPI・CFM・WPHプロテイン」のおすすめランキングは、後日作成します。 プロテインおすすめランキングの仕組み 多くのプロテインおすすめランキングでは、運営者の主観で順位が決められています。 しかし、 そのようなランキングは、広告主の意向が絡み、公平性が担保されていません。 このランキングは客観性を保つため、次の3点を公平に比較します。 品質(タンパク質含有割合) 専門的にプロテインの品質を比較する場合、次の基準が使われます。 ・アミノ酸スコア ・プロテインスコア ・PDCAAS(たんぱく質消化性補正アミノ酸スコア) ・DIAAS(消化性必須アミノ酸スコア) しかし、これらの方法での比較は、専門機関での検査が必要なため、現実的ではありません。 そこでこのランキングでは、 タンパク質含有量からタンパク質割合を計算し、プロテインの純度を比較します。 この方法であれば、簡易的に正確なプロテインの品質を比較することができます。 価格(タンパク質1gあたり) プロテインの価格比較は、1袋あたりの価格か、1杯あたりの価格を比較する方法が一般的です。 しかし、プロテインの内容量や1杯あたりの推奨摂取量は、商品によって違います。 そのため、この比較方法では、内容量が少なく、推奨摂取量が少ないメーカーの商品が優位になってしまうため、公平な比較をすることができません。 そこでのランキングでは、タンパク質1gあたりの価格を計算します。 これにより、内容量や推奨摂取量に差異があっても、公平に比較することができます。 味(おいしさと溶けやすさ) プロテインは、基本的に毎日飲むサプリのため、比較する上で味は重要な要素の一つです。 しかし、味に関しては客観的な比較をすることが難しいです。 そのため、 味については、複数の口コミレビューを参考にして、総合的に評価しています。 また私は、今回ランキングで紹介するプロテインをすべて飲んでいます。 その時に体感した液体への溶けやすさも、評価のポイントにしています。 プロテインおすすめランキング 第1位 IMPACT ホエイプロテイン 販売 MYPROTEIN(マイプロテイン) 価格 10,990円 サイズ 5,000g、2,500g、1,000g フレーバー 53種類 タンパク質量 21. 0g 含有割合 84. 2019年現在、ヨーロッパで一番売れているホエイプロテインといわれています。 フレーバーは53種類あり、ピーチティー味、チーズケーキ味など、マニアックな味もあります。 私は全種類飲みましたが、基本的に一般的な海外プロテインより甘さ控えめでおいしいです。 1gあたりの値段も安く、コスパも良好です。 特にはじめて利用する人は、 下のリンクをクリックしてから商品をカートに入れると、自動的に500円OFFになります。 高品質、低価格で美味しい、これを選んでおけば間違いないプロテインです。 第2位 ホエイプロテイン100 販売 ALPRON(アルプロン) 価格 1,944円 サイズ 1,000g フレーバー 3種類 タンパク質量 15. 6g 含有割合 78. アルプロンは、ドン・キホーテとのコラボ「刃牙プロテイン」や、自衛隊とのコラボ「ミリタリープロテイン」など、変わった商品を数多く展開しています。 しかし、このホエイプロテイン100は、業界最安値を目指して作られたシンプルな商品です。 2019年現在、1gあたりの値段は、狙い通り業界最安値になっています。 3種類の味は、かなり薄味なので、水より牛乳で割った方がおいしく飲めるでしょう。 ちなみに、アルプロンには11種類のフレーバーが用意されたWPCプロテインもあります。 そちらの方が、味が濃くておいしい、3kgの大容量があるなど、いくつかメリットがありますが、値段が少し高めなので、こちらの方がおすすめです。 第3位 ビッグホエイ 販売 BULKSPORTS(バルクスポーツ) 価格 12,001円 サイズ 5,000g、2,300g、1,000g フレーバー 11種類 タンパク質量 18. 8g 含有割合 75. かつては13kgという、超大容量販売をしていましたが、現在は行っていません。 それでも、 日本のメーカーとしては珍しい、5,000gという大容量販売をしています。 品質、価格ともに高水準で、かなりレベルの高い商品です。 味は11種類と豊富ですが、味は薄めの作りになっています。 アンチ・ドーピング栄養分析結果証明書が発行されている商品なので、ドーピング検査が必要なアスリートでも安心して飲むことができます。 0g 含有割合 80. それでいて、1gあたりの値段も4. 45円と、そこまで高くありません。 ケンタイには、純粋なWPCプロテインである「パワーボディ」という商品もあります。 しかしこちらは、ビタミンとミネラルが入っていないにも関わらず、タンパク質含有割合73. 6円と、どちらも少し劣っています。 そのため、ケンタイのプロテインとしては、こちらの方がおすすめです。 第5位 ビーレジェンドプロテイン 販売 be LEGEND(ビーレジェンド) 価格 1,000円 サイズ 3,000g フレーバー 13種類 タンパク質量 16. 0g 含有割合 75. 最近では、ストリートファイターVとコラボし、波動拳風味のプロテインを発売するなど、ユニークな商品も開発しています。 最大の特徴は、13種類の個性あふれるフレーバーです。 特に「一杯飲んどコーラ風味」は微炭酸が入っており、かなり斬新な味がします。 品質や値段は普通ですが、変わったプロテインを飲みたい方におすすめです。 第6位 マッスルフィットプロテイン 販売 MORINAGA(森永製菓) 価格 9,560円 サイズ 2,500g、900g、360g フレーバー 2種類 タンパク質量 15. 2g 含有割合 76. ホエイとカゼインのハイブリッドになっており、タンパク質を時間差で吸収することができます。 おもしろい商品ではありますが、正直どっちつかずの中途半端なプロテインという印象です。 この加工のせいか、1gあたりも5. 03円と高めのため、コスパもよくありません。 ビタミンとミネラル配合にもかかわらず、タンパク質含有量は悪くないですが、それであれば第4位のケンタイのプロテインの方が上でしょう。 第7位 マックスロードプロテイン 販売 glico(グリコ) 価格 8,140円 サイズ 3,500g、1,000g フレーバー 4種類 タンパク質量 13. 6g 含有割合 68. 8種の水溶性ビタミンに、カルシウム、鉄、葉酸などのミネラルが配合されています。 マルチビタミンサプリとしてはいいですが、プロテインとしては微妙な商品といえるでしょう。 味はかなり濃いめに作られており、牛乳で飲むとジュースのようにおいしいです。 第8位 ピュアホエイプラス 販売 Champion(チャンピオン) 価格 5,640円 サイズ 2,177g(4. 8 lbs)、907g(2 lbs) フレーバー 7種類 タンパク質量 22. 0g 含有割合 70. WPCプロテインとしては、世界でも上位の人気を誇る商品です。 最大の特徴は、とにかく味がおいしいことでしょう。 7種類のフレーバーは、どれも溶けやすく、泡立ちもほとんどありません。 それでいながら、しっかりとした甘さがあり、かなりおいしく飲むことができます。 しかし、味以外の部分で目立った特徴はありません。 あえてこの商品を選ぶ理由は少ないでしょう。 第9位 ザバス ホエイプロテイン100 販売 meiji(明治) 価格 8,524円 サイズ 2,520g、1,050g、378g フレーバー 2種類 タンパク質量 21. 0g 含有割合 71. 大型スポーツ用品店では必ず目立つ位置に置かれているため、ほとんどの方がパッケージを見たことがあるでしょう。 しかし、 知名度は抜群ですが、プロテインの質はそこまで優秀ではありません。 8種のビタミンが配合されているものの、タンパク質量は71. タンパク質1gあたりも4. 74円と高めになっています。 これであれば、第4位のケンタイのプロテインの方が、品質、価格ともに優秀でしょう。 ただし、味は安定しておいしいです。 さすが、明治が作っているプロテインといった感じです。 第10位 DNS プロテインホエイ100 販売 DOME(ドーム) 価格 13,608円 サイズ 3,000g、1,000g、350g フレーバー 2種類 タンパク質量 24. 6g 含有割合 74. かなり広告に長けている印象があり「鍛えたら、飲め。 」「うまいかどうか、飲んで決めろ!」といった挑発的なフレーズを使っています。 パッケージのデザインも、他のプロテインとは少し形が違ってかっこいいです。 しかし、プロテインのコスパは決して良くありません。 タンパク質含有割合は、ビタミン群などが入っていないにもかかわらず、74. 1gあたりのタンパク質量に関しては、今回のランキングでは唯一、6円を超えています。 商品としては、とてもおすすめできるプロテインではありません。 プロテインと併用したいサプリ 筋肉をつける上で、最も重要なサプリはプロテインです。 しかし、 効率よく筋肉をつけるためには、プロテインだけでは物足りません。 プロテインは「筋肉サプリ」と併用することにより、その効果が著しく上昇するからです。 実際、ほとんどのアスリートは、数種類の筋肉サプリをプロテインと併用しています。 しかし、一般の方には、アスリートのようなサプリの併用摂取は推奨できません。 筋肉サプリには、飲み合わせが悪いもの、摂取上限量がシビアなものがあり、スポーツ栄養学の知識がないままに摂取すると、内蔵に大きな負担がかかるからです。 また、サプリ代だけで月に数万円するため、経済的な負担も増えます。 そこでおすすめなのが、 クレアチン・BCAA・グルタミンなど、筋肉の成長に効果的な成分が一粒に丸ごと配合されている、オールインワンの筋肉サプリです。 オールインワンの筋肉サプリには、管理栄養士が組んだような、理想的なバランスの成分が配合されています。 これを飲むだけで、栄養面における筋トレ成果の無駄は、ほぼなくなるでしょう。 本格的に筋肉をつけたい方は、プロテインとの併用がおすすめです。 バルクアップHMBプロ 販売 株式会社bonds 入数 150粒 1日の推奨粒数 5粒 定期価格 5,250円 1日分の価格 175. 0円 返金保証期間 90日間 配合成分 HMB、クレアチン、BCAA、グルタミン、ビタミンB2、クラチャイダム 2017年度の顧客満足度No. 1に選ばれた、オールインワンタイプの筋肉サプリです。 筋肉の分解を抑制し、合成を促進する「HMB」が2,000mg配合されています。 さらに、筋力アップに効果があるクレアチン、疲労回復効果のあるグルタミンなど、筋トレする人にはおなじみの成分が5種類配合されています。 最大の特徴は、群を抜いた値段の安さでしょう 1日あたり200円以上が普通のオールインワンタイプの筋肉サプリにおいて、175円という圧倒的なコスパの良さを誇ります。 筋トレの効果を実感できない場合は、90日間という長い全額返金保証もあります。 プロテインと併用するサプリを探している方は、ぜひ試してみるといいでしょう。 筋トレの効果が飛躍的に向上するはずです。

次の

初心者はここに気をつける!失敗しないプロテインの選び方

男性 プロテイン おすすめ

プロテインには味、タンパク質やビタミンの量、溶けやすさ、目的などの違いで様々なプロテインが発売されています。 一昔前までは、プロテインといえば 「まずい」、「粉っぽい」、「できれば飲みたくない」などあまりよい印象がありませんでした。 その 「まずさ」 に関しては罰ゲームの様相を呈しており、 必要に迫られていない限り 「3日坊主」 は約束されたようなものでした。 筋トレで体作り、筋肉作りに励む人にとっては、必要な栄養だけど、どうしても飲み続けることができないものがプロテインだったのです。 栄養摂取もトレーニングの一つとするなら、「 トレーニング以上に継続するのが難しいのがプロテインの摂取」だったのです。 しかし、いまでは各メーカーの努力によって、 栄養成分の向上と共に 「味」「溶けやすさ」を追求した 「美味しくて、飲みやすい」 プロテインが多数開発され、販売されています。 もう、嫌々飲む必要はありません。 プロテインは、筋トレ効果を高め、筋肉に必要なたんぱく質を効率的に補給できる食品です。 そこで多くの人に利用され、続けられるプロテインを比較・おすすめランキングでご紹介しています。 参考にしていただければ幸いです。 とにかく美味しい。 まさにココアそのものの味です。 子供に「ココアだよ」と言って出しても、普通に飲んでくれるに違いありません。 万人受けするプロテインだと言っても良いでしょう。 混ぜた後のダマですが、多少小さなカタマリが見られます。 ただ、以前のように大きなダマで、その中は粉のままということはなく、トロッとした小さなダマが若干残る程度です。 それもココアクリームのようで、ある意味美味しかったりします。 ビタミンB群とビタミンCも配合されて言うことなしです。 プロテインが始めての人やこれまで挫折してきた人におすすめです。 【人気の理由】• ココア味で子供から大人まで美味しく飲めるから。 普通にココアなのでビックリした。 これまでのプロテインに比べ、格段に溶けやすいから。 ビタミン群もしっかり配合されているから。 付きにくかった筋肉が、筋トレ直後に飲むようにしたら付いてきた。 【おすすめの飲み方 ベスト3】 1位 ・・・ 牛乳または低脂肪乳(とても美味しい。 まさにココア) 2位 ・・・ 冷たい水(牛乳に比べると味は落ちるが、まずくはない。 かなり薄いココア) 3位 ・・・ 常温の水(冷たい水に比べると味は落ちる。 初めての人はやや覚悟が必要) 『ザバス SAVAS ホエイプロテイン100 ココア味 1050g』 ザバス SAVAS ホエイプロテイン100 ココア味 1050gのデータ タンパク質のタイプ 乳清たんぱく(ホエイプロテイン) 商品金額 4,010円(税込)/内容量:1050g タンパク質摂取量/1杯あたり 約15. 価格が安いわりに高品質なので一般トレーニーからボディビルダーまで幅広く愛用されている人気プロテイン。 もともと人気はありましたが、リニューアルにより、さらに品質が向上したことから、ランキング圏外から一気にランクアップした優良プロテインです。 たんぱく質 1gあたり4. 5円は、ランキング内でトップレベルのコストパフォーマンスを誇っています。 質と価格のバランスで優位性が高まったことがランクアップの要因です。 味はプロテインメーカの中で群を抜く11種類が用意されています。 その中でも人気No. 1がココアミルク味です。 甘さが抑えられているので、 甘さが苦手な人でもさらっと飲むことができます。 甘党の人には薄味感が強く出るかも知れませんが、牛乳でシェイクするとまろやかな味になり、美味しく飲むことができます。 (ただバルクアップを除いて基本は水で飲むことをおすすめします) どうしても薄味が嫌な方は、甘めの「」がお奨めです。 1回あたりのたんぱく質の量は18g。 細マッチョを目指しているような一般トレーニーが摂る上で適切な量を摂ることができます。 また、バルクスポーツが利用者の声に耳を傾けることで、常に改善を重ねているメーカであることも特筆すべき点であります。 【人気の理由】• 筋トレ後に摂取して少しずつ筋肉が付いてきた。 随分、プロテインにかける費用を節約できた。 溶けやすくて飲みやすい。 今までのプロテインの中でも安くてコストパフォーマンスが一番良かったから。 筋肥大に有効なロイシン(必須アミノ酸のひとつ)もきちんと含まれているから。 甘さが控えめで飲みやすい。 2Kg (筋肉アップ) 世界的に人気のプロテイン「チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン」。 初心者から上級者、そしてボディビルダーまで幅広く利用されており、1度使うとやめられないといった声がよく聞かれます。 質にこだわるアメリカで絶大な人気を獲得し、日本で発売されるや否や日本で活動するボディビルダーを中心に広がっていきました。 質とコストパフォーマンスの両面を備えていることもあり、今では筋トレ初心者からも高い支持を得ています。 1日1杯で2ヶ月もつので、こまめに買っていた人は手間も省けます。 (私は2~3本をまとめ買いしてストックしてます) 筋肉の合成を促進する BCAA(分岐鎖アミノ酸=バリン・ロイシン・イソロイシン)がバランス良く配合されているので、筋トレの効果を最大限に高め、効率的な筋量アップを目指すことができます。 筋トレをしていて切実な悩みの一つに効果が出にくい事が挙げられますが、その悩みを取り除いてくれるのがチャンピオンのピュアホエイスタックプロテインだと言えます。 味はいろいろなフレーバーがあり、中でもチョコレートブラウニーは別格です。 水で飲んでも非常に美味しく、プロテインと知らなければチョコレートジュースを飲んでいるような錯覚を覚えるくらいです。 万人受けするように甘めに作ってあるので、辛党の人は甘さがネックになるかも知れません。 でも、水の量を多めにすることで甘さは和らぐので、購入後に飲まなくなるような心配はないでしょう。 私管理人は、28年前(1989年)の高校生の時以来、いろいろなプロテインを試していますが、チャンピオンのチョコレートブラウニーが発売されてからはメインのタンパク源として筋トレ後を中心に欠かさず飲み続けています。 味が良く飲みやすいこともありますが、直接的な効果としては1杯当たりのタンパク質の量(約22g)が豊富で、 筋量の増加ペースが加速していることを実感できたことが大きいです。 週4日程度ので約7kgの増量に成功したのは、まさにプロテインの適切な摂取によるものが大きかったと思っています。 なお、プロテインの中では、しっかりと混ぜてもパウダーがダマになって残る場合がありますが、このプロテインは ダマになりません。 そのため、最後まで綺麗に飲むことができ、約22gのタンパク質を無駄なく取り込むことができます。 たんぱく質1gあたりのコストは、 4. 14円(6円前後が主流)と、圧倒的なランキングトップを堅持。 プロテインの本場だけあって、質とともに高いコストパフォーマンスを誇っています。 チャンピオンのピュアホエイスタックプロテインは、細マッチョになりたい人、スタイルを良くしたい人、ゴリマッチョになりたい人、タンパク質が慢性的に足りてない人など、様々な目的に適したプロテインです。 ぜひ、効果を確かめてみて下さい。 【人気の理由】• チョコレート味しか飲んでいませんが、抜群の美味しさで気軽に飲めるから。 溶けやすく溶け残りができないから。 美味しい!• 筋肉が大きくなってきた。 本場アメリカで実績あるプロテインだから。 ボトルなので粉をすくいやすい。 最後まできれいに飲める。 関連リンク : 【おすすめの飲み方 ベスト3】• 1位 ・・・ 常温の水 水で飲むと美味しくなくなるプロテインが多い中、チョコレートブラウニーは抜群の美味しさを誇ります。 蛇口をにひねるだけなので冷やす手間も省け、コスパの優位性を最大限生かせる飲み方です。 もちろん、牛乳に比べて脂肪分等の余分なものを極限まで減らすことができ、筋肉アップに伴う体脂肪率の減少にも寄与します。 2位 ・・・ 冷たい水 味自体や効果は常温と変わりありませんが、常温の飲み物が苦手な人は冷やして飲むと味が引き締まって飲みやすくなります。 3位 ・・・ 牛乳または低脂肪乳 水に比べてまろやかになり、非常に飲みやすくなります。 甘さが苦手な人はお勧めできませんが、牛乳からのタンパク質もプラスして摂りたい人にはおすすめです。 『チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン チョコレート』 チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン チョコレートのデータ タンパク質のタイプ 乳清たんぱく(ホエイプロテイン) 商品金額 6,200円(税込・ 送料込)/内容量:約2.

次の

【検証】おすすめHMBサプリ11選|筋トレ効果のあるおすすめHMBサプリランキング

男性 プロテイン おすすめ

おすすめのプロテインランキングが知りたい 筋トレやダイエットのお供に欠かすことのできないプロテイン。 プロテインとは日本語で「たんぱく質」という意味です。 普段の食事では必要なたんぱく質を摂るのは難しいですが、プロテインがそれを解決してくれます。 なぜ筋トレにプロテインが必要なの? 筋肉を付けるには筋トレをするだけでは不十分であり、それ以外の要素として栄養と休養をとることも大事になります。 筋肉は筋トレによりその繊維が破壊されますが、ここにプロテインをはじめとする栄養を与えることで修復・回復され、その過程で強く太い筋肉になります。 また、プロテインは筋肉だけでなく髪、爪、皮膚も構成していることから、筋トレをしない人にも大切な栄養素であるといえます。 例えば、たんぱく質含有量が豊富なサラダチキンでも1個につき20g程度のたんぱく質しか摂れません。 プロテインの選び方のポイント プロテインメーカーからはさまざまな種類のプロテインが販売されています。 溶けやすさや味で選んでしまうのもひとつのポイントですが、以下の3つのポイントも参考にして選びましょう。 一見プロテイン自体の容量が大きくても、含まれているたんぱく質の量が少ないものもあります。 また、1回あたりの値段もプロテインを選ぶ基準になります。 何食分入っているかはパッケージに記載があるので、値段をその食数で割ると1杯当たりの値段が出ます。 ホエイプロテイン…牛乳が原料で吸収が早い• カゼインプロテイン…牛乳が原料で吸収が緩やか• ソイプロテイン…大豆が原料で吸収が緩やか ホエイプロテインは最も一般的なプロテインで、吸収の早さと価格の安さが特徴です。 運動後や起床後の栄養を素早く補給したいタイミングで摂取するのがベストです。 運動をする人に特におすすめです。 一方、カゼインプロテイン、ソイプロテインは吸収が緩やかで腹持ちが良いという特徴を持ちますので、間食のタイミングや就寝前の摂取がおすすめです。 また、置き換えダイエットなどにもいいです。 寝ている間にゆっくり栄養を送りこむことができるので、エネルギーが枯渇することがなく効率的にたんぱく質を補給できるようになります。 特にこだわりが無ければ、ホエイプロテインがおすすめです。 例えば、価格の高いプロテインには、クレアチンやグルタミンなどのアミノ酸や、今話題の成分であるHMBが配合されているものもあります。 ウェイトゲイナーという体重増加を目的としたプロテインには糖質が大量に含まれています。 一見価格が安くお得に見えるプロテインも、筋肉の合成に有効なビタミンBが配合されていないものが多いので、別のサプリなどでビタミンを摂取する必要があります。 おすすめプロテインランキングTOP10 それではおすすめプロテインランキングをご紹介します。 こちらの順位はたんぱく質の含有率順でランキングにしました。 なお、すべての表示価格は執筆現在のものです。 このランキングはあくまでもたんぱく質の含有量ランキングなので、その他の成分についてはランキングに反映されていません。 このランキングと上記の選び方のポイントを参考にしながら自分にあったプロテインを見つけてみてください。 フレーバーは4種類あり、「焦がしカラメルミルク風味」や「チョコストロベリー風味」を始め、和風テイストの「黒糖きな粉風味」や「抹茶小豆風味」など、他のメーカーとは違ったフレーバーも用意されています。 成分としてはたんぱく質の他に各種ビタミンや、筋肉に効率的かつ素早く吸収されるホエイペプチドも配合。 しかもCFM(R)という製法により、乳製品でお腹を壊す原因となる乳糖を可能な限り排除してあり、お腹に不安のある人も安心です。 また、このミックスベリー味が美味しく、非常に人気の味です。 一方で価格に関してはかなり高いため、1日数回を毎日飲むとなると、相当なコストがかかってしまいます。 ほぼ常にセールをしているため、ここに記載の1杯当たりよりもさらに安く飲めることがあります。 フレーバー数も50種類以上と多く、バリエーションを持たせることができます。 ただ、味によっては溶けにくいもがあったりするのは若干のデメリットであり、またビタミン類は配合されていないので、純粋なたんぱく質が欲しいという方には向きますが、ビタミン類が欲しいという方は別途用意して飲まないといけません。 公式サイトでは、ほぼ毎日セールをやっている状態なので公式サイトからの購入がおすすめです。 このプロテインはWPIに分類されます。 この違いは、牛乳でお腹を壊す原因となる乳糖をWPIではほとんど排除しており、また余計な脂質や糖質もWPCよりも少なく、効率的にたんぱく質を摂取したい方におすすめです。 デメリットとしては価格が通常のプロテインよりも高いというところでしょう。 減量期限定で使うというのもアリです。 ビタミンによりたんぱく質の吸収効率が高まり、また食物繊維がお腹の状態を整えてくれます。 味に関しても飲みやすくなっており、価格も安いので続けやすいです。 デメリットとしては、ソイプロテイン全般に言えることですが、大豆には制限アミノ酸というものも配合されていることから、ホエイプロテインと比べて吸収効率が悪い点です。 タイミングごとにホエイプロテインと使い分けるといいでしょう。 グルタミンが配合されているプロテインは中々珍しく、筋肉の炎症や疲労を軽減してくれる効果が期待できるほか、免疫機能の改善にも効果を発揮しますので、風邪予防にも役立ちます。 海外メーカー製品ということで、日本国内で販売しているところは限られており、基本的にはネットでの購入になりますので、商品を手にするまでのタイムラグがある点は若干のデメリットでしょうか。 その他にも、保存料や増粘剤を使用しておらず、またアンチドーピングの認証も受けていますので、アスリートにも安心のプロテインです。 デメリットというほどのものでもないですが、味に関しては少し薄い印象を受けますので濃い味がお好きな方は少し物足りなく感じるかもしれません。 たんぱく質の含有量も多いところから、筋肉を大きくしたい人に向いています。 この商品は国際的なアンチドーピングの認証を受けており、安心して摂取することが可能です。 デメリットとしては、価格がそこまで安くない一方でビタミン類が配合されていなという点です。 別途ビタミンを摂取することで吸収を高めることができます。 味も非常に良いです。 たんぱく質以外にもビタミンも配合されており、その他モンドセレクションや日本アンチドーピング機構(JADA)の認証も受けているので、オリンピックを目指すアスリートでも安心して飲むことができます。 デメリットに関してはこの激うまチョコ風味は特に粉末の粒子が細かく、袋を開けた時に粉が舞うことがあること、シェイクを作った際の泡立ちが若干激しい点があります。 こちらもJADAの認証を受けておりますので、一般の方だけでなくアスリートにもおすすめです(実際に多くのトップアスリートが使用しています)。 飲みやすさに関しても水に簡単に溶かすことができ、味も悪くありません。 デメリットとしては、たんぱく質含有量がそこまで高くないこと、フレーバーのバリエーションが少ないということでしょうか。 WPIに分類されますので、お腹を壊す心配がある人にも飲みやすいプロテインになっています。 デメリットとしては、WPIのわりにたんぱく質含有率が少ない点です。 糖質の量がかなり多いので、増量をしたい人には向いていると思います。 また、味がかなり甘いので、甘い味が自我てな人は多めの水で飲むようにしましょう。 プロテインの正しい飲み方は? プロテインの飲み方については、基本的には水や牛乳で溶かします。 特に運動後はすぐに栄養を吸収したいので、より早く吸収される水で溶かして飲むようにし、一方で吸収を緩やかにしたいタイミングである就寝前においては牛乳で作ることをおすすめします。 1日どれくらい飲めばいいの? 筋肉を大きくしたい人の場合、1日のたんぱく質の推奨摂取量は体重1kgあたり2gとされます。 つまり体重60Kgの人は1日120gのたんぱく質が必要ということです。 食事からの摂取が基本になりますが、それだけでは摂取しきれないたんぱく質をプロテインで補いようにしましょう。 タイミング 摂取タイミングとしておすすめなのは、まずはトレーニング直後です。 このタイミングはゴールデンタイムとも呼ばれ、体のエネルギーが枯渇している状態なので、栄養を吸収しやすいタイミングになっていますので、確実に摂取しましょう。 そのほか、就寝前に摂取することで寝ている間にたんぱく質を送り込むことができます。 小腹が空いた時に飲んだり置き換えダイエットとして食事の代わりに使うこともできます。 プロテインの注意点は? プロテインを飲む際に注意点はあるのでしょうか。 ここでは、副作用の有無やプロテインの疑問などを解説します。 プロテインに副作用はある? プロテインはサプリメントですので、基本的には副作用はありません。 しかし、過剰な摂取をすることにより肝臓をはじめとする内臓に負担がかかってしまうことがあります。 また、たんぱく質は悪玉菌のエサになるため、腸内環境が乱れておならのにおいが臭くなるという可能性もありますので、注意は必要です。 食物繊維や乳酸菌を別途摂取するようにしましょう。 プロテインを飲むと太る? プロテインで太るということはまずありません。 基本的にプロテイン1杯当たりのカロリーは100kcalですので、1日に20杯くらい飲まない限り太ることはありません。 ですが、過剰に摂取することは体調不良の原因になりますし、栄養バランスも崩れてしまうので注意が必要です。 あくまでもサプリメントであるということは忘れないでください。 食事からもたんぱく質を摂ることが大切 繰り返しになりますが、プロテインはサプリメントですので、栄養摂取のメインは食事からです。 たんぱく質を多く含む食材としては肉、魚、大豆製品、卵が挙げられます。 肉には豊富なアミノ酸も含まれてており、鉄分も豊富ですし、魚には良質な脂が含まれています。 こうした食材をからメインのたんぱく質を摂取し、足りない部分をプロテインで補いましょう。 まとめ 以上、筋肉に効果的なサプリメントであるプロテインについて解説してきました。 まだまだ紹介しきれていないプロテインもありますので、ご自身で調べてみるのもいいでしょう。 いつでもどこでも飲むことができるプロテインを有効に活用することで効率的にたんぱく質を摂取できます。 今回の記事を参考にして、プロテイン生活を始めてみましょう! <おすすめ関連記事>.

次の