折り紙 難しい くす玉。 折り紙 難しい くす玉

折り紙で作るくす玉の作り方【紹介】

折り紙 難しい くす玉

折り紙でくす玉を作ってみよう! 昔からくす玉は「割り玉」と呼ばれ、お祝いごとなどでよく使われていました。 そして、折り紙のくす玉は、端午の節句の時に魔よけとして身に着けられていたと言われています。 折り紙でくす玉を作るには、まずは ユニットと言われるパーツ作りから始まります。 パーツをつないで作る折り紙を「 ユニット折り紙」と呼びます。 この方法では折り紙を2枚から数万枚使い、様々な作品を作ることができます。 どんな枚数でも基本のパーツの作り方はそれほど複雑ではありません。 人気のユニット折り紙としては、日本折り紙協会所属の薗部光伸氏の「 薗部式ユニット」が有名です。 薗部式のくす玉も、パーツ自体の作り方はとても単純です。 折り紙のくす玉は このパーツ同士をつないで作ります。 また、くす玉作りでは、いかにこのユニットをきっちりと作れるかが重要になります。 基本さえしっかり覚えれば、いくら折り紙の枚数が増えても、案外簡単に作れてしまいます。 ユニット折り紙は基本のパーツが同じ形、枚数であっても組み方によって違うくす玉ができます。 今回は60枚、120枚の折り紙を使用したくす玉の作り方をご紹介します。 折り紙60枚を使ったくす玉の作り方 まずは最初に、 60枚の折り紙を使ったくす玉の作り方を見ていきましょう。 60枚はとても多い印象が持ちますが実際は意外と簡単です。 60枚の折り紙を使うため、様々の色のアレンジができ、とてもカラフルなくす玉を作ることができます。 60枚の折り紙を使ったくす玉の作り方の主な手順は以下の通りです。 パーツを1つ作る• 1と同じものをもう一つ作る• 上記の2つを組み合わせて1ピースにする• 3を全部で29ピース作る• 30ピースを組み合わせ五角形を作る では、60枚の折り紙を使ったくす玉の作り方の手順を1つずつ詳しく見ていきましょう。 60枚のうちの1枚を半分に折り、開いた状態で上下をそれぞれ真ん中の線に併せております。 折り紙を開き、折った線が縦になるように置いて右下の角を1番の右の線に合わせて折ります。 対角も同様にして折って下さい。 折った角を左に置き、先に折り目が付いた線に合わせて上に折ります。 そのまま、今折った右角を線に合わせて折った後、残った辺を折れ線がついた通りに上に上げて折ります。 最後に残った角を折ってから中に入れ込みます。 真ん中の線を山折りにします。 片方を三角に折り、もう片方を下に折り込み正方形にします。 三角形になるように折り、三角形が二つになるように開きます。 これで 1つのパーツの出来上がりです。 これで60枚の折り紙を使ったことになりますね。 これで60枚の折り紙を使ったカラフルなくす玉の完成です。 上級者向け!折り紙120枚を使ったくす玉の作り方 60枚の折り紙を使ったくす玉の作り方の後は、 折り紙120枚を使ったくす玉に挑戦してみましょう。 ここではまた、「 薗部式ユニット」での作り方をご紹介します。 30枚の倍の枚数になりますが、主な作り方の手順は以下の通りです。 パーツを1つ作る• 1と同じ色紙で同じものをあと4つ作る• 別のパーツを5つ作る• 5つのパーツを1つのパーツに組み合わせる• 4のパーツに3で作っパーツを外側に入れ込む• 5のパーツをあと5つ作り、1つのパーツに組み合わせる• 6のパーツもう一つ作る• 最後に2つの大きなパーツを組み合わせて完成 1つずつの手順を詳しく見ていきましょう。 これで2色の同じ形をしたパーツが各5個ずつ完成です。 これで新たに10枚で1つのパーツで出来ました。 60枚よりさらに120枚は数が多いためパーツの作り方が細かくなっていきます。 パーツ同士の接合方法は、紙を折った際いにできる隙間に入れ込んで組んでいきます。 細かい接合の仕方がわからない場合は、ネット上に詳しい作り方の動画などがあります。 それらを参考にすると、60枚であろうが120枚であろうが紙の枚数が増えてもパーツ同士の細かいつなげ方がよくわかります。 これで120枚の折り紙を使った 二十・十二面体のくす玉が完成しました。 くす玉作りには色紙だけでなく タント紙や 千代紙などを使うと、また違った雰囲気のくす玉に仕上がります。

次の

難しい 折り紙 くす玉 バラ

折り紙 難しい くす玉

もくじ• くす玉 くす玉の作り方と言っても、何枚組み合わせるかによって形が変わり、また1枚の大きさがどれくらいかによって完成した時の大きさが変わります 今回は、折り紙を12枚使用して作る作り方を紹介していきます 作り方 まずは、折り紙を12枚用意します 通常の折り紙でもいいですし、柄がついてるもので折ると完成の時の綺麗さが変わってきます 今回は、花柄の折り紙を使って折っていきますね ちなみに、100円ショップに売ってあります笑 1、折り紙を半分に折り、折り目をつける 2、半分に折ったものを1度開いて、折り目を中心に両方から折り折り目をつける 3、また開き、線が3本出来ていることを確認する。 その1本目の線に沿って角を三角に折る。 折った角の対角線上の角も同じように折る。 4、まず、1番手前の1本目で折る。 そして、その折った時の1本目の線が3番目の線に来るように角を三角に折ります この時、1番最初に折った小さい三角とは反対側に大きな三角を作ります 5、反対も同じように、小さな三角が出来ている1本目を折り、小さな三角を中に入れます。 そして、小さな三角の反対側の角に大きな三角を折ります。 この時、1番最初に折った小さな三角の下に大きな三角を入れるようにして下さい。 6、ひっくり返して鋭角な三角を鈍角な三角の角に合わせます。 もう1つの鋭角な三角も鈍角な三角の角に合わせます 7、ひっくり返して三角を折るようにして、折り合わせます。 これで、1つ完成です これを 12個作ります 12個作ったら、3つずつに分け、4つの山を作ります 4つの山を作ったら、それを1つずつ入れ組み合わせます 完成形はこんな感じです 組み合わせるところは、撮影するの忘れちゃったので、1枚の写真で説明しますね笑 まず、1枚目の青線に2枚目の赤線の部分を入れ込みます 3枚目も同じように2枚目の青線に赤線を入れ込みます そして、3枚目の青線には1枚目の赤線を入れ込みます 文章での説明なので分かりにくいかもですが、1枚目と2枚目のを繰り返していって、全ての赤線を青線に入れ込んだら出来上がります笑 大きさの違い 私は、3段階の大きさのくす玉を作りました この写真の1番大きいサイズで、1枚の大きさが普通の折り紙の4分の1の大きさです その次に小さいサイズは、4分の1の4分の1です笑 1枚の大きさが普通の折り紙の16分の1の大きさという事ですね 1番小さいサイズは、4分の1の4分の1の4分の1の大きさです笑 もうよくわからなくなってきましたが、普通の折り紙の64分の1という事になりますかね? もう頭がこんがらかってきました笑 計算するの面倒くさかったので、私は4分の1にした折り紙をさらに4分の1にして、そこからさらに4分の1にしました笑 1番小さいサイズのくす玉を作ろうと思ったら、1つの部品がこのサイズです笑 このサイズを作ろうと思ったら、ピンセットがないとちょっときついです笑 最後に 今回は、くす玉の作り方を紹介しました くす玉として飾ってもいいですが、私は1番小さいサイズのくす玉でキーホルダーを作りました この他にも色々な自分の好みのデザインにする事ができるので、ぜひ挑戦してみてください.

次の

折り紙でくす玉作り。作り方とアイデア実例まとめ

折り紙 難しい くす玉

作り方としては至ってシンプルなんですけど 問題はその折り紙の量ですね。 60枚近く使用するので かなり骨が折れる作業になります。 「1」 最初に花パーツのうちの1枚を折っていきます まず折り紙を図のよう半分に折りまして 両端を上の頂点に向けて折ります。 「2」 次に右側を図のように折り 左側も同じように折ります。 「3」 次に右側の箇所を図のように中を開き 折り目に沿って潰します。 左も同じように開いて潰してください。 「4」 次に左右の出っ張った箇所を図のように 手前に折り返します。 「5」 そして更に図のように 左右を折り込んでいきます。 「6」 そして図の緑で囲っている部分の どちらか片方に 両面テープ、もしくはのりをつけて 貼りあわせましょう。 はい、こんな感じのパーツができました。 「7」 このパーツを合わせて5個用意します。 あとはパーツの緑線で覆った部分に のりなどをつけて 順次貼りつけていくだけです。 これで1つの花パーツが出来ました。 立体タイプの桜にも見えます。 花のくす玉にするためには この花をあと 11個作る必要があるので 頑張って折っていきましょう。 では折っていきますので しばらくお待ち下さい~~~~。 ちなみにこちら作業途中の様子。 のりをつけた箇所を挟んでおくのに 今回木製の洗濯バサミが大活躍でした。 「8」 はい、なんとか花のパーツを 12個作りました。 休憩など入れつつ 時間にして 約3時間程かかってしまいました(疲 作るのは難しくないですが この物量ななかなか大変ですね~~(苦笑 はい、この用意した花パーツを 更に図のように組合せていきます。 花びらの先端にのりをつけて 3対が重なるように徐々に重ねていきましょう。 図みたいに木製の洗濯バサミがあると 挟んでおけるのでとても便利です。 というか挟みながらでないと かなり手こずると思います。 時間をおいてのりを重ねつつ 更に花パーツを付けていきます。 木の洗濯バサミだらけですね(苦笑 全体を組み合わせていき のりが乾いたら完成となります。 いや~~~なんというか感無量ですね~。 12色なのでどこから見ても カラフルな仕上がりです。 「Sponsored link」.

次の