煮物 日持ち。 筑前煮などの煮物は作った日からどの程度日持ちしますか?

煮物を保存に煮汁は必要?冷蔵庫での日持ちと鍋のまま保存できるか?|知っておきたい食のあれこれ!

煮物 日持ち

常温の賞味期限、保存方法は? ひじきの煮物は常温での保存はあまりおすすめではありません。 涼しい時期だと、作った翌日には食べきってしまった方がいいです。 暑い時期や梅雨の時期は冷蔵庫に入れないと、翌日でも傷んでしまいます。 ちょっと味付けを濃くしてあると、傷みにくくなりますが、それでもやはり冷蔵庫に入れたほうが確実ですよ。 どうしても常温でひじきの煮物を保存する場合には、粗熱をとってラップをして涼しい所に置くのがポイントになります。 ラップをすることで乾燥を防ぐことができますよ。 私が小さい頃、煮物や焼き物のおかずを冷蔵庫に保存するという習慣がなかった我が家は、いつもおかずを棚にしまっていました。 毎回クンクンとおかずの臭いを嗅いで、ちょっと手に取って酸っぱくないか粘りが無いかを祖母や母が確認するのですが、それでも冬で2日以内、夏場は翌日の夜はもう食べられなくなってしまっていたように思いますね。 冷蔵の賞味期限、保存方法は? ひじきの煮物を冷蔵保存する場合には、3日から4日で食べきった方がいいです。 味付けが濃い目であれば、5日から1週間持つ場合もあるかもしれませんが、確実ではありません。 だから季節に関わらず3日から4日で食べきってしまうようにしましょうね! 保存方法としては、ひじきの煮物を冷蔵庫で保存する場合、我が家ではタッパに入れて保存します。 その際に、熱々のひじきの煮物を冷蔵庫に入れてしまうと、冷蔵庫の中の温度も上がってしまって他の食材が傷む原因になってしまいます。 だから粗熱をとって冷ましてから、タッパの蓋をして密閉して保存するのがおすすめですよ。 冷凍保存できるの?方法は? 私の中でひじきの煮物の一番おすすめの保存方法は、冷凍保存です。 というのも、たくさん作って冷凍しておくことで、いつでも食べたい時にひじきの煮物を副菜の一つとして食卓に並べることが出来るためです。 我が家では毎日、次女と主人のお弁当を作っているため、ひじきの煮物はお弁当箱の隙間を埋めてもらうための大事な戦力です。 特に二人ともひじきの煮物が大好きなので、結構な頻度で入れていますね。 ひじきの煮物の冷凍保存の方法は、汁気をしっかり切るところから始まります。 解凍した際にベチャッとするのを防ぐことができますよ! 後は小分けにして食べやすい量にしてから冷凍しましょう。 小分けにする際に、お弁当に入れる場合は、汁気を切ったひじきの煮物をお弁当のおかずカップに入れて、タッパに入れて蓋をして冷凍します。 それか、ジップロックの袋を横向きにして、ひじきの煮物を入れたカップを並べて入れたら空気を抜いて袋を閉めます。 あとはそのまま冷凍保存するとコンパクトで便利ですよ! 食卓に並べる用の場合は汁気を切ったひじきの煮物を適量にしてタッパに入れて蓋をして冷凍するか、ラップに包んで平らにしたものをジップロックやタッパに入れて冷凍するのもいいですね! ただ、注意しなければならないのが、こんにゃくの存在です。 こんにゃくはほとんどが水分で出来ているため、冷凍して解凍するとスカスカのゴムみたいな食感になっちゃいます。 だから、こんにゃくは抜いて冷凍した方がいいですよ。 冷凍の場合の保存期間は? ひじきの煮物を冷凍保存する場合は、1ヶ月以内に食べきった方がいいです。 冷凍すると長く保存ができると思いがちですが、冷凍保存しても風味が落ちてきますし、霜がふってしまうと冷凍焼け臭くて美味しくありません。 去年の12月に冷凍庫掃除を兼ねて、半年ぐらい冷凍しっぱなしだったひじきの煮物を解凍して食べましたが、確かに冷凍焼けして美味しくなかったですし、食感も悪かったです。 だから冷凍とは言え、できるだけ早く食べきった方がおすすめですよ! 解凍方法 ひじきの煮物を解凍する際に、レンジを使用すると「パチパチ…パンッ」とはじける音がしませんか?私もよくやっちゃいます。 レンジでチンするとどうしてもひじきが破裂しちゃうんですよね。 ワット数を下げるといいと聞いてやってみましたが、なかなか解凍がうまくできないので私は冷蔵庫にうつして自然解凍させています。 お弁当の場合は、カップに入ったひじきの煮物をそのままお弁当に入れてしまいます。 あらかじめ汁気は切っているので、ビチャビチャになることもありませんし、保冷材の役割も果たしてくれています。 食べる頃にはちゃんと解凍されているので便利ですよ! ひじきのアレンジ方法 ひじきを作り過ぎちゃった場合には、我が家ではご飯に混ぜてひじきご飯にしておにぎりにしたり、卵焼きを作る際に卵に混ぜて一緒に焼いちゃいます。 また、鶏つくねや和風ハンバーグなど鶏肉のミンチを使った料理を作る際にも混ぜると美味しく出来ますよ!淡泊な鶏肉にしっかり味がつくので、我が家でも好評です。 ひじきは栄養価も高いですし、家族みんなでしっかり食べたい食材です。 保存の仕方によっては長く食べることができますし、アレンジ次第で飽きずにしっかりひじきの栄養を摂り続けることができるので、いっぱい食べましょうね!.

次の

煮物は冷蔵庫で何日まで保存可能?冷蔵保存のポイント│賢者日和

煮物 日持ち

こんにゃくの煮物っておいしいですよね。 煮汁がしっかりと染みているこんにゃくは本当においしいです。 しかもなかなか飽きない味なので一気に作り置きして少しずつ食べるという人も多いでしょう。 毎日食べても美味しく感じれますからね。 そこで気になるのがどれくらい日持ちするのかということ。 どれくらい日持ちするのかがわからないから作り置きするのを敬遠してしまうという人もいることでしょう。 そこで今回はこんにゃくの煮物の日持ちについて書いてみました。 こんにゃく煮物の賞味期限• こんにゃく煮物の保存方法• こんにゃくの切り方• こんにゃくの煮物のコツ となっています。 それでは発送開始! こんにゃく煮物の賞味期限 まずはこんにゃくの日持ちについてです。 まずは結論から言いますがこんにゃくの煮物は3日くらいは持ちます。 常温ならこれよりも短いですが冷蔵保存であればこれくらいは持ってくれるでしょう。 また、これは煮物の味付けが薄い場合の日持ち。 味付けが濃く塩分濃度が高い場合にはもう少し日持ちして1週間くらいは大丈夫です。 ただ、これ以上は持たないのでこの期間内で食べるようにしましょう。 ちなみにこんにゃくは未開封なら半年ほど持つといわれています。 これはこんにゃくのパックにはこんにゃくと同じ濃度のアルカリ性の水が入っているからです。 アルカリ性には殺菌作用があるため半年も持つのです。 そのため一度開封してしまうとその効果がなくなり賞味期限は1週間~1か月程度にまで短くなります。 こういうわけもあってこんにゃくの煮物はそこまで長く保存することはできないのです。 他の煮物でも同じように長く持っても1週間ほど。 なかでも、• 肉じゃが• 筑前煮 といったような味付けが薄い料理はやはり3日ほどしか持ちません。 なので、あまり多く作り置きをしない方が良いかと思います。 こんにゃく煮物の保存方法 続いてはこんにゃくの煮物の保存方法のついてです。 こんにゃくの保存には少しほかの煮物とは違うことがあります。 それは冷凍をしてはいけないという点です。 というのも、こんにゃくは冷凍してしまうとスポンジ状になって食感が変わってしまいます。 最近ではその変わった食感がお肉の食感だというように言われ、肉の代用としてダイエットにも使われるようです。 しかしながら、こんにゃくの本来の食感の方が煮物には合うと思うので冷凍はしないようにしましょう。 ではどのように保存すればよいのかということですが普通に冷蔵保存で問題ありません。 また、この際に毎日火にかけておくとさらに日持ちが良くなります。 ただどんどん煮詰まってきて味が濃くなるので早めに食べてしまいましょう。 最後になりますが常温保存は控えましょう。 すぐに食べるのであればそれでも問題はありません。 ただ、すぐに食べないのであればしっかりと冷蔵庫に入れるようにしてください。 夏場なんかでは翌日にはもう腐ってしまつているといったようなことにもなりかねません。 広告 こんにゃくの切り方 続いてはこんにゃくの煮物に使うこんにゃくの切り方についてです。 こんにゃくの煮物は切り方によっても味が変わります。 主な切り方を少し紹介しますね。 ちぎりこんにゃく• 手綱こんにゃく この2つです。 それぞれ簡単に紹介しておきますね。 ちぎりこんにゃく まずはちぎりこんにゃく。 その名の通り食べやすい大きさにちぎるだけというもの。 切るよりもちぎる方が表面積が大きくなるので味が染みやすくなるのです。 手でもちぎることが出来ますがスプーンを使うと簡単にちぎることができます。 難しい切り方ではないのでぜひ試してみてください。 手綱こんにゃく こちらはこんにゃくにねじりを加えます。 おせち料理などに使われるこんにゃくもこの切り方が多いです。 こちらは先ほどと違って少し難しいので詳しく書きますね。 こんにゃくをスライスする• 真ん中に切れ目を入れる• どちらかの端を切れ目に通してねじる このようにすればねじれたよく見かけるこんにゃくを作ることができます。 ちなみにこの切り方は見た目が良くなるということ以外にも意味があります。 というのも、この切り方には武家社会の名残と関係があるのです。 手綱こんにゃくという名前からもわかるようにこの切り方をするとこんにゃくが手綱のような形になります。 そこから手綱を締めるように心を引き締め、己を厳しく戒め、戦いに備える心を養うといったような意味があるのです。 こんにゃくの煮物のコツ 最後にこんにゃくの煮物のコツについて書いていきますね。 ここで紹介するのは味が濃いレシピなので日持ちも良いです。 また、作り方も簡単なのでぜひ作ってみてください。 こんにゃく(大) 1枚(約250g)• 白いりごま 適宜• しょうゆ みりん ごま油• こんにゃくはスプーンで一口大にちぎる• こんにゃくと砂糖を袋に入れて揉む• こんにゃくの水気を切る• こんにゃくをフライパンに入れる• ひたひたの水を加えて強火にかける• 煮立ったらざるに上げて水気を切る• フライパンの水気を拭いてこんにゃくを戻し入れる• しょうゆ、みりん各大さじ1を加えて中火にかける• 混ぜながら3分ほど炒り煮にする• orangepage. ポイントはこんにゃくを砂糖で揉んで水気を切っているというところ。 こうすることによって味が染み込みやすくなっているのです。 また、この作り方だと水分を煮きって塩分濃度を高くなっているので先ほども書いたように長く日持ちします。 さらに飽きない味なので作り置きにとても向いているレシピでしょう。 辛いものが苦手でないという人であれば、• 七味唐辛子• 一味唐辛子• 山椒 などを加えるとピリッとした辛みが加わっておいしくなるかと思います。 作り置きをする場合には途中からこういった香辛料を加えてアレンジしてあげるというのも良いでしょう。 まとめ 今回はこんにゃくの煮物についていろいろと書いてみました。 本文にも書いたように切り方だけでも味が変わる面白い料理です。 いろいろな切り方を試して自分好みの味を探してください。 今回はここまで。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

筑前煮などの煮物は作った日からどの程度日持ちしますか?

煮物 日持ち

たまたま目に留まりましたので・・・・ 質問を読んで質問者さんは若い方だろうな?と思いました、マニュアル世代というのでしょうか。 元々人には五感というものが備わっています、私のような骨董品に近い人間はこの五感をフルに発揮して、匂いをかぎ舐めて見て食べても大丈夫か判断します。 この五感は普段から使って磨かなければどんどん退化してしまいます。 その昔、食べ物が豊富になかった時代、調理後何日たったらダメなどという事はなく「表面にぬめりが出る」「食感がおかしい」などで判断しました。 今の時代でも十分通用すると思います、それはお客さんに出すのはせいぜい調理後2日程度でしょうけど、自分で食べるのは少し食べて見ておかしいと感じなければ大丈夫です。 戦前(言葉自体わかるかどうか?)には当然冷蔵庫などというものはなく、夏場は食あたりを起こして下痢など日常茶飯事だったそうです、それでもそれで亡くなる人などなかったそうです。 そんなものですよ。 A ベストアンサー 料理によって、冷凍の保存期間は差が有ります。 asahi-kasei. html の「ホームフリージング講座」をご参照下さい。 冷凍保存に際しては、めんどくさいですが、一回に食べる分だけを冷凍保存袋(必ずしも「ジップロック」コンテナーや「ジップロック」ブリーザーバッグでなくても良い)に小分けして保存されるのが良いです。 また、冷凍保存した時の味についてですが、長期間おいしさを長持ちさせるためには、上記URLに記されているように、空気に触れないようにすることが大切です。 料理や食品を入れた冷凍保存袋の中の空気を抜き取るのにストローを使うことがありますが、 ストローでは十分空気が抜けなかったり、またストローを使うのに嫌悪感を持たれる方もおられます。 このような場合、ジッパー付保存袋の空気を抜くことが出来る安価な真空パック器も最近販売されています。 asahi-kasei. html 料理によって、冷凍の保存期間は差が有ります。 asahi-kasei. html の「ホームフリージング講座」をご参照下さい。 冷凍保存に際しては、めんどくさいですが、一回に食べる分だけを冷凍保存袋(必ずしも「ジップロック」コンテナーや「ジップロック」ブリーザーバッグでなくても良い)に小分けして保存されるのが良いです。 また、冷凍保存した時の味についてですが、長期間おいしさを長持ちさせるためには、上記URLに記されているように、空気に触れないよ... Q たびたびお世話になっています。 ありがとうございます。 最近、味噌汁を毎日飲むようにしているのですが、(一人暮らし) かなり大きい鍋に、かなりの量の味噌汁を作って それを毎日1-3回くらいずつ、飲もう(いただこう)という 感じで多めに作ってみたのです。 1日に何回か、火を通せば、それなりに日持ちするかな?と 考えて、たくさん作ったのですが、 『煮立てると風味が飛ぶ』というのは何かで見て知ってるのですが、 もう細かい風味などいいので、毎日作る手間を減らしたいのです。 ただ、やはり、朝など、長時間火を通さないままの状態で 鍋の中を見ると、 表面に浮いた具が、いやな臭い(生ゴミ臭)がして 心配になってしまいます。 その後、また全体に火を入れれば、 味そのものは全く問題無く、普通においしい味噌汁として 飲めるのですが、 とはいえなんか心配なので、質問させてください。 味噌汁というのは、どのくらい持つものなのでしょうか? ちなみに、具としては、木綿豆腐、ねぎ、大根、じゃがいもとにんじん少々と カットわかめ を入れてます。 よろしくお願いします たびたびお世話になっています。 ありがとうございます。 最近、味噌汁を毎日飲むようにしているのですが、(一人暮らし) かなり大きい鍋に、かなりの量の味噌汁を作って それを毎日1-3回くらいずつ、飲もう(いただこう)という 感じで多めに作ってみたのです。 1日に何回か、火を通せば、それなりに日持ちするかな?と 考えて、たくさん作ったのですが、 『煮立てると風味が飛ぶ』というのは何かで見て知ってるのですが、 もう細かい風味などいいので、毎日作る手間を減らしたいのです。 ただ、や... A ベストアンサー 多少煮立てて水分を飛ばして容量を減らしてから、タッパのような容器に移して、冷めてから「冷凍庫」にインです。 毎回食べる分だけ取り出します。 凝縮されて味が濃いので、再度火にかけた手鍋で、水を足しながら味を調整する必要があります。 あと、凍った状態で適量をスプーンでほじくるのは結構な手間なんで、羊羮を作る仕切りのついた容器、もしくは氷を作るマスが小さめなやつとかだと、大体ですが適量の見当がつきます。 保存日数は具にもよるかもしれません。 凍らせるマス目の大きさも考えて、大きな具材は入れられません。 では、まとめます。 ・凍らせるのは汁のみ。 味をある程度整え上記の手順で凍らせます。 ・具は3日分にとどめた量を加工して切っておく。 百均にあるような小さなタッパを数個用意し、それぞれの、例えば豆腐のサイコロ切り、水戻しワカメ、小間切りネギ、一口油揚げなどを冷蔵庫に保管する。 ・合体。 どうでしょう?参考になれば幸いです。 細かい注意点なんかはいっぱいありますが、味より手間って印象なんで、割愛します。 まず試して試行錯誤するのも楽しいと思います。 あ、味噌の臭いは強いので、凍らせる容器を裸にしたままだと、冷凍庫に臭いが伝播します。 二重にしてお試しください。 消費期限に関してですが、 具材にもよりますが、冷蔵庫による保存の状態で、真夏は30時間、真冬は80時間くらいで安全圏内だと思います。 多少煮立てて水分を飛ばして容量を減らしてから、タッパのような容器に移して、冷めてから「冷凍庫」にインです。 毎回食べる分だけ取り出します。 凝縮されて味が濃いので、再度火にかけた手鍋で、水を足しながら味を調整する必要があります。 あと、凍った状態で適量をスプーンでほじくるのは結構な手間なんで、羊羮を作る仕切りのついた容器、もしくは氷を作るマスが小さめなやつとかだと、大体ですが適量の見当がつきます。 保存日数は具にもよるかもしれません。 凍らせるマス目の大きさ... Q 豚汁など具入りの汁物の日持ち方法 こんにちは。 豚汁などの具入り汁物の日持ち方法についてお尋ねさせていただきます。 一人暮らしなのですが一人前だけ作る訳にもいかず、まとめて作って日持ちさせる事になるのですが、ある時に知人と料理話になって疑問が出てきました。 私は基本的に冷蔵庫に入れておき、食べる前に加熱して食べる、そして冷めたらまた冷蔵庫へ…を繰り返して日持ちさせています。 どちらが正しい方法なのでしょうか?(どっちでもOKと言えばそれまでですが) また今更ですが、具入りの汁物って何日ぐらい日持ちするのでしょうか? よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 私も学生時代に、台所に西日が差すアパートに住んでいましたが、 朝作った豚汁が夕方になると膜が張って異臭を放っていて、 悲しい思いをしたことが2度ほどあります。 量が多くなればなるほど、冷めるのに時間がかかるため 菌が繁殖しやすい温度域で長時間おかれることになり、 傷みやすいのです。 一度煮立てても、基本的には同じです。 夏場に大量に作った豚汁やみそ汁を何もせず放置すると、 よほど涼しい家でもない限り半日もたないと思ってください。 一番いいのは、作りたてをすぐ小分けするか、 または鍋ごと流水にあてて冷やし、冷蔵庫保存することです。 具や塩分濃度にもよりますが、素早く冷ましたものなら 経験上、冷蔵庫で3日くらいは大丈夫だと思います。 あと注意しないといけないのは、 もやしとか味噌とか豆腐とか(人によっては牛乳とか)を入れたあと、 料理本には「煮立てすぎないように火を止める」と 書いてあると思います。 これは味の面では正解ですが、 すぐ食べ切ることを前提とした調理法であって、 食品衛生の観点からは完全に間違いです。 作り置きしたいなら、多少の味落ちは我慢して、 保存前にはちゃんと煮立てましょう。 私はその日食べる分を取り分けたあと、残りを煮立てていました。 あるいは、味噌やもやし等を入れない(未完成の) 豚汁を大量に作って冷まして冷蔵庫保存。 食べる時に食べる量だけ取り出し、 温めてから必要量の味噌やもやしを投入すると、 味落ちの心配は回避できます。 そこまでこだわるかどうかは、その人次第ですが… 私も学生時代に、台所に西日が差すアパートに住んでいましたが、 朝作った豚汁が夕方になると膜が張って異臭を放っていて、 悲しい思いをしたことが2度ほどあります。 量が多くなればなるほど、冷めるのに時間がかかるため 菌が繁殖しやすい温度域で長時間おかれることになり、 傷みやすいのです。 一度煮立てても、基本的には同じです。 夏場に大量に作った豚汁やみそ汁を何もせず放置すると、 よほど涼しい家でもない限り半日もたないと思ってください。 一番いいのは、作りたてをすぐ小分けするか、 または鍋... Q いつもお世話になっています。 鍋料理が便利なのですが、何日くらい痛まず食べられるのでしょうか。 一人暮らしで、何食にも分けて食べています。 一日目 夕食 鍋を肉、あさりなどでだしを取りながら、きのこ、玉ねぎ、にら、キムチなどで鍋を作る。 四人前くらい。 汁をなるべくすくわずに。 二日目 朝 残りの鍋を普通に火を通してたべる。 三日目 朝 水を足し袋ラーメンをいれてゆでる。 夜 お米をいれて、雑炊にする。 4皿は冷凍しておく。 こんな感じで、何食か分けているのです。 鍋からは直接食べていません。 麺類も具もほかの器にとって食べています。 ただ、うどんやラーメンはそのまま鍋でゆでてます。 家の中は寒いです。 夏にやるつもりはありません。 できれば面倒なので野菜の追加で、五日目、六日目と増やしていけたらいいのですが、 衛生面とかでこの料理はいいのでしょうか? A ベストアンサー 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です。 僕は調理師をしていて、賄いを自分の分だけ作ってます。 ほぼ同じようなことをしてます。 僕は冷凍すらめんどくさいので、食べ切るまで続けます。 出し汁や野菜、肉を足しながら、忙しい時は10日位。 ちなみに、常に室温で置いてます。 店の食材に匂いが移るといけないので。 調理場は暖房を使わないので、営業時間内は室温12、13度です。 火をしっかり加熱していれば、この室温でも1週間は大丈夫です。 僕は大鍋で作って、これには味付けはしません。 味のバリエーションが減るので。 水炊きの状態です。 疲れてめんどくさい時は、柚子ぽんや塩だれで水炊き風にします。 あとは、食べ切る分だけ小鍋に移し、そのつど味付けすればいろんな味が楽しめます。 無駄にしない限り経済的だと思います。 水や出し汁を足す時はある程度鍋の出しが減ってきてからの方が良いと思います。 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です...

次の