年賀状 を やめる 文章。 年賀状を高齢のため最後にするときにやめる文例

年賀状を高齢のため最後にするときにやめる文例

年賀状 を やめる 文章

年賀状を出すのが面倒でやめたいなーと思いながらも出し続けている人って、結構いるんじゃないでしょうか。 かくいう私も、去年届いたからと仕方なく出して、それがずっと続いている…という。 汗 また、仕事の関係上、1年目に出してしまったからやめるにやめづらいという人もいるでしょう。 「形式だけの挨拶に時間と労力を割くのは勿体ないからキッパリとやめてしまい!」と思っても、突然送らなくなるのは失礼かなと、なかなか一歩を踏み出せないものです。 そこで今回は、年賀状をやめる場合の失礼のない伝え方とふさわしい文例を考えてみたいと思います。 年賀状をやめるのは自然消滅がベスト? 調べてみると、 「年賀状は今年で辞めます」というハガキを受け取り、悲しい気持ちになった、という人がかなりいます。 明確な理由が書いてあれば納得も出来るのでしょうが、一方的に断られるのは、やはり気持ちの良いものではないようです。 「それが嫌だから年賀状をやめるのは自然消滅が良い」という意見の人が、送る方も送られる方もかなり多いということに驚きました。 年賀状をやめるには手順が大事! 確かに、正月早々に 「年賀状辞めます」なんて言うのは少し失礼な気がしますよね。 とはいえ向こうから年賀状が送られてきているのに何もしないのも良い気持ちはしません。 年賀状を失礼なくやめるには手順が大事です。 年賀状をやめることを事前に伝える 親しい友人や日頃顔を合わせる知人には、 12月初旬頃までに年賀状を辞めると直接伝えましょう。 友人には 「年賀状やめるねー!そのかわり年始にLINEするからねー!」で簡単に済むと思います。 上司などの場合、話すタイミングがあるのであれば、 「申し訳ありませんが、都合により来年の年賀状はどなた様にも出さないことにしました。 」と伝えると良いでしょう。 ここでのポイントは 「どなた様にも」ということ。 これをつけると、明確な理由がなくても、単純に年賀状をやめることを失礼なく伝えやすいです。 普段会わない人には寒中見舞いを利用して伝える 普段会うことがなく事前に伝えることができない人には、年賀状が届いたら 1月7日以降に 寒中見舞いとして送りましょう。 年賀状の返信で年賀状を出すのではなく、あくまで寒中見舞いとして出します。 そこで年賀状をやめた旨を伝えれば、今年まででスムーズにやめれるでしょう。 年賀状をやめるときの文例 年賀状をやめたいことを伝える文例をまとめてみました。 年賀状に書くと失礼なので、やはり寒中見舞いとして出すのが適切かなと思います。 寒中お見舞い申し上げます。 このたびは丁寧な年賀状をいただきまして、ありがとうございました。 新年のご挨拶が遅くなり、申し訳ありません。 今年から、どなた様へも年賀状によるご挨拶をお送りしないことにしました。 何卒ご了承くださいますことをお願い申し上げると共に、今後とも変わらぬお付き合いをいただけると幸いです。 皆様のご健勝と多幸を心よりお祈り申し上げます。 寒さ厳しき折、どうぞご自愛くださいませ。 年賀状へのお礼 2. 年賀状を辞めたこと 3. ご理解と変わらぬお付き合いをお願いする 4. 健康について相手を気遣う文言で締める という流れで文章を組み立てると、自然で丁寧な文章に仕上がると思います。 ここでもやはり、 「皆さんに年賀状を送っていない」と書くとすんなり説明が通りやすいです。 また、年賀状を辞めるだけで変わらずお付き合いしたいという気持ちをしっかり書くと、相手も嫌な思いをせずに済むかと思います。 年賀状が来ても無視するというのはなかなか出来ないもの。 また、年賀状が届いたからと毎回返信していては、結局やめることが出来ずにまた1年たってしまいます。

次の

年賀状をやめる方法!やめ方と文例とは?最適なタイミングはいつ?

年賀状 を やめる 文章

net 年賀状を辞めるタイミングって考えちゃいますよね。 毎年、年賀状だけはやり取りをしている方もいるでしょうし、いきなり辞めるのもなぁ・・・。 と思ってしまいます。 でも、一度考えてみてください。 その年賀状のやり取りは意味がありますか?義務になっていませんか?相手に出したいから出していますか? 自分から「出したい!」と思う方は、辞める必要はないと思います。 年賀状を出すこと、やり取りすることを楽しんでいるからです。 でも、「年末の忙しい時期に時間を割いてまで作って送る必要があるのか」と思ったり、家で年賀状の表面も裏面も印刷して手書きのメッセージは書かない。 など義務になっていたりして、 辞めようか、どうしようかと思うのなら、それが辞め時です。 年賀状を辞めてもマナー違反には当たらないですし、辞めるのも続けるのも本来は自由なもの。 他にも引越しや転勤・転職などがあったときに、年賀状を送るのを辞めるタイミングの一つだと思います。 1、年賀状辞退する挨拶を末尾に書く。 2、年賀状を辞退するのは、出す人全員だということを明記する。 3、年賀状をださない理由は、相手に気を遣わせない差しさわりのないものにする。 4、年賀状を出さないからといって、関係がなくなるわけではない事を伝える。 来年から年賀状を辞退するのに、「あなただけに送るのを辞めます」という印象を与えるのは良くありませんので、 「どなた様にも年賀状を出す事を辞めます」という内容を書く事がオススメです。 また例え病気などを患っていて辞退するのであっても、 相手に心配をかけるような文面での連絡は相手に気を遣わせてしまう可能性がありますので、避けましょう。 高齢のため、体力の衰え、ストレートに今年限りでなど、一言書くことをオススメします。 年賀状を出さないからといって、関係が終わってしまうわけではありませんので、「本年も宜しく御願い申し上げます」や「今後とも変わらぬお付き合いのほど御願い申し上げます」などの文面を入れると、双方安心できますよね。 スポンサードリンク 挨拶文と例文 では一体、どんな文章を文尾に書いたらいいのかな。 と思いますよね。 【年齢を理由に辞退する場合】 「長年に渡りいただいておりました新年のご挨拶ですが、寄る年波を感じるに至り誠に勝手ながら今後どなた様にも控えさせていただきたく存じます。 」 「〇〇歳になったのを機に、来年からはどなた様にも年賀状を辞退させていただきます。 」 【年賀状を辞退する場合】 「長年に渡りいただいておりました新年のご挨拶ですが、何かと雑事に追われ年賀状の準備が困難になってまいりました。 誠に勝手ながらどなた様にも控えさせていただきたく、今後はメールやSNS、お電話などでお付き合いさせていただければと思います。 」 このような感じで、 「どなた様にも」という一文をいれ、さらにお付き合いがなくなるわけではなく、メールや手紙、SNS等で今後も交流させていただきたい旨を入れたり、今後もお付き合いを続けたいなどをいれると相手方も安心です。 昔は年賀状をやり取りしていた方も多いですが、今はもっと簡単にコミュニケーションが取れるので、若い世代ほど年賀状を書かなくなってきているという現状があります。 年賀状を出すことが義務感になっているのであれば、辞退をすることによって、その空いた時間を使って年末の忙しい時の用事などにあてる事ができますよね。 まとめ ・年賀状を辞めるタイミングは、辞めようかと思ったときが辞め時。 また転職や異動、引越しなどにあわせて辞めるのもひとつ。 ・年賀状を辞退するときは、末尾に書き、必ず「どなた様にも」という記載を忘れないこと。 また辞退する内容は差しさわりのないもので、年賀状を辞めたからと言って、関係性までなくなることはないことも記載する。 ・年賀状は出すも出さないも本来自由なものであり、今は年賀状以外にもコミュニケーションを取れるメールやSNS、電話などで交流するのもオススメ。 ・年賀状を辞退することによって、年末の忙しいときに自分の時間を持つことができる。 スポンサードリンク•

次の

年賀状をやめる方法と挨拶文の例文、寒中見舞いの場合

年賀状 を やめる 文章

スポンサーリンク 終活年賀状の例文紹介 終活年賀状を書くときにそのまま使える例文を紹介していきたいと思います。 年賀はがきレイアウト(縦書き)と、テキストレイアウト(横書き)二つの形で紹介します。 気になる例文があれば、テキストレイアウトよりコピーいただけます。 この一文で、 高齢だということが明確にわかる内容になります。 この一文は「あくまで年賀状付き合いは終わるけれども」という意味合いを持たせることができます。 終活年賀状をもらった相手がどう感じるか、ということを考えて、関係性に応じて上記一文の有無を判断するのがよいでしょう。 もう一点は「 どなた様にも今後年頭のご挨拶を失礼させて頂きたく存じます」の部分。 この一文で、終活年賀状をもらった相手側に「自分だけじゃなくて皆に年賀状じまいをするんだな」と伝えることができます。 次に紹介する例文は 「しばらく疎遠になっている」「年賀状は送ったり送らなかったり」という場合の例文です。 謹賀新年 お元気でお過ごしでしょうか 私のほうですが 寄る年波を感じるに至り 誠に勝手ながら今年をもちまして新年のご挨拶状を ご遠慮させていただこうと考えております 今後も変わらぬお付き合いをお願い申し上げると共に ご健康とご繁栄を心からお祈りいたします 自身が病気を患っていたケースとしても使える 「お元気でお過ごしでしょうか」この一文で間隔(間が開いていたこと)について触れられています。 また、 自身が病気を患い、入退院を経た場合などにも使える例文になります。 次に、病気や身体的理由から年賀状を辞退する場合の例文も紹介しておきます。 迎春 旧年中はひとかたならぬお世話になり 誠にありがとうございました さて 私も齢(ここに自身の年齢)と高齢になり 随分と文字の読み書きもつらくなりました 誠に勝手ながらどなた様にも本年をもちまして 年始のご挨拶状を最後とさせていただきます 皆様のますますの御繁栄を祈り上げます ポイントは年齢+身体的理由 「私も齢(ここに自身の年齢)と高齢になり 随分と文字の読み書きもつらくなりました」 この一文で 年齢から来る身体的理由が明確となります。 なぜなら、年賀状を受け取るお相手によるからです。 できるだけ細かくケース別に紹介しましたが、すべての例文でなく部分的でも参考になれば幸いです。 年賀状印刷業者のサービス比較 「年賀状のデザインも気遣いとしてこだわりたい」 実際に終活年賀状を送る際、そう考える方もいらっしゃるようです。 理由としては一般的な白い年賀状では終活年賀状として考えた時に、少し寂しく感じるのではないかと思われます。 こだわりの年賀状として仕上げる場合、業者サービスを利用するのも1つだと思います。 年賀状印刷の主な業者と簡潔に特徴を一覧にしてみました。 TOKIOの国分太一さんや、元宝塚だった女優の真矢ミキさんが出演している情報バラエティ番組です。 終活年賀状とあわせて、取り上げられていた内容で気になったのが 「プレゼント付きの年賀状」についてです。 1つ目は。 ・シュウマイで有名な横浜の崎陽軒の年賀状はシュウマイ1箱(15個入)がもらえる ・若い女性を中心に人気のスターバックスはコーヒーチケット付きの年賀状 ・中にはフライドチキンと交換できる年賀状も(笑) 去年は年賀状のプレゼントは食品が多かったみたいですが、今年はどんな年賀状が人気となるのでしょうか。 ただ、去年に関して、 2018年(2019年向け)の終活年賀状の注文件数が前年比3倍 にもなったプリント会社もあったようです。 郵便局などプレゼント付き年賀状自体は以前からありますが、今後の年賀状事情がどうなっていくのか気になります。 終活年賀状として出す人は増えていくような感じはします。 令和という新たな時代、年賀状という古くからの習慣が、終活にどんな変化をもたらしていくのか注目したいところですね。 終活年賀状とは、 「来年から年賀状を辞退する」という内容の言葉を添えた年賀状のことです。 実際に終活年賀状を出す際のポイントは、大きく二つ。 終活年賀状に100点の文例はありません。 終活年賀状を出す際は、お相手の方との関係を考えた上で出すようにしましょう。 今回は主に終活年賀状の文例にスポットをあてた記事でしたが、実際に終活年賀状をもらったらどうしたらいいのか? 終活年賀状を出す理由や目的についても、当記事以上に焦点を当てています。 是非あわせてご覧いただけると幸いです。

次の