授乳 中 の おやつ。 授乳中にオススメのおやつは?栄養豊富&手軽&コスパ抜群おやつをリサーチ!|子育ての悩み・相談に

母乳を授乳中は【お菓子】食べていいの!?赤ちゃんに影響あり?

授乳 中 の おやつ

母乳育児の時は、普段よりも多くカロリーを消費します。 カロリーが不足すると母乳の量に影響が出る可能性もあります。 授乳期に小腹が空いたら、おやつを食べてカロリーを摂取すると良いでしょう。 おやつというと甘いお菓子やスナック菓子を想像しがちですね。 しかし、市販のお菓子は嗜好品なので栄養価が低いです。 3食きちんと食べても摂りきれない栄養素やカロリーは、おにぎりや煮干し、干し芋などで補いましょう。 時間に余裕があるママは、市販のおやつではなく、手作りのおやつを用意しても良いですね。 授乳期にピッタリの簡単ヘルシーなレシピはたくさんありますよ。 (母乳育児中の食事方法については以下の記事も参考にしてみてください) 授乳中、市販のお菓子を食べても問題はありません。 しかし、糖質や脂質、塩分が多く含まれているお菓子は肥満や虫歯、赤ちゃんの便秘などの原因になるので避けましょう。 授乳中のおやつはあくまでも足りない栄養素を補うためのものです。 なるべく身体に良いものを摂るようにしてくださいね。 また、母乳は血液でできているので、ママの食べた物が母乳の味に影響を与える恐れがあります。 通常の食事を食べられないほどお菓子をたくさん食べることはおすすめできません。 ただ、自分の食べたい物を食べられないとストレスが溜まりますね。 適量ならママの身体や赤ちゃんに悪い影響はありませんので、栄養素やカロリーを気にしながら食べてくださいね。 (母乳育児の消費カロリーについては以下の記事も参考にしてみてください) 授乳中は、いつもより350kcal多く摂ると良いと言われています。 おやつで毎日350kcal摂取しても良いでしょう。 ただ、カロリーや脂質が高く栄養価が低い市販のお菓子から毎日350kcal摂って良いわけではありません。 おやつの内容には注意が必要です。 基本的にはうどんやおにぎりなどおやつにすると良いでしょう。 おやつを食べる時間帯にも注意が必要です。 夜間は日中に比べて活動量が少なくなるので、消化するまでに内臓に負担をかけたり、食べた分のカロリーを消費しきれず体内に蓄積されたりするのです。 産後体重を増やしたくないママは、午前中から16時までの間、食後2時間が経ってからおやつを食べてくださいね。 (授乳中のダイエットについては以下の記事も参考にしてみてください).

次の

授乳中におすすめの健康おやつ!お腹と心を満たしてストレス解消

授乳 中 の おやつ

授乳中のママは食べてはいけない物がいっぱい アルコール・カフェインはNG まず、 授乳中のママには食べてはいけない・飲んではいけないものがたくさんあります。 その代表格は アルコールです。 授乳中のママが摂取したアルコールは母乳を通じて、赤ちゃんに届きます。 未熟な赤ちゃんの身体はアルコールを分解する機能をまだ持っていないので、アルコールは絶対に飲まない方が良いでしょう。 同様に、赤ちゃんにとっては刺激が強い カフェインも授乳中のママにはオススメできません。 カカオ豆にもカフェインが含まれているので、 実はみんなが大好きチョコレートにもカフェインが含まれています。 チョコレートは脂質も多く、 赤ちゃんに乳児湿疹ができる可能性があるので、更にオススメできません。 母乳が詰まりやすい食べ物はNG 更に、授乳中のママは 母乳が詰まりやすい・母乳の出が悪くなるような食べ物はNGです。 食べ過ぎると 母乳が詰まりやすくなる食べ物の代表は生クリームやバター、アイスクリームなどの乳製品です。 (牛乳は1日1杯程度であれば問題なし) 乳製品は少し食べる程度であれば大丈夫と言われていますが、手土産として持っていく際には気を付けたいところ。 洋菓子全般にはバターや生クリームが含まれている事が多く、あまりオススメできません。 他にも、 もち米も母乳が詰まりやすいと言われています。 和菓子の中でも、白玉粉を使って作られるお団子などは、手土産として持って行かない方が無難でしょう。 その他、母乳に関する知識についてはひつじさんの以下の記事を参考にしてください。 体を冷やすフルーツはNG 南国など暑い地方で採れるフルーツは、身体を冷やしやすいと言われています。 たとえばスイカ・マンゴー・パイナップルなどの果物が 「身体を冷やすフルーツ」にあたります。 普段はあまり意識していないと思いますが、 乳腺炎の原因の1つが「血行の悪さ」や「冷え性」なので身体を冷やす食べ物を率先して持っていくのは控えた方が良いでしょう。 もちろん、身体を冷やさないフルーツであれば問題ありません。 南国のフルーツとは逆に、 リンゴなど寒い地方で採れる果物は身体を温める効果があると言われています。 赤ちゃんに湿疹ができる可能性があるものはNG 授乳中のママが口にしたものは、母乳を通じて赤ちゃんの身体へと届きます。 生まれて半年位の期間に特に気を付けたいのが 「乳児湿疹」です。 揚げ物などの 油っこい食べ物や、スナック菓子・チョコレート・ケーキなどの甘い物を食べすぎると、大量の脂肪・糖質が母乳にも行き渡って、赤ちゃんの乳児湿疹の原因となります。 ご参考までに、赤ちゃんの乳児湿疹についてはひつじさんが以下の記事でまとめています。 よって 脂質・糖質が多すぎる食べ物は、手土産には控えた方が良いでしょう。 とは言っても、食べ物を手土産に買っていくのであれば否が応でも砂糖は含まれているので、気にし過ぎると何も持っていけなくなってしまいます。 油っこい物や甘い物についても、少し食べる程度であれば問題無いとされています。 甘い食べ物を選ぶなら、見た目にも甘そうなコテコテのお菓子ではなく、 添加物を使っていない・甘さ控えめでヘルシーな物を選ぶようにしましょう。 母乳を通じて赤ちゃんにアレルギーが出る可能性も ほんの僅かな可能性の話ですが、 まだ離乳食を始ていない赤ちゃんでも母乳を通じて卵アレルギーや小麦アレルギーになることがあります。 但し、母乳中に含まれるアレルゲンの量はごく微量です。 加えて、大部分は抗体でブロックされています。 よって、赤ちゃんが母乳を飲んでアレルギー症状を起こすことは稀であり、仮に起きたとしても症状が軽いことが多いです。 過度に気にする必要はありませんが、気になる場合は ゼリーなど卵や小麦が含まれていない物を買っていきましょう。 ここまで読んで「もう手土産に何も持っていけないんじゃないか…」と不安になっているママも多いかもしれませんね。 笑 でも、安心してください。 授乳中ママ誰しもが喜ぶ、身体に負担をかけない鉄板の手土産は、ちゃんとあります。 この記事の最後で紹介するので、最後まで読み進めてくださいね。 何が好き?何を我慢している?を事前にヒアリング もし聞けるのであれば、事前に 「何が好きか?」「授乳中はどんな事を気にして、何を我慢しているか?」をさり気なく聞いてしまうのが良いでしょう。 直接ママに聞けるなら、それもよし。 パパつながりの友人の場合には、事前にパパ経由で軽くヒアリングしておく事をオススメします。 NG食材を意識しつつ 直接意見も聞いておけば、まず、地雷を踏むことは無くなるでしょう。 たかが手土産選び、されど手土産選び。 育児ママへの手土産選びは気にしなければならないことが多くて本当に大変ですね…。 そして、お待たせしました。 次のページからは、とらが選びおすすめの手土産を季節別&鉄板に分けて紹介します!.

次の

授乳中に気をつけたい、母乳に良い食べ物・悪い食べ物【看護師が解説】

授乳 中 の おやつ

母乳育児中にお菓子を食べていいの!? おやつといえば甘いお菓子をイメージすると思いますが、授乳中のおやつは甘いお菓子ではないほうがいいですよ。 母乳を作るとエネルギーを消費するため、エネルギーや赤ちゃんに必要な栄養を補うたむには体に優しいおやつがおすすめです。 甘いお菓子ばかり食べると母乳の質が落ちてしまい、赤ちゃんが母乳を飲まなくなる可能性があります。 母乳はお母さんの血液からできているためお菓子や脂分の多い物や塩分の多いものは控えて、お菓子の食べ過ぎは太る原因になり赤ちゃんの体に影響があります。 母乳中に食べていいおすすめのおやつは!? ・和菓子を食べる。 授乳中のおやつにするなら洋菓子のようにバターや生クリームなどの、脂分が少ないため糖分をとることができます。 授乳中に甘い物が食べたくなった時は、ケーキなどのお菓子よりも和菓子がおすすめです。 和菓子の中でも大福は、お餅で小豆を包んだもので、お餅や小豆も母乳が出やすくなる効果があるため母乳の出にくいママにおすすめです。 お餅だけでは母乳が詰まりやすくなるが、小豆は母乳を詰まりにくい効果もあります。 母乳は血液からできているため血行促進作用のある小豆は効果があります。 小豆はポリフェノールや鉄分がたくさん入っているため、エネルギー補給にとても役立ちます。 貧血の防止になるため鉄分は積極的にとりましょう。 ・母乳ママに寒天ゼリー。 寒天ゼリーは脂質が少ないので、授乳中でも安心して食べることができます。 食物繊維もたくさん入っているため腹持ちもよく女性に嬉しい食べ物です。 牛乳寒天などのアレンジもできるため、小豆をのせると授乳中の体に優しいおやつになります。 ・干しいもを食べる。 蒸かし芋や焼き芋、干し芋には、母乳の質を良くする効果があり、授乳中は水分不足になりやすく、便秘になりやすいが芋は食物繊維も入っているため便秘の改善することができます。 サツマイモは甘みが強く甘い物が食べたい時におすすめで、砂糖とは違う自然な甘みなので、母乳へ影響がほとんど出ないだけではなく甘くて満足感もあり、食べ過ぎを予防することができます。 ・ドライフルーツを食べる。 ドライフルーツはビタミンやミネラル、食物繊維や鉄分がたくさん入っています。 食物繊維は便秘の解消になり、母乳は血液からできているため授乳中は貧血になりやすいです。 鉄分は血を作ってくれるため貧血の防止におすすめです。 ドイフルーツは糖質が多く食べ過ぎに注意しましょう。 生の果物と違って水分が少なく満腹感を感じにくいため、たくさん食べてしまう可能性があります。 糖質も生のフルーツよりたくさん入っているため食べ過ぎに注意しましょう。 ・フルーツ類 ドライフルーツ同じようゆ生のフルーツも栄養が高く授乳中のおやつにおすすめです。 季節の果物は栄養が高いためできるだけ季節を感じられる果物を食べましょう。 凍らせて夏場のアイスクリーム代わりに食べるのもいいですが、冷たいものは体を冷やすため、体が冷えると全体的に体調を崩す可能性があるため、冷やし過ぎに気をつけましょう ・赤ちゃん用のおせんべい 赤ちゃん用のせんべいなどは授乳中におすすめで、味が薄く油や塩分も少なく母乳の質を落とさずに食べれます。 種類もたくさんあるため体にも優しいおやつです。 赤ちゃん用せんべいは、スナック菓子やクッキーなどの歯触りを求める方におすすめです。 口の中が渇くため飲み物と一緒に食べると満腹感を得ることができます。 母乳を授乳中はお菓子食べていいの!?【まとめ】.

次の