絆 2 エピソード bc。 【バジリスク絆2】エピソードBC連発!

【バジリスク絆2】BCテンパイボイス

絆 2 エピソード bc

争忍の刻開始画面では継続シナリオだけでなく設定も示唆。 集合系(3種類)or弦之介&朧(2種類)が設定示唆画面となっていて、BT継続時にのみ選択される可能性がある。 プレミアムBC経由のBT1セット目は弦之介&朧の専用開始画面になるので設定示唆と混同しないように注意しよう。 12戦目以下は設定示唆画面の選択率が継続確定時の0. [甲賀キャラ集合] 偶数設定示唆。 [伊賀キャラ集合] 奇数設定示唆。 [プレミアムBC経由のデフォルト開始画面] BC当選時のBT当選率は高設定ほど高い。 低確中のBT当選率は全モード共通だが、高確・超高確中はモードによって当選率が変化する。 高設定ほど高確以上へ移行しやすく、設定5・6のみ超高確へ移行する可能性がある。 【基本的にオールフリー打ちでOK】 ナビ非発生時は状態不問でフリー打ちで問題なし。 共通ベルは基本的にリールが発光するのだが、例外もあるためメインリールで見抜くのがベターだ。 ・巻物(リプレイ) BC当選のメイン契機。 ・弱チェリー(1枚) 高確移行のチャンス。 チェリーが1or2個停止する。 「チャンス目はメインリールで見抜く」 左中段に紫、中リール中段に黄が止まればチャンス目となり、前作同様モードアップのチャンス!? 右中段にボーナス図柄or瞳術が止まれば1枚、青が止まった場合は払い出しナシとなる。 今回は前作にはなかった新たな特典も!? ・押し順不問ベル このほかの液晶ベル揃いはすべて押し順ベルとなる(順押しの押し順ベルは紫・黄・灰色or茶色)。 基本的な流れは『バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆』と同じく、成立役による抽選でBC(バジリスクチャンス)を引き当て、そこからBT(バジリスクタイム)を目指すゲーム性だ。 【通常時は4つのモードでBT期待度が変化】 BC契機のBT当選率を管理するモードはモードA〜Dの4種類。 前作同様、テーブルで管理されていて、BC終了(スルー)を契機にモードが変化する。 朧BCの終了画面にはおなじみのモード示唆も存在! AT当選のメイン契機は今回も巻物だ。 おもに共通ベルやチェリーを契機に高確へ移行する。 BC当選時のBT期待度はモードA<モードB<モードC<モードDの順にアップ。 モードDはBC当選でBT確定+絆高確も確定する。 「テーブル別・BCスルー回数別移行モード」 テーブル別・BCスルー回数別移行モード テーブル 初回 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 No. 1 B B A B A B D - No. 2 B A B A B A D - No. 3 B B A B B C D - No. 4 B A B A C B D - No. 5 A A A A A A C D No. 6 B B B C B C D - No. 7 B A C B C B D - No. 8 C C C C C C D - No. 9 C A C A C B D - No. 10 B C A B A B D - No. 11 C B B A B A D - No. 12 B C B C B C D - No. 13 C B C B C B D - No. 14 A C A D - - - - No. 15 A D - - - - - - No. 16 D - - - - - - - 基本的にスルー6回以内のBCでBTに当選。 テーブル5はスルー7回までいけばBT複数ストックの期待大だ。 16 0. 9 No. 7 No. 7 No. 4 No. 2 No. 7 No. 0 No. 0 No. 0 No. 0 No. 7 No. 3 No. 0 No. 2 No. 0 No. 0 テーブル移行確率・設定4~6 テーブル 設定4 設定5 設定6 No. 3 No. 3 No. 7 No. 7 No. 0 No. 4 No. 4 No. 0 No. 0 No. 0 No. 0 No. 7 No. 0 No. 0 No. 0 No. 前作と同じく、チャンス目時は通常モードの格上げを抽選。 モードは偶数設定の方が上がりやすい。 「設定6のみハズレでも格上げを抽選」 設定6のみ、チャンス目だけでなくハズレ時にも0. 船の色で小役や期待度が示唆される。 レバーON時に沢山の家来が登場すればチャンスアップだ。 伝書が赤色なら期待度アップだ。 ミニキャラと会話は基本的に滞在ステージに対応していて、甲賀系ステージなら甲賀忍、伊賀系ステージなら伊賀忍が登場する。 甲賀系ステージで伊賀忍登場…というように法則が崩れた場合はチャンスアップだ。 [セリフ演出] 幼少期の弦之介や朧が登場すれば超高確濃厚、赤文字なら大チャンス。 [ミニキャラ演出] 今作でもキャラによって役割が変化する。 なら大チャンスだ。 半蔵が登場すればチャンス。 玉が燃え上がればチャンスだ。 もちろん赤い墨なら期待度アップだ。 弦之介、朧、天膳の3パターンが存在する。 瞳術絵柄を狙えば必ず揃う。 【高確期待度アップパターン】 演出のパターンと成立役の組み合わせで、高確滞在を示唆する。 ただし、ステージチェンジ前兆やBC前兆(フェイクを含む)時に発生した場合は例外だ。 【ミニキャラ演出による高確示唆】 [弦之介アクション] 後ろを向く<書を出す<刀を抜く<刀を構えるの順に高確期待度アップ。 刀を構える+オーラ大は超高確確定。 [朧アクション] 転ぶ<扇子を出す<舞の構え<舞う<の順に高確期待度アップ。 舞う+回転は超高確確定。 [刑部アクション] 押し順不問ベルなら超高確確定! [小四郎アクション] 刑部と同じく押し順不問ベルなら超高確確定だ。 「忍びの玉演出」 怪…モードB以上期待度少しアップ 気配…モードB以上期待度中アップ 兆…モードB否定+モードC以上期待度大幅アップ 好機…モードC以上確定 液晶リール左にある忍び玉に浮かぶ文字に注目! 「ミニキャラ演出〜陽炎アクション」 後ろを向く<ため息<左肩を出す<両肩を出すの順で高モード期待度アップ。 妖艶なポーズはモードDの期待度大幅アップ。 大笑いならモードDの期待度大幅アップ。 「弦之介カットイン経由の連続演出ハズレ」 弦之介カットインから発展した連続演出がハズれればモードC以上確定だ。 プレミアム演出はすべてBC+BT濃厚! [お胡夷演出] 『やじきた道中記乙』の河童登場。 [地虫占い演出] 『アステカ』のデカチリが占い結果として表示! [弾正匠の技演出] 『ミリオンゴッドシリーズ』のアルテミスの矢! [夜叉丸と蛍火演出] 夜叉丸が『HANABIシリーズ』のビリーを差し出す。 [朧とお幻演出] 壺の中から『タコスロ』のはっちゃん登場。 [小四郎籠斬り演出] 籠の中から『やじきた道中記乙』のやじきた御一行が登場。 [陽炎吐息演出] 『バーサス』のVが落ちてくる。 [伊賀者を捜せ演出] 『アナザーハナビ弥生ちゃん』の弥生の痛船が出現。 [朱絹と小四郎演出] 朱絹柄の布をかける。 [陣五郎演出] 朧フィギュアがぶつかる。 [一大事報告演出] 家康登場! [朧と月演出] 月に『やじきた道中記乙』の空飛ぶやじきたが! [宿怨の塊演出] 女衆(朧・蛍火・朱絹・陽炎・お胡夷)が集合。 [蛍火ルーレット演出] ルーレットのシンボルがすべて夜叉丸になっている。 [響八郎疾走演出] 響八郎が『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』のオリンポスステージにたどり着く。 「花火柄タイトルは成功=BTも確定」 花火柄のタイトルは激アツ&成功すればBC+BT確定。 念鬼を倒せの花火柄は発生した時点でBC+BT確定だ。 タイトルは赤で大チャンス、花火柄なら!? 演出中のチャンスアップはエフェクトが発生するのでわかりやすい! 「弦之介の水難」 弦之介がすべてのお茶を受け止めることができれば成功。 「朧のしゃっくり騒動」 伊賀衆が朧のしゃっくりを止めることができれば成功。 「朱絹を倒せ」 丈助と朱絹の忍法勝負。 豹馬が瞳術を発動すれば成功だ。 BCスルー回数はゲーム数天井でリセットされるため、データ表示機だと判別しづらいが、これを使えば簡単に確認することができる。 通常時に払い出しLEDが白く光ると…!? さらに、紫に光れば…!! キャラセリフ演出で幼少期の「弦之介」や「朧」が登場すると…!? ビリー音発生時はBTランプ(リール右)のLEDがレインボーになる可能性がある。 「弦之介BC」中は撃破人数に注目!撃破人数が赤文字なら…!? BT中に『愛する者よ、死に候え』が流れると、シナリオやストックが…!? 尻上がり or 超尻上がり or 超普通シナリオ中に流れた場合は、ストック5個以上確定。 BT中のBC開始時に『ヒメムラサキ』が流れると…!? BT中、ナビボイスが「朧」に変化しているときにBCを引ければ…!? 「争忍の刻」の4・7・9戦目は、「絆高確」発動の大チャンス!発動しなかった場合は、次回の「追想の刻」が…!? 移行率は通常A〜Dのモードで管理されていて、高確は規定ゲーム数消化もしくはBCを契機に終了。 BC終了後も高確移行が抽選される。 「厳密には2種類ずつの高確と超高確が存在」 高確には 15〜35Gを振り分けで抽選するタイプと 800G固定の2パターン、超高確は 15〜35Gを振り分けで抽選するタイプと 5G固定の2パターンが存在。 あくまで内部的なもので、基本的なシステムは前作と酷似していている。 設定5・6のみ超高確へ移行する可能性がある。 0 BC終了後の内部状態は有利区間継続時・終了時(天井到達時のBCスルー)共通だ。 【弦之介BC】 「攻防演出」 弦之介が攻撃すればチャンス、ラストにPUSHボタンが表示されれば大量撃破の期待大だ。 「小四郎バトル演出」 弦之介BCラスト2Gのジャッジ演出。 赤文字が発生すればチャンスアップ。 【朧BC】 「最終告知演出」 渦のエフェクトが赤(通常は白)ならチャンスアップ。 「示唆演出」 BT非突入時は終了画面の背景でモードなど次回の状態を示唆。 【天膳BC】 「復活演出」 様々なタイミングで発生する可能性がある一発告知だ。 【BT中のBC】 [サブリール巨大化演出] 停止した絵柄で期待度を示唆。 【月下閃滅】 [撃破演出] 撃破できればストック確定。 伊賀忍の種類で期待度変化、弦之介の背後に表示される集中線が赤色ならチャンスアップだ。 [瞳術カットイン演出] 瞳術絵柄が揃えばストック確定! 通常時は当選時のモードによってBT当選率が変化、BT中はBT継続ストックを抽選。 当選時だけでなく消化中のレア役でも抽選がおこなわれる。 10)確定となるシリーズ伝統のプレミアムだ。 パターンによって絆高確の種類が変化する。 「ループストック抽選獲得条件」 ・BCがオールベルで終了(通常時の異色BCを除く) ・月下閃滅でストック0個 ・テーブル5でBCスルー回数7回でBCに当選 今作でも特定条件を満たすとBTのループストックが抽選される。 発生した時のゲーム数でBTのシナリオを示唆。 あくまでBC当選時のBT当選が対象なので、消化中のレア役でBTに当選(当該ゲームor次ゲーム告知)した場合は無効となる。 「BC間天井経由は絆高確複合のチャンス!」 エピソードBCはBC間天井(800G)到達時と、役でBCに当選した場合(通常時・BT中共通)の2つの経路が存在。 BC間天井経由は絆高確複合の選択率がアップする。 「エピソードBC中の抽選」 エピソードBC中は通常の同色BCと同じ抽選値でストックを抽選する。 前作と同じくBC入賞時の上部LEDの色は設定とBT当選の成否(BC当選時の抽選)によって変化。 通常時のエピソードBCや月下閃滅はシナリオのみを示唆、BT中のBCでは絆レベルが示唆される。 モードで大きく変化するのは異色BC時のBT当選率。 同色BCのBT当選率は、モード不問で設定&内部状態によって変化する。 [追想の刻] 前兆 全BC共通 1G 6. 「追想の刻・朧チャンス中の前兆について」 追想の刻でも争忍の刻同様、残りゲーム数が前兆よりも短い時は残りゲーム数がすべて前兆扱い。 朧チャンス中は残りゲーム数不問で、残りゲーム数が前兆となる。 弦之介と朧以外のキャラが喋った場合はBT以上確定が確定する。 最終的に画面を覆い尽くせば絆玉ゲット! [次回予告演出] 発生した時点で絆高確+BT継続確定! 【朧チャンス専用演出】 [朧祈り演出] エフェクトが赤なら絆玉ゲットの大チャンス! 【争忍の刻専用演出】 [ミニキャラバトル演出] 溜めエフェクトやカットイン発生で伊賀忍撃破のチャンス。 [ミニキャラセリフ演出] 赤文字なら期待度アップ。 [掛け合い演出] 掛け合いが成立すればエピソードバトル(連続演出)へ発展。 赤文字なら期待度アップ! [争忍見聞演出] 選ばれたキャラによって期待度が変化。 家康が選ばれればBC濃厚!? キャラの組み合わせにも注目だ。 赤墨ならチャンス。 [忍法演出] 伊賀忍が使う忍法のエフェクトが発生。 第3停止時に発生すればエピソードバトルへ発展する。 [擬似連演出] 甲賀忍の紹介ナレーションが連続する激アツ演出。 発生した時点でエピソードバトル確定、最後まで続けばBC確定だ。 [弦之介斬撃演出] 1G完結の高期待度演出。 弦之介が画面を切り裂けばBC! [開眼カットイン演出] レバーON時に発生する激アツ演出。 カットインのキャラは弦之介<朧<豹馬の順で期待度アップ。 瞳術絵柄が揃えばBC確定だ。 [完全勝利演出] レバーON時に甲賀忍10人が次々と集まっていく完全勝利確定演出。 もちろん月下閃滅確定! BT中のステージは基本的に継続率に対応しているが、この法則が崩れれば継続確定。 液晶上ではわかりづらいが、突入画面のシナリオ示唆などと組み合わせることで継続の成否を先に察知することもできる。 夜ステージは激闘の可能性があるため、継続率Dでも終了する可能性は残るが、安定・超安定の矛盾、もしくは夢幻なら継続確定。 夜ステージは激闘の場合のみ、終了の可能性あり。 今回は継続率がシナリオで管理されているが、基本的には絆高確の有無でBC当選率が変わるおなじみの流れだ。 もちろんBC当選時は継続率不問で継続確定、BC中はBTのセットストックが抽選される。 [BT性能] 追想の刻…最低10G 争忍の刻…平均30G 純増枚数…1Gあたり約2. 9枚 基本的に追想・争忍2つのパートをループさせながらロング継続を目指す。 【絆玉システム】 おもに追想の刻中に抽選され、獲得すると画面左下にストック。 貯蓄した絆玉は争忍の刻開始時に使用され、絆高確を抽選する。 絆玉の個数分だけ絆高確をゲット! 1個で絆高確1つ、2個なら2つ複合、3個時は3つ複合、4個なら絆モードが確定する。 各セットの継続率は争忍の刻のステージで示唆されており、履歴は画面右下に表示。 組み合わせで選択されているシナリオを推測することができる。 今回は継続シナリオの種類を示唆している。 【追想の刻】 毎ゲーム、全役で絆玉獲得を抽選。 5で絆玉をゲット。 朧チャンス中にBCを引いた場合は朧チャンスがループするためかなりアツイ! 【争忍の刻】 開始画面や対戦人数で継続期待度を示唆。 開始画面は基本的に奇数セットが甲賀忍、偶数セットは伊賀忍が登場するのだが、法則が崩れればチャンス。 なかには設定を示唆する特殊パターンも!? 10人のまま勝利すれば完全勝利となり特化ゾーンの月下閃滅が確定する。 [絆高確] もちろん絆高確の複合パターンもあり。 [エピソードバトル] もちろんエピソードバトル発展でBC当選のチャンス! [天膳バトル] 3〜5G継続、弦之介が勝てば継続確定。 今回も多彩なチャンスアップが存在する。 BT中は10種類の絆高確テーブルに応じて抽選される絆レベルで、追想の刻中の絆玉獲得期待度が変化する。 絆高確テーブルはBT開始時に決まり、各セットの絆高確初期レベルを管理。 セット開始時とBC経由の継続時にテーブルを参照して絆レベルの格上げ(初期レベル以上)抽選がおこなわれる。 「絆レベル3以上で絆高確、レベル4は朧チャンス確定」 絆レベル3以上は絆玉を1つ持った状態からスタートするため、絆高確が確定。 レベル4は朧チャンスとなるため、絆玉大量ゲットの大チャンスとなる。 「テーブル5は高設定でのみ選択」 オールレベル2となるテーブル5が選択されれば高設定確定。 5セット目まで消化して一度も絆高確へ移行しなければテーブル5確定だ。 BT中はハズレorチャンス目時に同色高確を抽選していて、チャンス目は同色高確移行確定。 同色高確は5〜30Gのゲーム数で管理され、滞在中のBCは同色BCおよび朧チャンス突入の大チャンスとなる。 異色以外のBC(同色以上)に当選していた場合は、当選していたBC+朧チャンスが確定する。 「同色高確の余剰分は次セットにも引き継ぐ」 同色高確のゲーム数はBCもしくはBT当選までクリアされないため、BC非経由でBTが継続かつゲーム数が残っている場合、残りは次セットに引き継がれる。 各セットの継続率を管理するシナリオは10種類あり、シナリオごとに各セットの継続率が決まっている。 継続率はA<B<C<D<Eの5種類で、滞在ステージ(画面右下のマップの色)で示唆。 ただし、ステージ矛盾による継続示唆などが存在するため、完全リンクというわけではない。 「シナリオ&継続率一覧」 シナリオ&継続率一覧 BTセット 尻上がり 朝駆け 普通 安定 超尻上がり 初回 B D C C B 2セット目 B C B B 3セット目 B B C B 4セット目 B A B C 5セット目 C D C C 6セット目 C A B C 7セット目 C D C D 8セット目 C A B D 9セット目 D D C D 10セット目 D A B E 11セット目 D D C E 12セット目 E A B E 13セット目 継続確定 14セット目以降 C C C C C BTセット 波乱 超普通 超安定 夢幻 激闘 初回 A C C E D 2セット目 D B C 3セット目 D C C 4セット目 A B C 5セット目 D D C 6セット目 D C C 7セット目 A D D 8セット目 D C D 9セット目 D E D 10セット目 A D D 11セット目 D E D 12セット目 D D D 13セット目 継続確定 14セット目以降 C C C C D 13セット目はシナリオ不問で継続確定。 プレミアムBC時は設定不問で激闘が選択される。 4 10人状態移行は争忍の刻開始時に抽選。 当選した時点で継続確定となり、絆高確の縁モード以上も確定する。 10人状態転落前にBCを引く(BTを継続させる)ことができれば月下閃滅確定だ。 10人状態で41Gが選ばれているかつ、争忍の刻が40G以下の場合は、争忍の刻のゲーム消化後に月下閃滅へ突入する。 BTストックの個数と選択シナリオによってBT開始画面が変化。 尻上がり・朝駆け・普通・超尻上がり・波乱・超普通(シナリオ1・2・3・5・6・8)選択時は必ず弦之介になる。 [弦之介] 全シナリオの可能性あり。 [朧] 安定 or 超安定 or 夢幻 or 激闘シナリオ確定。 [天膳] 夢幻 or 激闘シナリオ確定。

次の

バジリスク絆2|スロット バジリスクチャンス エピソードBC 解析

絆 2 エピソード bc

メーカー タイプ AT,BR非搭載,コイン持ち良し,天井,1Gあたり2. 9枚増加 ボーナス仕様 バジリスクチャンス 16ゲーム エピソードBC 30ゲーム 月下閃滅 20ゲーム プレミアムBC 30ゲーム バジリスクタイム 約40ゲーム バジリスクチャンス BC 継続ゲーム数は16G。 通常時はBC当選時やBC中の成立役でAT「バジリスクタイム BT 」突入を抽選。 BT中はBTストック保有数に応じて楽曲とムービーが変化する。 エピソードBC 継続ゲーム数は30G。 プレミアムBC 継続ゲーム数は30G。 AT「バジリスクタイム」 1セット約40G・1ゲーム2. 9枚純増のAT。 前半パート「追想の刻」「朧チャンス」と、後半パート「争忍の刻」の2パートで構成されている。 上乗せ特化ゾーン「月下閃滅」 20ゲーム間のBTセットストック上乗せ特化ゾーン。 平均上乗せ個数は4. 天井について 有利区間開始から800ゲーム消化 BC中のゲーム数除く で、同色BCに当選。 豊富な推測要素や「絆高確」による自力感は完全継承しつつ、シナリオシステムや「絆高確」の自力獲得契機といった新規要素を多数搭載して正統進化。 基本仕様は、1ゲーム2. 通常時は、3種類の「状態」と、4種類の「通常モード」で管理されており、バジリスクチャンス BC 当選期待度やBC当選時のAT「バジリスクタイム BT 」期待度が変化する。 通常時のBCは、BC当選時やBC中の成立役でBT突入を抽選。 なお、エピソードBCや上乗せ特化ゾーン「月下閃滅」といった上位BCも搭載している。 BTは、1セット約40G。 前半パート「追想の刻」「朧チャンス」と、後半パート「争忍の刻」の2パートで構成されている。 「追想の刻」「朧チャンス」は、BCや「絆玉」を抽選し、「朧チャンス」は「絆玉」獲得率が大幅にアップ。 獲得した「絆玉」は「争忍の刻」開始時に消費され、1個以上獲得でBC当選の高確システム「絆高確」が発動する。 なお、継続率は12セット1組のシナリオ管理 全10種類 となっており、シナリオに応じてセットごとの継続率が変化する。 【通常時】バジリスクチャンス BC からAT「バジリスクタイム BT 」突入を目指す。 【通常時】3種類の「状態」と、4種類の「通常モード」で管理されており、BC当選期待度やBC当選時のBT期待度が変化する。 【BC】通常時のBCは、BC当選時やBC中の成立役でBT突入を抽選する。 【BC】エピソードBCや上乗せ特化ゾーン「月下閃滅」といった上位BCも搭載。 【BT】1セット約40G・1ゲーム2. 9枚純増のAT。 前半パート「追想の刻」「朧チャンス」と、後半パート「争忍の刻」の2パートで構成。 【BT】「追想の刻」「朧チャンス」は、BCや「絆玉」を抽選。 「朧チャンス」は「絆玉」獲得率が大幅にアップ。 【BT】獲得した「絆玉」は「争忍の刻」開始時に消費され、1個以上獲得でBC当選の高確システム「絆高確」が発動する。 【BT】「争忍の刻」は甲賀衆が勝利orBC当選で次セットへ。 【BT】継続率は12セット1組のシナリオ管理 全10種類 となっており、シナリオに応じてセットごとの継続率が変化する。 <状態> 「低確」「高確」「超高確」の3種類あり、高確滞在中のチャンスリプレイ成立でバジリスクチャンス BC 当選に期待。 <通常モード> A~Dの4種類で、A<B<C<Dとモードが進むほどBC当選時のAT「バジリスクタイム BT 」突入期待度がアップ。 モードの移行はBT非当選のBC終了時に行われ、BCを引くたびにモードテーブル 全16個 に応じてモードが移行する。 なお、モードテーブルの最終はモードDがセットさせる構成のため、BT非当選のBCを引けば引くほどモードDへ近づくゲーム性となっている。 <甲賀卍谷>.

次の

バジリスク絆2(バジ絆2) スロット新台

絆 2 エピソード bc

バジリスク絆2で、ストレート800Gハマり 有利区間開始から一度もBCを引かずに800G はエピソードBC確定なのではないか?と話題になっています。 バジ絆2初打ち。 826名無しさん@お腹いっぱい。 自分は800でチャンス目5回引いたけどAスタートだった。 ユニメモミッションにもストレート800ハマリミッションあるから恩恵あるのかと思った。 832名無しさん@お腹いっぱい。 ワッチョイW ef96-ipFr [111. 116. ストレートハマりに恩恵をつけるとは開発の方、センス良いじゃない。 条件の厳しさから自分で引くことはない気がしますが・・。 700G台で当たってしまうのが一番キツイかも。

次の