きゅうり の 漬物 の 作り方。 ぬか床の作り方と手入れ:白ごはん.com

パリパリ・ボリボリ・きゅうり 漬物 レシピ!パン粉で 簡単 ぬか漬け 風の 作り方

きゅうり の 漬物 の 作り方

レシピ• きゅうり … 2本• 塩 … 小さじ1• しょうが … 1かけ• 調味料A• しょうゆ … 大さじ1• 酢 … 大さじ4• 砂糖 … 大さじ4• 砂糖 … 大さじ4• ごま油 … 小さじ1• ラー油 … 小さじ1 作り方はまずはきゅうりを縦に4等分して、5cmの長さに切り分け、ボールに移して塩を振り、軽く揉みこんでから30分ほど置いておきます。 しょうがはせん切りにします。 次に鍋に調味料Aと千切りにしたしょうがを加え、一煮立ちさせたら水けをきったキュウリを加えて軽く混ぜ合わせ、冷まします。 冷める間に味が染み込みます。 これで完成です。 冷蔵庫で保存すれば3日ほど持ちます。 レシピ• きゅうり … 2本• にんじん … 長さ1. 5cm分• しょうが … 1かけ• 調味料A• 水 … 100ml• しょうゆ … 50ml• 酒 … 50ml• 赤唐辛子 … 1本• 砂糖 … 大さじ1• 酢 … 小さじ1• 塩 … 少々 作り方はまずはきゅうりを0. 7mmの厚さに小口切りにします。 しょうがとにんじんはそれぞれ皮をむき、1. 5cmの長さに千切りにします。 鍋に調味料Aを入れて一煮立ちさせたら火を止め、カットしたきゅうりとしょうが、にんじんを加えて時々かき混ぜながら冷めるまで待ちます。 きゅうりとしょうがとにんじんをこしたら、再び残った汁を再加熱して一煮立ちさせて火を止めます。 きゅうりとしょうがとにんじんを再び加えて冷まします。 冷める過程で一番味が染み込むのでこの工程を3〜4回は繰り返します。 さいごはつけ汁を切って保存します。 保存は冷蔵庫で1週間ほど可能です。 レシピ• きゅうり … 2本(200g)• みょうが … 3個• 調味料A• みりん … 50ml• 酒 … 50ml• 調味料B• 酢 … 200ml• 薄口しょうゆ … 50ml• 赤唐辛子 … 1本 作り方はまずはきゅうりを縦4等分に切って、5cmほどの長さに切り分けます。 大根は1cmの厚さのいちょう切りにします。 みょうがは縦に4等分に切ります。 保存瓶にきゅうりと大根とみょうがをランダムに詰めていきます。 小鍋に調味料Aを加えて中火にかけ、40秒ほどしたら調味料Bも加えて一煮立ちさせます。 野菜の入った瓶に熱いうちに回しかけ、冷めたら蓋をして3時間ほど室温で漬けたら完成です。 保存は冷蔵庫で1ヵ月ほど可能です。

次の

きゅうり浅漬けのレシピ/作り方:白ごはん.com

きゅうり の 漬物 の 作り方

ぬか床を始めるための、生ぬか等の材料の準備 まず、ぬか床をはじめるために必ずそろえたい材料は 『ぬか、塩、水、昆布、かつお節、唐辛子』です。 また、昆布とかつお節はうま味を加える目的で必要で、唐辛子は防腐作用と味を引き締めるために入れます。 また、昆布、かつお節、唐辛子はスーパーで買えるもので十分です(唐辛子は種ごと加えますが、なければ輪切り唐辛子でも)。 続いて、できればぬか床をはじめる段階から入れておきたい材料が 昆布とかつお節以外にうま味をプラスする「煮干しと干し椎茸」と、ぬか床に爽やかな香りと防腐効果をプラスする 「実山椒をゆでたもの」です(干し椎茸は混ぜやすいようスライスされたものを使いました。 丸のままを適当に割って使ってもよいです)。 はじめに用意するものは他に、食品用の蓋付き保存容器、ぬか床の初期の発酵をうながすために必要な 捨て漬け野菜が写真の分量ほどです(今回はキャベツ外葉、にんじんと大根の皮、大根の茎の付け根と根っこ部分、白菜の芯を用意しました)。 ぬかに均一に水を含ませることが大切です!• 両手でしっかりと混ぜ、全体が均一に混ざったら、水の含み方を確認します。 基本的に水は全量入れると思っていいのですが、べチャッとしているような入れるのをストップします。 水の適度な含み方の目安は、卓球ボールくらいの大きさに丸めて、手で強く握って、指の間から水分がじんわり出てくるかどうか。 硬さは味噌くらいですが、判断に迷ったときは全量水を入れてOKです。 【ぬか床に風味素材や捨て漬け野菜を入れる】 ぬか床のベースができたら保存容器に移し、ここでまず かつお節、唐辛子、干し椎茸、実山椒(あれば)を加えて混ぜ合わせます(硬くて混ぜにくい昆布と煮干しは最後に入れます)。 次は捨て漬け野菜を入れます。 捨て漬け野菜は、ぬか床が発酵するための栄養分と適度な水分を補充するための野菜で、今回はキャベツ外葉、にんじんと大根の皮、大根の茎の付け根と根っこ部分、白菜の芯をはじめに入れました。 その他に適した野菜はかぶの皮や葉っぱ、ブロッコリーの芯などもよく、基本的にアクの少ない野菜で、そもそもが漬物にして美味しい野菜が適しています。 ただ、必須の野菜はないため、冷蔵庫にあるものを入れる程度でOKです。 捨て漬け野菜がすべて入ったら表面を軽くならし、硬い昆布と煮干しを刺さるところに差し込みます。 それから 蓋を閉める前に、手のひらでギュッと表面を押し付けて空気を抜きます(これはぬか床を続けていくうえで基本となる作業です)。 酸素の少ない環境を好む乳酸菌のために、空気を抜くようにして押さえてあげるわけです。 あとは保存容器の側面を手できれいに落とし(できれば清潔なふきんできれいにふき取り)、蓋をしてひとまずぬか床の完成。 ここから捨て漬けを繰り返し、ぬか床を育てていきます。 乳酸菌が増えやすい環境が整っているので、捨て漬けが必要な期間も短くなります。 混ぜる回数を1回減らした途中に、捨て漬け期間が終わるのですが、捨て漬け期間が終わってもしばらくは1日1回混ぜるやり方を行った方が、ぬか床が美味しくなるような気がします(なので野菜を漬けるとしても1日漬けてから取り出すとよいです)。 20日くらいたてば美味しく仕上がってくるはずです。 ぬか床を使い続けると、野菜からの水分が出てぬか床が水っぽくなったり、塩気が足りなくなったりします。 なので、ぬか床を直に食べて味を覚えておくとよいです。 ぬか漬けの漬け方や床の保管について ぬか漬けの漬け方 ぬか漬けにする野菜は、水洗いした後に、軽く塩もみしてから漬けます(きゅうり、にんじん、大根、なす、オクラ、長芋など)。 そのほうが漬かりが早くなり、漬物の仕上がりの色合いもよくなると思います。 後は、漬けあがりの時間を計算して、速く漬けたいなら半分に切るなどしてから漬け込みます。 そのやり方やメリットなどをで詳しく紹介しているので、合わせて見てみてください。 その他ぬか床に関するQ&A 容器のこと、風味づけの素材のこと、たしぬかのこと、数日間留守にするときや、長期間休ませるときのやり方など、それぞれ詳しくで詳しく紹介しているので、こちらも参考に!•

次の

半年保存しても青々パリパリ☆胡瓜のパリパリ漬 レシピ・作り方 by ブルーボリジ|楽天レシピ

きゅうり の 漬物 の 作り方

日本の古き良き味 粕漬け 去年初めてつけてみた粕漬け。 手をかけて美味しいものを作る事は、ある程度までの手間なら苦にならない方なのですが、「仕事してるのによくできるよね~」とよく言われます。 たぶん好きだから気にせずできるわけで、そういった作業がそれほど好きでない人からしたら、ただの物好きなのでしょうね。。 今回も仕事から帰ってきて、犬たちと外行ってきて、家の事あれこれやって、ただ今23:00。 週末は基本的に1日しか休みがないので、外に出掛けていることが多いのです。 スポンサーリンク 経験がモノを言う漬物作り 可愛がってくださっている80代のお母さんが、あーやってみなさいこーやってみなさいと口頭でさも簡単に教えてくれた作り方をもとに作り始めたのですが、ベテランさんが当たり前のように「ちょっといれる」とか「たくさん入れる」とか言っていても、初心者にしてみたら「ちょっとってどれくらい???」と検討つかないことが多くあって、何度か試作しながら色々試してみるしかありませんでした。 やはり経験がモノを言う漬物作り。 おばあちゃん世代になった時に、絶品の漬物を漬けられるようになっているのが目標。 取りあえずやってみればそれなりの味に出来上がることが判明。 長年かけて腕を磨いていこうと思います。 きゅうりの粕漬けの作り方(細かいこと気にしない人向け) 塩漬けきゅうりの塩抜きをする 塩漬けにして保存したおいたきゅうりの塩抜きをする 「何事もやってるうちに上手になるから」と大先輩。 美味しそうなのできゅうりの他にたけのことカブも粕漬にしてみました。 こちら塩抜き後のきゅうり。 今回は2晩かけてじっくり塩抜きしました。 色よくパリッと仕上がったきゅうりの塩漬け。 ちょうどしょっぱくなく、うっすら塩味が残るくらいまで塩抜きできました。 直径50cmくらいあるボウルに山盛りこれくらいで5キロぶん。 水をきっておきます。 分量を量り粕床を作る 粕床の作り方 粕床を作ります。 今回はかなりしっかり塩抜きをしたので、甘味以外にも味を加えています。 1晩程度の塩抜きであれば、酒粕と同等の量の砂糖類を加えればいいのですが、 塩や醤油、味噌などでしょっぱさもたしています。 塩抜き加減も難しい。 【粕床の作り方】 ボウルに入れて混ぜます ・酒粕(踏込み粕) 2キロ ・ザラメ 500グラム ・三温糖 1キロ ・醤油 100cc ・味噌 100グラム ・塩 50グラム 今回は混ぜた粕床を寝かせておく時間がないため、ザラメを少なくして代わりに三温糖を多く使っています。 結構熟成された酒粕だったので、柔らかくて混ぜるのが楽でした。 なめて味を見て、きゅうりに残っているしょっぱさと合わせた時にちょうどいい加減になるように調整します。 スポンサーリンク 漬物樽に並べて漬け込む 今回使用したのは5L樽と0. 5斗用漬物袋 漬物樽にきゅうりと粕を敷き詰めていきます。 今回2キロの酒粕をベースに作った粕床で5キロのキュウリを漬けて、ピッタリちょうどいい具合に材料を使い切ることができました。 5Lの漬物樽(たしか5Lだったはず)に0. 5斗用の漬物袋でこちらもちょうどいいサイズです。 いつもは1斗用の袋で樽の中がゴワついてしまっていたので、今度からこの樽には0. 5斗用の袋にしよう。 酒粕ときゅうりの塩漬けを交互につめていく まず樽の底に酒粕を敷き詰め、その上にきゅうりを並べます。 そして並べたきゅうりの上に再度酒粕を敷き、またキュウリを並べます。 きゅうりがなくなるまで続けます。 本来ならきゅうりは塩抜きした後に一度干すのですが、私は水気をしっかり切ってキッチンペーパーなどでふき取って漬けてしまいます。 なぜなら時間ないし面倒だから(爆 これまで何度か粕漬け漬けましたが、今のところは漬ける前に干さなくても問題なく美味しくできています。 住んでいるのが北海道なので、夏の蒸し暑さもたかが知れているからでしょうか? 最近は北海道もじめっとする季節がありますが、それでも腐らずに美味しいのができました。 実家の車庫が涼しかったのかな? 蓋をして冷暗所で保管 直射日光を避けできるだけ涼しい場所で保管する できるだけ空気をぬいて蓋をし、直射日光を避けて保管します。 物置とか車庫とか。 我が家では取りあえず物置に。 これからの時期、物置の中が熱いようであれば、階段下の納戸に移動します。 2~3か月ねかせると、しっかりと使った粕漬けになりますが、濃厚なのよりあっさりした粕漬けが食べたい場合は3週間~1か月くらいでも充分美味しいです。 スポンサーリンク.

次の