炭次郎 カナヲ。 鬼滅の刃の炭治郎とカナヲは今後くっついてしまうのでしょうか?

【鬼滅の刃 157話感想】カナヲ様vs童磨、カナヲさんゲス顔全開でワロタwwwwww

炭次郎 カナヲ

【鬼滅の刃】炭治郎と栗花落カナヲがなんだかいい感じ!恋かしら? 『鬼滅の刃』の主人公、 竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と栗花落カナヲ(つゆり・かなを)がなんだかいい感じなのです。 炭治郎にその自覚があるかどうかは別として。 栗花落カナヲの閉ざされた心を素直でやさしい炭治郎が開けていくのです。 陽だまりです。 日向です。 雪解けです。 冷たい大地に柔らかい日の陽が差し込んでいくのです。 栗花落カナヲは感情を感じないタイプなのです。 昔はそんなことなかったんですよ。 ただ自ら何も感じない様になったのです。 生きていくために感情を遮断したのです。 栗花落カナヲはなかなかの、しんどい生い立ちなのです。 栗花落カナヲの過去 幼少時代のカナヲは思う。 というその時の彼女にまだ名前はない。 親が名前をつけてくれなかったのだ。 彼女は思う。 お腹がすいた 悲しい虚しい 苦しい寂しい そんな日々だった だけど ある日ぷつんと音がして 何もつらくなくなった そんな彼女は貧しい生活の中、 親に売られてしまいます。 そんな時も、彼女はなにも感じませんでした。 おいおいおいおい、 栗花落カナヲどうなっちゃうんだい・・・。 縛られて歩く彼女。 そんな彼女を胡蝶カナエと胡蝶しのぶが、 連れ帰ります。 胡蝶しのぶは言います。 姉さん この子全然だめだわ 言われないと何もできないの 食事もそうよ 食べなさいって 言わなきゃずっと食べない ずっとお腹鳴らして 胡蝶カナエはカナヲについて言います。 きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫 いつか 好きな男の子でも できたらカナヲだって変わるわよ カナヲは胡蝶姉妹に蝶屋敷に連れられて、本当によかったのです。 栗花落カナヲは蝶屋敷で育っていくのです。 栗花落カナヲってどんな人なの? 栗花落カナヲは蟲柱・胡蝶しのぶの継子(つぐこ)です。 継子というのは柱の育てる隊士です。 相当才能があって優秀じゃないと選ばれません。 栗花落カナヲはすごいのです。 誕生日は5月19日 これは出生が不明だったため胡蝶姉妹に出会った日を誕生日としているのです。 趣味は朝から晩までシャボン玉。 生い立ちもあり、 自分の感情が自分でもあまりよくわかりません。 そのため 指示がないことは銅貨を投げて物事を判断します。 栗花落カナヲは言います。 ですが栗花落カナヲ、炭治郎との出会いで変っていくのです。 炭治郎とカナヲの関係 二人は鬼殺隊の同期です。 『藤襲山』(ふじかさねやま)での最終選別にて 同じ試験日に合格しました。 ちなみに同期には 我妻善逸(あがつま・ぜんいつ) 嘴平伊之助(はしびら・いのすけ) 不死川玄弥(しなずがわ・げんや) がいます。 この時、 炭治郎とカナヲに接点はありませんでした。 会話も交わしていません。 二人に接点が生まれたのは、 下弦の伍・累の討伐に蟲柱・胡蝶しのぶがやって来たためです。 胡蝶しのぶの付き添い(継子だし)で、カナヲもやって来ました。 カナヲ、最初は鬼である禰豆子を切ろうとしていた次第であります。 炭治郎が胡蝶しのぶの蝶屋敷にて、 傷の回復と修行を行ったさい、カナヲと炭治郎の距離は縮まるのです。 カナヲは自分の感情に希薄です。 指示された以外のことは銅貨を投げて物事を判断します。 それを踏まえつつ、炭治郎とカナヲの会話です。 炭治郎は言います。 俺たち 出発するよ 色々ありがとう カナヲはニコニコしているだけで、 とくに何も答えません。 そんな時間がしばらく過ぎていきます。 炭治郎は言います。 そんな時間がしばらく過ぎていきます。 ・・・・・・。 カナヲは銅貨を投げます。 カナヲは言います。 師範の指示に従っただけなので お礼を言われる 筋合いは無いから さようなら 炭治郎は喋ってくれたことに喜びます。 炭治郎から始まる炭治郎とカナヲ、二人の会話です。 カナヲがこれから 自分の心の声をよく聞くこと 表!!表にしよう 表が出たら カナヲは心のままに生きる で、表が出ます。 頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! じゃ またいつか! 表が出たことがを不思議がるカナヲに炭治郎は言います。 偶然だよ それに裏が出ても 表が出るまで 何度でも 投げ続けようと思ったから 元気で~ そうなのです。 炭治郎はいい子なのです。 こりゃあみんな、すきになっちゃうよ。 なのです。 カナヲの冷たく閉ざされを心に炭治郎が温かいのです。 いや~いい子に育ったもんだなと・・・。 炭治郎、ご両親の愛情をしっかり自覚して受け止めて育った感じなのです。 キュンキュンですね。 炭治郎、上弦の陸・妓夫太郎 ぎゅうたろう ・堕姫 だき との戦いのあと、 二か月間意識が戻りませんでした。 栗花落カナヲ、看病をしてくれていたようなのです。 目が覚めて 良かった・・・ その後、 みんなが集まってきてワチャワチャ賑わしくなります。 そんな中、栗花落カナヲは意思表示をします。 そうなのです。 栗花落カナヲは炭治郎が心配なのです。 あの指示された以外のことは、銅貨を投げて決めたいたカナヲが・・・。 栗花落カナヲが自分の意志を持って、 動いていくようになるのです。 二人の関係は今後どうなっていくのでしょう? 楽しみです。 カナヲが自らの意志で銅貨を捨てる日が来るんでしょうね。 楽しみです。 最後までお読みいただき ありがとうございました。 kotobatoasobi.

次の

【鬼滅の刃】炭治郎は最終回のその後、カナヲと結婚!?子孫は竈門炭彦とカナタ!(ネタバレ注意)

炭次郎 カナヲ

炭治郎を止める禰豆子(ねずこ) 伊之助を攻撃する炭治郎ですが、人間に戻った禰豆子(ねずこ)が炭治郎に抱きつき止めます。 禰豆子は炭治郎に、ごめんねと謝ります。 ずっと何もわからなくなっていてごめんなさい、お兄ちゃん一人に全部背負わせたねと禰豆子。 炭治郎に肩を噛じられながら、禰豆子は泣きながら言います。 どうしていつもお兄ちゃんばっかり苦しいめにあうのかなあ、どうして一生懸命生きてる優し人たちが、いつもいつも踏みつけにされるのかなあ。 悔しいよ、お兄ちゃん負けないで、あと少しだよ、鬼になんてなっちゃだめ。 帰ろう、ね、家に帰ろう。 突然、炭治郎は叫び声を上げ、周囲に衝撃が走ります。 必死で炭治郎に抱きつく禰豆子ですが、炭治郎の爪が禰豆子の背中を刻みます。 善逸と「隠」も炭治郎に抱きつき、やめろー!と叫ぶ善逸。 善逸は、禰豆子ちゃんだぞ、元に戻ってる、人間に戻ってる。 こんなことしたら死んじゃうよ!お兄ちゃんて呼んでるだろ!と善逸は叫びます。 再び叫ぼうとする炭治郎ですが、伊之助が炭治郎の頭を叩き、やめろー!と言います。 伊之助は炭治郎をボカボカ叩きながら、ガーガー言うなと叫びます。 禰豆子に怪我とかさせんじゃねえ!お前そんな、そんな奴じゃないだろ! あんなに優しかったのに、元の炭治郎に戻れよぉぉ!と伊之助は泣きながら訴えますが、再び叫んで衝撃波を放つ炭治郎。 炭治郎の衝撃波で冨岡、善逸、伊之助は吹き飛びます。 禰豆子は殺さない炭治郎 四つん這いになり、背中からは骨状の触手が何本も飛び出している炭治郎。 ますます鬼化が進んでいます。 禰豆子は四つん這いの炭治郎の胸元にしっかりと抱きつき、負けないでお兄ちゃんと言い続けます。 炭治郎が禰豆子を噛んだことで、血の味を覚えてしまった、もうお終いだと考える冨岡。 早く!炭治郎を殺さなければ、人を殺す前に、しかし、日光も、赤い日輪刀も炭治郎には効かない、殺す方法がない。 口から球体のエネルギー弾のようなものを作りはじめる炭治郎に、禰豆子は、誰も殺さないで!お兄ちゃんお願い!と叫びます。 そして炭治郎の口元に手を出し、炭治郎が放ったエネルギー弾を逸(そら)しますが、禰豆子の左手は血だらけになります。 四つん這いで動き出す炭治郎に、だめ!もう今のやったらだめ!と禰豆子は炭治郎を止めますが、触手で攻撃を続ける炭治郎。 善逸は、禰豆子に離れるよう言い、炭治郎にも頼むからやめてくれと叫びます。 瀕死の伊之助は、たんじろ・・・ねず・・・と、言葉を発すのがやっと。 冨岡は炭治郎の攻撃をかわしながら、なぜ禰豆子を殺さないのか考えます。 血のしたたる食い物が目の前にあるというのに、先刻の攻撃はなぜ逸れた? 抗(あらが)っているのか、炭治郎、お前も。 炭治郎の自我を取り戻すことができれば、しかし、そんな奇跡が容易く起こせるのか、俺に。 カナヲが両目失明で死亡!? 戦況を建物の陰から見ている愈史郎(ゆしろう)は焦ります。 無惨が死んでなお、これほど他人に不快感を味わわせるとはと苛立ち、同時に、日の光のせいで向こうに行けない自分を悔しがります。 太陽の下では血鬼術(札)すら塵と消える。 自分にはもう何もできることがないと考える愈史郎ですが、フラフラと歩きながら炭治郎のもとへ向かうカナヲを発見します。 カナヲは、炭治郎と禰豆子を見て、可哀想にと呟きます。 胸ポケットから、しのぶに渡されていた薬を出し、割れていない、使えると確認します。 しのぶから薬を渡された時のことを思い出すカナヲ。 禰豆子に使う薬が足りなかったらと思い、藤の花から作った薬でカナヲに預けていました。 鬼を人間に戻す薬は珠世(たまよ)さんが3つも作ってくれ、これはもう必要なかったとしのぶは説明します。 炭治郎と禰豆子を見ながら、カナヲは涙を流して言います。 私の目を片方残してくれたのは、このためだったんだね、姉さん。 鬼になってすぐだから、今ならまだ片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜れるはずと考えるカナヲ。 炭治郎の爪の攻撃をかわし、炭治郎を飛び越し背中に薬を差し込むことに成功したカナヲですが、触手の攻撃を胸に受け、大量の血が吹き出します。 カナヲは炭治郎に、だめだよ、早く戻ってきて、禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ・・・と言い、その場に倒れます。 禰豆子は、カナヲちゃんと泣きながらカナヲの名前を呼びます。 動かない炭治郎。 ドクンと炭治郎に衝動が走ります。 次回のジャンプは休載になります。 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで鬼滅の刃の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新刊ではなく、鬼滅の刃公式ファンブック「鬼殺隊見聞録」を購入するという 選択肢もあります。 「鬼殺隊見聞録」は940円なので、無料にはなりませんが安く購入することは可能です。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 鬼滅の刃202話の感想 人間に戻って駆けつけた禰豆子(ねずこ) 炭治郎を抱きしめ必死で止めようとしますが、炭治郎の鬼化は容赦なく進みます。 それでも禰豆子は殺さない炭治郎、そして冨岡への攻撃も逸れたことから、鬼化を抗っている様子。 なんとか炭治郎の自我を取り戻したいところですが、ここでカナヲがフラフラになりながら現れました。 しのぶから渡されていた薬を、両眼失明の覚悟で炭治郎への注入を試みます。 薬の注入には成功しましたが、ただでさえフラフラのカナヲが、触手の攻撃を受けたことから、おそらくカナヲは死亡してしまったと思われます。 無惨との命懸けの戦いのあと、今度は炭治郎を止めるため命懸けの戦いが続いてますが、愈史郎(ゆしろう)が言うように、死んでなお、これほど他人に不快感な気分にするとはです。 ここまで圧倒的な悪は久しぶりに見ましたが、果たして炭治郎は自我を取り戻すことができるのか!? 鬼滅の刃203話のネタバレはコチラになります。

次の

【鬼滅の刃】炭治郎は最終回のその後、カナヲと結婚!?子孫は竈門炭彦とカナタ!(ネタバレ注意)

炭次郎 カナヲ

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】なぜ炭カナが人気? カナヲは何においても 自らの意思で決めたりすることはありませんでした。 物事を決定するときはコイントスで決めていたのです。 誰かと話をするかどうかも、カナヲ自身で決めることはありませんでした。 それで他の人と話をしたりすることもありませんでした。 炭治郎とも、炭治郎が挨拶をしても、話しかけても、褒めても返事をせずにただ微笑むだけです。 そしてコインを取り出しコイントスをして炭治郎と話すかどうかを決めるのです。 なぜ自分で話すかどうか決めないのかと炭治郎が聞いても、カナヲは 全てどうでもいいことだから自分では決められないと話すのです。 それがカナヲの価値観でした。 炭治郎は、 この世にどうでもいいなんて言うことは一つもない、たぶんカナヲは心の声が小さいのではないかと言いました。 そう言ってからコインを貸してくれないかお願いします。 驚いているカナヲを気にせず、投げて決めようと告げます。 カナヲがこれから自分の心の声を聴くことと言ってコインをキャッチしました。 カナヲの手を取って炭治郎は励ましました。 そのコインを握りしめてから、 少しずつカナヲはかわいらしい人に変わっていきます。 主人公・炭治郎に出会ったことによって成長できるヒロインという事で、炭カナが人気なのだと思います。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】カナヲを上回る炭治郎の成長 現在、炭治郎の能力は 鬼殺隊の中で、評価はとても高いです。 身体的強化・周りとの共鳴効果をもたらす痣の発現は世代唯一である事から今後何か特別な待遇を受けるのは間違いないなさそうです。 また、 日の呼吸(全呼吸の原点)を使いこなすことにより鬼の滅殺は大幅に上がりそうです。 鬼殺隊の若手達がなかなか育たない中で、炭治郎たちが上弦の鬼を倒した時に蛇柱・伊黒が驚くシーンもあります。 機能回復訓練として、蝶屋敷の人々と炭治郎は訓練を重ねます。 懸命に修行をするうちに、 全集中の呼吸を覚え、自分よりもずいぶん強かったカナヲとの勝負で勝てるようになります。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】カナヲは炭治郎に会って変わった? カナヲは何においても自らの意思で決めたりすることはありませんでした。 物事を決定するときは コイントスで決めていたのです。 誰かと話をするかどうかも、カナヲ自身で決めることはありませんでした。 それで他の人と話をしたりすることもありませんでした。 しかし炭治郎と出会って、炭治郎から、この世にどうでもいいなんて言うことは一つもない、たぶんカナヲは心の声が小さいのではないかと言われます。 そう言ってからコインを貸してくれないかお願いします。 驚いているカナヲを気にせず、投げて決めようと告げます。 カナヲがこれから自分の心の声を聴くことと言ってコインをキャッチしました。 カナヲの手を取って炭治郎は励まされ、その頃からカナヲは少しずつ変わってきたのです。 昏睡状態の炭治郎が目覚めた時、みんなが集まって騒ぎ出すと、カナヲは一生懸命静かにしてと注意をするまでになりました。 自分の意思を主張することができるようになったのです。

次の