お声がけさせて。 子どもの勉強意欲と自己肯定感を下げる「ありがちな親のNG声がけ」3つ

文京区 「あいさつ・声がけ・きっかけ作り」の推進

お声がけさせて

お声がけ、という言葉を敬語として使うのであれば、最後に「ください」とつけることです。 当然ですがこちらから「お声をかける」ということありません。 自分の声に対して「御」とつけることはありませんので、あくまで相手が使う時に「御」とつけることになります。 ですから、敬語として使うときには「お声がけくださいませ」などと使うことになります。 敬語表現というのはそんなに難しいことではなく、自分のことを低くして、相手のことを高くするだけでよいのです。 「声をかける」という言葉であれば、敬語にする時には「声」に「御」をつけて、「かける」というのは相手の行動になるのでそのままの形になり、そのあとに「ください」とつけるだけで立派な敬語的な表現として使うことができるようになります。 「いつでもお声がけくださいませ」「何かございましたら気軽にお声がけください」と簡単に使えることになるでしょう。 声をかける、ということは社内でも使うこともあり「何かあれば質問して」という意味合いで使うこともあります。 「用命する」という意味合いもあるので上司からお声がけを受けることもあります。 但し、上司に対して、「いつでもお声がけください」というのはかなり慇懃といえることも多いでしょう。 敬語の難しいことではありますが、常に目上であるから敬語をしっかりと使うことが正しいのかといえばそれは違います。 一々業務の時に厳格な敬語を使うべきかはその時々の状況によって違うことになります。 「何かあれば声をかけてください」「問題が出てきたら声をかけてください」など日常的によく使われる業務上でのシーンの言葉といえるでしょう。 「お声がけください」という文言はメールなどでもよく使うことになります。 文末の定形文のようなものであるといえますから、上手く使うことができるようになりますとかなりビジネスメールが引き締まることになります。 例としては、 先日はお取引いただきまことにありがとうございました。 今後ともよいお付き合いをさせていただけましたらこれ以上ない、幸いにございます。 といったような形になります。 「また取引してくださいね」ということを伝えているわけです。 「お声がけください」というのは「またお願いします」という意味合いであり、本当にそう思っているのかどうかはともかくとしてビジネスとしてのスタンダードな締めの文言になります。 メールでもよく使うことになるので、上手く利用できるようになりましょう。 ビジネスにおいて「お声がけ」とは ビジネスとは継続的に取引があることが何より有難いことになります。 ですから、一度取引が一端終わったとしてもまた何かあればお声がけください、というのは実にスタンダードな言い方であるといえるでしょう。 また、このように話を進めますので問題があればその都度「お声がけください」ということもあります。 これは言葉として使うこともありますし、メールの文言として使うこともあります。 ビジネスにおいて非常に頻繁に使うことになるような言葉であるといえますから、意味合いをよく理解しておくことです。 「いつでもお声がけください」というのは気兼ねなく何かあれば聞いてくださいという意味であり、実際にそう感じているのかどうかはともかくとして、まず無難な言い回しであることは確かでしょう。 また「声をかける」というのはこちらからすることもあります。 但し、さすがにこちらから『声をかけてみた』ということは使うことはないでしょう。 ビジネスにおいては『声をかける』はかけられる側がいう言葉であり、する側は『問い合わせ』とかそうした言葉を使うことになるでしょう。 言葉というのは自分の立場によって使い方が違う、使ってはいけない言葉もあったりします。 「お声がけ」もそうした文言、言葉の一つであり、あくまでこちらが下手の場合に使う言葉である、としっかり理解しておきましょう。 社内で使う場合にもいくらかの注意が必要になります。 具体的にいうと上司に使う場合です。 敬語として『何かあればお声がけください』というのは正しい言い回しではあるのですがあまりにも社内で使う言葉とは堅苦しいと感じる人も多いからです。 このあたりは社風などによっても違うことになりますから、一概にいえることではないのですが敬語を常に使うことが正しいわけではないとは理解しておきましょう。 「お声がけ」という言葉一つでも使い方がいろいろとあり、また使うべきであるのかどうかも色々と違いがあるわけです。

次の

「お声がけ」の意味と使い方、類語、断りメールの書き方、「お誘い」との違い

お声がけさせて

どうして「声かけ」が重要なの? そもそも、声かけはどうして重要なのでしょうか。 それは、介護業務は何事も、声かけから始まるからです。 食事や入浴、排泄といった日常生活の介助もとても大切です。 ですが、その前には必ず声かけが入ります。 これから何をするのかをしっかりと伝えることにより、利用者様は今から何が起こるのか理解でき、安心して介護を受けることができるのです。 しかし、ただ単に声をかければよいというものではありません。 例えば認知症の方には大きな声で話しかけられることに不安を覚える方もいらっしゃいます。 ですので、それぞれの方にあった声かけが重要になります。 意識したい「声かけ」のポイント! 「声かけ」は最低限のマナーを守りましょう! 声かけは利用者様とのコミュニケーションを始める最初のツールです。 言葉遣いなど、最低限のマナーを守れていない声かけでは、それだけで相手に不信感を与えてしまいます。 利用者様の中には、「どんな人が介護をしてくれるのかな?」と不安な気持ちを抱えている方もいるかもしれません。 些細な言葉遣いや表情からも感情が相手に伝わるものだと考えて、気持ちよく声かけをしましょう。 ゆっくり、はっきりを心がけて「声かけ」しましょう! 利用者様は年齢と共に身体の機能が低下していきますが、聴力も同じく弱くなります。 例えば「言葉を理解するのに時間がかかる」、「高音が聞こえにくくなる」、「小さな声が聞き取りにくくなる」といったことです。 声のトーンをやや高めにすることは安心感を与え、ゆっくり話すことで言葉を理解しやすくなり、ハッキリ話すことで聞き取りやすくなります。 相手の特性を見極めて「声かけ」をしましょう! 人それぞれ声質にも好みがあります。 また、耳の遠さ、身体の不自由さやその症状の違いによっても、声かけを工夫していった方が、より利用者様に安心感を与えられます。 手を握るなどの言葉以外のスキンシップを取り入れると、安心するといった方もいらっしゃるので試してみてください。 利用者様それぞれの症状に合わせた「声かけ」とは? 認知症の方向けの「声かけ」 一言に認知症と言ってもその重度によって状況は変わりますが、一貫して、相手を安心させてあげられるような声かけが必ず必要です。 ここがどこで、今何をしていて、何のために話しかけているのかを、より「ゆっくり」「はっきり」伝えるように意識しましょう。 また、大きな変化があると混乱を招く恐れがあるので、普段の生活リズムを変えずに、定期的に声かけをすることが大切です。 認知症ライフパートナーとは 認知症の人の価値観を尊重し、その人らしく生活して行けるように、本人や家族に寄り添い、サポートできる人の育成を目指して誕生した民間資格です。 認定は、JADECC(一般社団法人日本認知症コミュニケーション協議会)が行っています。 以前は基礎検定(現3級)と応用検定(現2級)の... … 介護拒否のある方向けの「声かけ」 認知症の方の中には、介護拒否の症状が出てくる方もいらっしゃいます。 また、認知症でなくても、今まで自分でできていた日常生活の動作に介助が必要となり、その状況を上手く受け入れられない方もいらっしゃるかもしれません。 介護拒否のある方と接する時には、介助に関することよりも、世間話などの声かけから始めるとよいでしょう。 それでもなかなか受け入れてもらえない場合には、違う人にも頼んでみる、時間をおいてみる等、利用者様が気分転換できるように工夫してみて下さい。 現在実際に介護拒否に悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。 そこで今回は、介護拒否の主な原因から具体的な対応策、ケース別の改善策について... … 視覚障がいのある方向けの「声かけ」 視覚障がいのある方は、その場の状況を理解するのに、耳からの情報が頼りです。 そのため声かけがより一層重要となります。 しかし、突然後ろから大きな声で声をかけるのは、正しい声かけではありません。 視覚障がいのある方と接する時は、まず、正面に立って、気配を感じてもらってから「ゆっくり」「はっきり」声をかけましょう。 その際、自分の名前を名乗ってから会話を始めると、より安心感を与えることができます。 介助等の際に身体に触れる時も、必ず声かけからスタートすることが必要です。 お互いに、気持ちよく一日をスタートできるように、相手の名前を呼んで、元気に挨拶をしましょう。 就寝時や帰宅時の挨拶も同様です。 「今日は一日楽しかったな」と思ってもらえるように、最後まで気を抜かずに笑顔で挨拶することが大切です。 メニューの説明から会話を広げたり、認知症等の方には特に、何を食べているのかしっかり伝えるようにしましょう。 食事の形状に問題がないか等も、目で確認しながら声をかけてみると、より利用者様に安心して食事を楽しんでもらうことができます。 排泄の「声かけ」 「お手洗いが空いてますので、良かったらどうですか?」 「お手洗いを済ませてから、お部屋でゆっくりしましょう」 「ちょっとチェックしますね」 「下着を交換しましょうね」 「ズボンを下ろしますね」 「寒くありませんか?」 排泄介助の時の声かけは、利用者様の自尊心を傷つけないような工夫が必要です。 ニオイや汚れのことには触れないようにしましょう。 「恥ずかしい思いをした」と感じさせてしまうと、排泄を我慢して便秘になってしまうこともあるので、注意が必要です。 また入浴時には、「今日も安心してお風呂に入れた」と思っていただけるような声かけを意識しましょう。 また内容の説明をする時は、イメージをしやすい表現や動作を使うように心がけると伝わりやすいです。 誘い上手・ほめ上手になって、利用者様と一緒に楽しみましょう。 こんな時「声かけ」を忘れていませんか? 初めは意識して声かけをしていても、仕事に慣れるにつれて忘れてしまっているという方も少なくないと思います。 その原因の1つに介護職員が利用者様に対して「介護をしてあげている」、「お世話をしてあげている」といったような気持ちになってしまってしるからだと考えられます。 介護サービスは本来、利用者様はお客様で、介護職員は従業員という関係で成り立っています。 慣れや仕事の効率化のために、必要以上の声かけをしなくなりがちですが、もう一度初心を思い出し利用者様目線で考えてみましょう。 声かけはいつどの場面でも必要とされます。 利用者様に安心していただくためにも、言葉遣いやマナーなど最低限守るべきことは意識をして実践しましょう。 笑顔を忘れず、声のトーンは「ゆっくり」「はっきり」を意識して、利用者様と良好な関係を築いていきましょう。

次の

お声がけの意味と類語や使い方|お声がけいただき/お声掛けください

お声がけさせて

お声がけ(お声掛け)の意味とは? お声がけ(お声掛け)の意味とは声をかけること お声がけ(お声掛け)の意味とは、声をかけることです。 「声かけ」は「声をかけること、話しかけること、呼びとめること、誘うこと」を意味しています。 そこに丁寧にする「お」がつけられているので、目上の方や敬意を示したい人にも使える表現になります。 ただし「お声がけ(お声掛け)」をビジネスシーンで使うときには、その意味は少し異なります。 新しい意味を持ちますから、詳しくご紹介していきましょう。 お声がけ(お声掛け)の意味とはビジネスシーンでは質問や用命すること お声がけ(お声掛け)の意味とは、ビジネスシーンでは「質問や用命すること」になります。 先ほどご紹介した「声をかけること」は日常生活で使われますが、ビジネスシーンで「お声がけください」と使われるときには、声をかけるというよりも「いつでも質問してください」「いつでもご用命ください!」という意味を持ちます。 「お声がけください」とは、「声をかけてくださいね」という意味の敬語表現になり、丁寧な言い回しなので上司などの目上の方や、取引先の方、お客様に使うことができます。 たとえば仕事を任してもらいたいときには「何かありましたらぜひお声がけください」と伝えておくことができます。 これは「自分にできそうなことがあったらいつでもご用命ください」という意味になります。 「いつでも」がつくことで、「どんなタイミングでもご質問ください」「思いついたときにご用命ください」という意味の敬語表現になります。 たとえばあなたが店員をしているお店に来てくださったお客様に対して、「いらっしゃいませ。 いつでもお声がけください」と声をかけるときに使います。 ビジネスシーンでも「いつでもお声がけください」と伝えると、質問やご用命はいつでもOKですとウェルカムな雰囲気を出すことができます。 「何かありましたら」は「気づいたことがあれば、気になることがあれば」という意味になりますので、相手のタイミングでいつでも声をかけてくださいねという意味の敬語表現になります。 たとえば購入した商品のアフターサービスについて説明している最後に、「何かありましたお声がけくださいませ」と付け足しておくと、いつでもフォローさせていただきますという気持ちも相手に伝えることができるでしょう。 「また」は「この次の機会、もう一度」という意味がありますので、「またお声がけください」は「また次の機会にも声をかけてくださいね」という敬語表現になります。 具体的にはビジネスシーンで取引が終わったタイミングで、また次もよろしくお願いしますという意味を込めて使われることが多いです。 たとえば「この度はありがとうございました。 何かありましたら、ぜひまたお声がけください。 」と使います。 実際に声をかけてもらって、質問や指名をしてもらえたら、そのお礼を伝えましょう。 そのときにも「お声がけ」を使ってそのまま「ありがとうございます」につなげることができるのです。 たとえば以前からアプローチしていた企業から、仕事の依頼を実際にもらえたときには「お声がけいただきありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 」とメールを返信すると、選んでくださったことへのお礼を伝えることができるでしょう。 こちらも先ほどご紹介した「お声がけいただきありがとうございます」と同じ意味ですが、「感謝します」と言いかえることでより丁寧な表現にすることができます。 たとえば「この度はお声がけくださり感謝します。 精一杯努めさせていただきます。 よろしくお願いします。 」というように使います。 「感謝します」を「お声がけいただき感謝申し上げます」とより丁寧な表現にすることも可能です。 ぜひ誘ってもらいたいときや、声をかけてほしいときには疑問形で相手に投げかけることもできます。 たとえば「もしまた不具合が起こったら、お声がけいただけますか」は、「不具合が起きたときに連絡してください」と言い換えることができます。 また「今回は出席できず残念ですが、また機会がありましたらぜひお声がけいただけますか。 」というと、残念な気持ちと、次こそ参加したい気持ちを表現することができます。 「幸いです」は「嬉しいです」の意味になりますので、「声をかけてもらえたら嬉しいです」という表現になります。 「いただけましたら」と丁寧んが敬語表現を使っているので、目上の方や取引先の方にも使えます。 たとえば飲み会に誘ってもらいたいときには「お声がけいただけましたら幸いです」と言うと、行ってみたいと思っていると言う気持ちを伝えることができるでしょう。 相手から声をかけてくれたら、いつでもこちらは動きますという気持ちを表すことができます。 相手の気持ちを尊重しながらも、相手のことを思いやっている気持ちを伝えたいときにぴったりでしょう。 たとえば忙しそうにしている人に、手伝いますよという気持ちを伝えたいときに「お声がけくだされば、いつでも駆けつけます!」というということができます。 「手伝います」とストレートにいうよりも、向こうのアクションを待つことができるのでお互い気持ちにゆとりが持てる表現です。 たくさん人が来店してしまい、試着室が混んでいるときや、すぐに対応できそうにないときなどに使います。 こちらから声をかけるのでと伝えておくことで、待つ側も安心して待つことができますね。 たとえば「こちらからお声がけしますので、しばらくこちらにかけてお待ちいただけますか。 」「お声がけしますので、少々お待ちください。 」と伝えるとよいでしょう。 「お声がけ(お声掛け)」するとは、声をかけることで「誘う」という意味にもなりますから、丁寧にした「お誘い」を類語として使うことができるのです。 類語を使った場合には、たとえば「今回は出席できず残念です。 よろしければまたぜひお誘いくださいませ。 よろしくお願いします。 」というように使います。 ビジネスシーンでは「お声がけ(お声掛け)ください」は、「質問してください」の意味を持ちますから、「質問」を類語として代用することができるのです。 たとえば「何かご不明点がありましたら、いつでもご質問ください」と使うと、「何かご不明点がありましたら、いつでもお声がけください」と同じ意味になります。 ビジネスシーンでは「お声がけ(お声掛け)ください」は「ご用命ください」の意味になりますので、類語として言い換えることができます。 仕事の依頼や指名をしてほしいときに使ってみましょう。 たとえば仕事がもらえそうな相手に送るメールの最後に、「いつでもご用命ください。 よろしくお願いします。 」と添えておくと、「いつでも仕事をお待ちしております。 」という前向きな気持ちを伝えることができるでしょう。 「申しつける」は命令するという意味がある「言いつける」の謙譲表現です。 つまり「何かあればおっしゃってください」という意味の丁寧な敬語表現の類語になるのです。 たとえばホテルにチェックインしたお客様に対して、ホテルマンが「何かありましたらお気軽にお申し付けください」と言うときなどに使われます。 目上の方や、お客様、取引先の方など敬意を示したい方にはとてもおすすめの表現です。 「お声がけ(お声掛け)」の元々の意味である「声を掛ける」に戻ってしまいますが、こちらも「ください」をつけることで目上の方にも使える敬語表現になりますので、類語として使うことができるのです。 社外の方に「お声がけください」とは言いやすいですが、毎日話している上司や社内の人に対して使うは堅苦しいイメージがある方は、「声を掛ける」を使ってみてください。 たとえば「いつでも声をかけてください。 」と伝えるだけで、「気軽にお願いしてもらって大丈夫ですよ」と言う前向きな姿勢を見せることができます。 英語の「let me know」は「おしらせください」と言う意味がありますので、「お声がけ(お声掛け)ください」という日本語の意味と同じ英語表現ができるようになります。 たとえば「東京にまた来ることがあればお声がけください」を英語で伝えると、「Please let me know if you have a chance to come to Tokyo again. 」となります。 「気にせずに話しかけてくださいね」という意味がありますので、「いつでもお声がけください」と同じ意味を持つ英語表現になるのです。 たとえば「Feel free to ask me anytime. 」を英語で表現すると、「気にせずにいつでも声をかけてきてくださいね!」という表現をすることができます。 「お声がけ(お声掛け)」をビジネスシーンで使いこなそう! 「お声がけ(お声掛け)」はビジネスシーンで役立つフレーズの一つです。 声をかけてくださいね、という意味合いから、「いつでもご質問ください」「今後もよろしくお願いします!」という意味合いまで含まれますので、場面に応じて使い分けることができる便利なフレーズになるでしょう。 ぜひ使ってみてくださいね。 ビジネスメールでは、相手との円滑なやりとりをするためのマナーや言い回し覚えておくと便利です。 最初は戸惑ってしまうことも多いかと思いますが、慣れてくると使い回しができるのでとても便利に感じることでしょう。 こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

次の