グラードン 弱点。 【ポケモンGO】グラードン対策!おすすめレイド攻略ポケモン

ポケモンGO ― クチートの弱点・おすすめ対策ポケモン

グラードン 弱点

クチートのタイプ・弱点 クチートのタイプは「 はがね」と「 フェアリー」です。 クチートの弱点は「 ほのお」「 じめん」の2つになります。 クチートのおすすめポケモンは「ほのお・じめん」タイプ クチート対策のポケモンは、「ほのお」タイプの「 リザードン」「 エンテイ」「 ブースター」「 バシャーモ」「 ファイヤー」などのポケモンがおすすめです。 また「じめん」タイプの「 グラードン」も「クチート」に効果抜群を取ることができます。 以上に紹介したクチート対策ポケモンのおすすめ技は以下の通りです。 クチート対策ポケモン 技1 技2 ファイヤー ほのおのうず オーバーヒート エンテイ ほのおのキバ かえんほうしゃ ブースター ほのおのうず オーバーヒート リザードン ほのおのうず ブラストバーン バシャーモ ほのおのうず オーバーヒート グラードン マッドショット じしん 上記に紹介したポケモンのスペシャルアタック(技2)のほとんどが1ゲージとなっていますが、ゲージが溜まる前にポケモンが倒されてしまったり、スペシャルアタックに必要なゲージが必要以上に溜まってしまうリスクがあります。 「エンテイ」の「かえんほうしゃ」のように、スペシャルアタックを2ゲージ技にして効率良く技を繰り出すことも可能です。 クチートの最大CP(個体値100%)は848、天候ブースト時は1060 通常最大CP 天候ブースト最大CP 848 1060(曇り・雪) クチートのゲットチャレンジの難易度 クチートのゲットチャレンジの 難易度は低めです。 「きんのずりのみ」を使わずに「パイルのみ」だけでも捕獲することも可能です。 サークル固定法を使い、カーブボールを繰り返せばほぼ確実に捕獲することができます。 色違い「クチート」も実装!ソロのレイドバトルでも簡単に倒せる 「クチート」は現在、野生やたまごからも出現せず、レイドバトルのゲットチャレンジだけで捕獲できるポケモンとなっています。 また色違いの「クチート」も既に実装されています。 こちらが実際に色違いの「クチート」を捕獲した時の動画です。 ちなみにソロのレイドバトルでも充分に倒すこともできますよ。 以上、クチート」の弱点と対策ポケモンをご紹介しました。

次の

ポケモンGO ― クチートの弱点・おすすめ対策ポケモン

グラードン 弱点

グラードンに関連する記事 グラードンはじめん単タイプで、弱点が少なめ。 また、CPもトップクラスの数値となっており、レイドやジム戦で大活躍する。 エクセレント狙いたい方必見!サークル固定で当てるコツを掴んで、グラードンをたくさん捕まえよう。 グラードンを捕獲直後に個体値を確認できるCP一覧!捕まえたグラードンの個体値を素早く確認しよう! 7月からの大発見でグラードン、カイオーガ、ラティアス、ラティオスが登場。 順位 ポケモン名 おすすめ技 コンボDPS 1位 17. 89 2位 16. 70 3位 16. 88 5位 15. 67 6位 15. 75 7位 15. 83 8位 15. 64 9位 15. 44 グラードンの対策法 対策で一番おすすめはカイオーガ グラードン対策で一番おすすめなのはカイオーガ。 耐久力、攻撃力どちらもトップクラスに高く、コンボDPSも高いため効率よくダメージを与えられるのが特徴。 ソーラービームに注意 カイオーガはくさ技に弱い。 そのため、グラードンのゲージ技「ソーラービーム」ですぐに倒されることもある。 特に天候ブーストが晴れの時のソーラービームはダメージが大きいので注意しよう。 くさタイプのポケモンもおすすめ くさタイプポケモンもグラードン対策として優秀。 特に、ロズレイドはコンボDPSも高く、グラードン対策としておすすめだ。 だいもんじに注意 グラードンは、ゲージ技でだいもんじを使うことがある。 くさタイプのポケモンはだいもんじで弱点を突かれてすぐやられてしまうので、だいもんじの時はカイオーガなどのみずタイプポケモンを使おう。 天候が晴れのときは難易度が上がる グラードンが覚える技のタイプは、ドラゴンテールを除いて天候が晴れの時に強化されるタイプ ほのお、くさ、じめん。 そのためレイドバトルをするときに天候が晴れだと、グラードンの技が強化されて倒すのが困難になる。 グラードン攻略には何人必要? 安定クリアには7人必要 グラードン攻略はTL30以上の7人で、しっかりと弱点をつくことが出来れば、時間内に倒し切ることができる。 最小人数は3人 TLが38以上で個体値、技をしっかり厳選したパーティを組めるのであれば、グラードンを3人でクリアすることも可能。 出現期間が過去の伝説レイドボスと比べて短いので注意しよう。 金のズリのみとカーブなどのボーナスを合わせると、最大で約15. ボールを当てるコツ グラードンは画面との距離が近いためボールを少し軽く投げるのがコツ。 サークル固定をすると安定してGreat以上を出すことができるのがおすすめだ。 【注意】サークル固定時の注意 グラードンは、威嚇後からサークル復活するまで少し時間がかかる。 サークル復活する前にボールを当てると弾かれてしまうため、サークルが復活するタイミングを覚えてからサークル固定をするようにしよう。

次の

【ポケモンGO】グラードンのおすすめ技とほのおのパンチ搭載性能を評価

グラードン 弱点

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、グラードンなりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [27. 06] 12. 8 [28. 27] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [103. 2] 20. 0 [103. 2] 20. 0 [89. 9] 16. 2 [87. 9] 15. 2 [85. 7] 19. 8 [83. 2] 16. 9 [82. 5] 17. 2 [82. 0] 16. 1 [81. 9] 18. 2 [81. 3] 18. 2 [80. 6] 23. 1 [80. 5] 28. 1 [80. 4] 20. 9 [79. 6] 18. 7 [79. 5] 23. 1 [79. 0] 17. 7 [78. 7] 29. 5 [78. 6] 22. 3 [78. 4] 22. 2 [78. 4] 17. 2 [78. 3] 24. 1 [77. 5] 22. 1 [77. 5] 21. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の